So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「武田氏滅亡」平山優・著(角川選書)読了 [日本史]

戦国武将・武田信玄の後継者・武田勝頼。
1582年、織田信長・徳川家康らの侵攻により滅亡した武田勝頼。
その武田勝頼の足跡を検証し記した大作。
約700ページの読み応えのある一冊だった。

アマゾンの電子書籍kindle版で購入。
紙版の 3,024円に対し、電子版は 1,210円とお買い得だった。

「武田氏滅亡」平山 優・著(角川選書)

<目 次>
序 章 諏訪勝頼から武田勝頼へ
第一章 長篠合戦への道
第二章 織田・徳川の攻勢と武田勝頼
第三章 甲相越三国和睦構想と甲相同盟
第四章 御館の乱と武田勝頼
第五章 甲相同盟の決裂と武田勝頼
第六章 苦悩する武田勝頼
第七章 武田勝頼と北条氏政の死闘
第八章 斜陽
第九章 武田氏滅亡
第十章 勝者のふるまい
終 章 残響

nice!(14)  コメント(0) 

サンノゼ・シャークス、アイランダーズに逆転負け [San Jose Sharks]

3戦目で今シーズンの初勝利をあげたサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
ホームにニューヨーク・アイランダーズ(New York Islanders)を迎え撃った。

ゴーリー(GK)は今季初先発(2戦目で途中出場)のアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。

第1ピリオド:
4分過ぎ、パワープレーのチャンスを得ると
ケヴィン・ラバンク(#62 Kevin Labanc)のゴールでシャークスが先制!
17分、アイランダーズに追いつかれ、1-1の同点で第2ピリオドへ。

第2ピリオド:
6分過ぎにアイランダーズが追加点(1-2)。
シャークスは1点差を追いかけて第3ピリオドへ。

第3ピリオド:
シャークスの猛反撃もゴールは遠く...
最後の6人攻撃も実らず、無人のゴールに決められ1−3で敗れた。

通算成績は4試合1勝3敗(2ポイント)。

次戦は17日(日本18日)にホームでモントリオール・カナディアンズと対戦する。



nice!(15)  コメント(0) 

サンノゼ・シャークス、今シーズンの初勝利! [San Jose Sharks]

開幕から2連敗のサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
ホームにバッファロー・セイバーズ(Baffalo Sabres)を迎え撃った。

ベテラン・ディフェンスマンのポール・マーティン(#7 Pau Martin)が負傷欠場。
代わりにマイナーのバラクーダ(San Jose Barracuda)から
ヨアキム・ライアン(#47 Joakim Ryan 24歳・アメリカ)が出場、NHLデビューを果たした。

第1ピリオド:
2分、FWケヴィン・ラバンク(#62 Kevin Labanc)のゴール前へのショットを、FWトマス・ハートル(#48 Tomas Hertl)が合わせて先制!

12分にセイバーズに追いつかれるも(1-1)
15分、ゴール裏からのヨーナス・ドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)のトリッキーなパスに、ゴール前に詰めていたクリス・ティアニー(#50 Chris Tierney)が押し込みゴール(2-1)!!



第2ピリオド:
6分に再びセイバーズに追いつかれるが(2-2)、
14分、2年前のドラフト1位(全体9位)ティモ・マイヤー(#28 Timo Meier)がリバウンドを押し込み勝ち越しのゴール(3-2)!!!

今季初勝利!

期待の若手選手たちがゴールをあげ、
シャークスはセイバーズに3-2で勝ち、今シーズンの初勝利をあげた。

先の2試合で大量失点した(9失点)GKマーティン・ジョーンズ(Martin Jones)も
この試合では再三の好守で勝利に貢献し一安心。

次戦は14日(日本:15日)にホームでニューヨーク・アイランダーズと対戦する。



nice!(15)  コメント(0) 

鄭成功 南海を支配した一族 [世界史]

teiseikou.jpg
山川出版社の「世界史リブレット・人」シリーズの一冊。
「鄭成功 南海を支配した一族」奈良修一・著 読了。

近松門左衛門の戯曲「国性爺合戦(こくせんやかっせん)」の主人公のモデルであり、
日本人の母親をもち7歳まで長崎・平戸で育った中国の武人・鄭成功(てい・せいこう 1624 - 1662)。

17世紀の中国・明朝末期から清朝初期に
明朝に忠義をつくし、台湾からヨーロッパ人勢力(オランダ)を追い払う。

その鄭成功を中心に、父・鄭芝龍(てい・しりゅう)から
子・鄭経(てい・けい)、孫の代まで鄭一族の四代にわたる興亡(約100ページ)。

<目次>
・南海を支配した一族
・明代の状況
・鄭芝龍の登場
・鄭成功の生涯
・鄭成功死後の台湾
・鄭成功の評価

nice!(14)  コメント(0) 

シャークス、キングスに完敗で連敗 [San Jose Sharks]

開幕戦で敗れたサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
ホームにロサンゼルス・キングス(Los Angeles Kings)を迎え撃った。

キングスは昨シーズン終了後、GM(ゼネラルマネジャー)とヘッドコーチが一新。
2度のスタンレーカップ獲得を果たしたひとつの時代が終わり、新体制でのぞむ。

第1ピリオド:
先制したのはキングス、5分にダスティン・ブラウン(Dustin Brown)がゴール。

シャークスもその1分後、DFブレンダン・ディロン(Brenden Dillon)のショットに、
ゴール前でミケル・ボドカー(Mikkel Boedker)があわせて追いつく(1−1)。

その後、シャークスは自らのペナルティでキングスの攻勢を受けるはめに。
身をていしたディフェンスと、GKマーティン・ジョーンズ(Martin Jones)の再三の好守でキングスの攻勢をかわしていたが...
終了まで8秒をきったところで
キングスのFWコピター(Anze Kopitar)にゴールを決められる(1−2)。

第2ピリオド:
押され気味のシャークス。12分、14分とたてつづけに2失点。
GK交代、マーティン・ジョーンズからアーロン・デル(Aaron Dell)へ。


試合はそのまま終了。
シャークスはキングスに1−4で敗れ、開幕連敗スタート。
先行きが少々不安になる試合内容だった...。

次戦は4日間空いて12日(日本では13日)にホームで
バッファロー・セイバーズと対戦。今シーズンの初勝利を!



nice!(15)  コメント(0) 

ベガス・ゴールデンナイツ NHLデビュー戦を逆転で勝利 [アイスホッケー]

31番目のチームとして創立された新チーム、ベガス・ゴールデンナイツ(Vegas Golden Knights)
ラスベガスにメジャー・プロスポーツがフランチャイズを置くのは初めて。
2020年にはNFL(アメフト)のレイダースがオークランドから移転してくる。

そのベガス・ゴールデンナイツの公式戦デビューとなる開幕戦。
舞台はテキサス州ダラス。今シーズン25周年目を迎えるダラス・スターズ(Dallas Stars)

開幕前、悲劇的な乱射事件に襲われたラスベガス。試合前に事件の犠牲者に哀悼を捧げ。



第1ピリオド:
地元スターズが押し気味も、ゴールデンナイツはNHL14シーズン目のベテランGKのマーク・アンドレ・フレーリー(Marc-Andre Fleury)が好守、0-0で終了する。

第2ピリオド:
フレーリーが好守連発で両チーム無得点の時間が続くが
先制したのは地元スターズ! 終了まで3分を切ったところ
FWタイラー・セギン(#91 Tyler Seguin)が均衡を破る先制ゴール!

第3ピリオド:
スターズGKベン・ビショップ(Ben Bishop)が
ショットを顔面(マスク越し)に受けて負傷退場のアクシデント。
昨シーズンまでスターズの正GKを長くつとめていたカリ・レートネン(Kari Lehtonen)がスクランブル。

10分、ゴールデンナイツはFWジェームズ・ニール(#18 James Neal)がゴールをあげ同点に追いつく(1−1)。
チームの記念すべき初ゴールはジェームズ・ニールが記録した。



さらに残り2分44秒、カウンターアタックから再びジェームズ・ニール!!
これが決勝点となり、ゴールデンナイツが2−1でスターズに勝利。

■最大の功労者はGKフレーリー

公式初戦で初勝利をあげたベガス・ゴールデンナイツ。
この試合の最大の功労者は守護神のGKフレーリー。

自軍を大きく上回るショット数を浴びせるダラス・スターズに対し奮闘。
再三再四の好守で最少失点に抑え、終盤の逆転勝ちを呼び込んだ。


nice!(13)  コメント(0) 

シャークス、ラバンク2ゴールも開幕戦敗れる [San Jose Sharks]

NHLが10月4日(日本では5日)に開幕。
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)はホームに
フィラデルフィア・フライヤーズ(Philadelphia Flyers)を迎えて開幕。

第1ピリオド、8分にシャークスGKマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)の不用意なパスから失点。
その3分後にキルプレー(数的不利)から再び失点しフライヤーズが先行(0-2)。

■今季初ゴールはケヴィン・ラバンク!

17分、ゴール前にいたFWケヴィン・ラバンク(#62 Kevin Labanc)が空中に浮いたパックを押し込みゴール!
今シーズンのシャークスの1stゴールはNHL2年目のラバンク!

終了2分を切ったところでパワープレー(数的優位)のチャンスを得ると、再びラバンク!!
2点を先行されるも、第1ピリオド内で追いつき振り出しに戻す。

■フライヤーズ・シモンズがハットトリック!!!

第2ピリオド、17分にフライヤーズのFWウェイン・シモンズ(#17 Wayne Simmonds)がゴールを決めて再びフライヤーズが先行。

第3ピリオド3分、シャークスは #39ローガン・クチュール(Logan Couture)のゴール前へのパスがフライヤーズ選手の足に当たってゴールへ。再び追いつく。

しかし、9分にフライヤーズはシモンズが再び勝ち越しゴール。
このゴールが決勝点となり、シャークスは3-5で敗れ、今シーズン開幕戦を勝利では飾れず。

シモンズは試合終了まぎわにエンプティ・ゴールを決め、キャリア2度目のハットトリックを達成している。

シャークスの次戦はホームに
同じカリフォルニア州のロサンゼルス・キングスを迎え撃つ。



nice!(17)  コメント(0) 

Are You Ready !? [San Jose Sharks]

10月4日(日本時間5日)から新シーズンが開幕するNHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)



現地2日、プレシーズンマッチの全日程を終了。

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)はこの日ラスベガスに乗り込み
今シーズンから参加する新チームのベガス・ゴールデンナイツ(Vegas Golden Knights)と対戦。

開幕戦を控えて主力選手は出場していなかったが、
今シーズンのシャークスのカギを握る若手選手たちの活躍で勝利をあげ、開幕戦にのぞむ。

待望のNHLシーズン開幕は現地10月4日に4試合がおこなわれる。
シャークスは地元サンノゼに、フィラデルフィア・フライヤーズ(Philadelphia Flyers)を迎え撃つ。


nice!(15)  コメント(0) 

千葉ロッテ・成田翔投手 プロ初先発 [野球]

一昨年、夏の甲子園を沸かせた秋田商業高校出身の
千葉ロッテ・マリーンズの左腕・#41成田翔(なりた・かける)投手。

2年目の今シーズン、1軍デビューし中継ぎで2試合登板。
3試合目となる昨夜9月29日、オリックス・バッファローズ戦でプロ初先発。

テレビのBS12で中継があり観戦。

6回を投げて打者23に対し被安打5の4失点。

4回までは無失点の好投を見せるが、
5回(T-岡田)、6回(マレーロ)と2点本塁打被弾。
(6回の本塁打はプロ野球通算10万号本塁打)。

打線の援護もなく(オリックス吉田一将投手に散発3安打)
残念ながら初先発試合は敗戦(試合は0-4で千葉ロッテが完封負け)。

残念ながら敗戦投手となったが、
4回までの投球内容は、落ち着きが感じられ良い内容だった。

試合後のコメントでは、本人は緊張もなく手応えも感じた様子。
今回の敗戦を糧にこれからの活躍を期待したい。



nice!(15)  コメント(0) 

スマイルジャパン 平昌冬季五輪の組み合わせ決定 [アイスホッケー]

来年2月に開催される韓国・平昌冬季オリンピック。
アイスホッケー競技の日程が発表された。

女子日本代表・スマイルジャパンの1次リーグ日程も決定。
女子の参加国は8カ国。女子はアメリカとカナダの二強が頭抜けている。

 2月10日 日本 - スウェーデン(5位)
 2月12日 日本 - スイス(6位)
 2月14日 日本 - 韓国(22位)

日本代表”スマイルジャパン”の世界ランキングは9位。
日本でマイナー競技がアピールする最大の舞台はオリンピック。
テレビ中継もあると思うので、決勝トーナメントまで進んでアピールしてほしい。

nice!(18)  コメント(0) 
前の10件 | -