So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

サンノゼ・シャークス またもオーバータイムで敗戦 [サンノゼ・シャークス]

現地2月19日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は、ホームにボストン・ブルーインズ(Boston Bruins)を迎え撃った。

先発GKはマーティンジョーンズ(#31 Martin Jones)。



第1ピリオド、先制したのはブルーインズ。
シャークスは第2ピリオドにFWパトリック・マーロー(#12 Patrick Marleau)のゴールで追いつく。

その後両チーム無得点でオーバータイム(延長戦)へ。
決勝ゴールを決めたのはブルーインズ。
ここ数試合、オーバータイムにもつれこむ試合が多いシャークスだが、ことごとく敗れている...1ポイント勝ち点を上積みできるのが救いだが。

サンノゼ・シャークスは60試合35勝18敗7OT敗(77ポイント)
パシフィック・ディビジョンの首位は変わらず。

次戦は5日間空き(リーグ戦は連日開催)、現地2月25日バンクーバーでカナックスと対戦する。

サンノゼ・シャークス GKデル好守、バーンズ砲2発でコヨーテ狩り [サンノゼ・シャークス]

現地2月18日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は、アウェイアリゾナ・コヨーテズ(Arizona Coyotes)と対戦。

FWニコライ・ゴールドビン(#82 Nikolay Goldobin)が今シーズン初出場。
ゴールドビンはロシア・モスクワ出身の21歳。
2014年ドラフトのシャークス1位指名(全体27番目)、2年目の昨シーズンNHLデビューを果たし9試合に出場、1ゴール1アシストを記録している。
今シーズンはシャークスのマイナー・チーム(San Jose Barracuda)で、43試合に出場、13ゴール24アシストを記録している。

先発GKはアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



第1ピリオド、先制したのはシャークス。
9分にDFブレント・バーンズ(#88 Brent Burns)が一閃!
14分にはFWメルカー・カールソン(#68 Melker Karlsson)のゴールで2−0!!

第2ピリオド2分過ぎ、FWマイケル・ヘイリー(#38 Michael Haley)のゴールでシャークスが突き放す(3−0)。

第3ピリオド開始早々に1失点するが、16分過ぎに再びバーンズがゴールを決めてコヨーテズにとどめ。
シャークスが4−1でコヨーテズに勝利。

GKアーロン・デルはキャリア最高の36セーブ、再三再四の好守が光った。

aaron-dell170218.jpg

ジョー・ソーントン(#19 Joe Thornton)は4ゴール目のアシストを決め通算998アシスト(歴代13位)。通算1,000アシストまで「2」とした。

サンノゼ・シャークスは59試合35勝18敗6OT敗(76ポイント)
パシフィック・ディビジョンの首位は変わらず。

次戦は現地2月19日、ホームでボストン・ブルーインズと対戦。

アイスホッケー日本代表 戦いの舞台は札幌へ [アイスホッケー]

アイスホッケーの日本代表(男・女)の次の舞台は、
2月19日から26日まで開催される「2017冬季アジア札幌大会」

他の人気競技と異なり、アイスホッケーはテレビ中継の予定はないようだが、インターネットでのストリーミング配信があるようだ。

スマイルジャパン オリンピック出場決定後最初の大会

先日、2018年の平昌冬季オリンピック大会を出場を決めた
女子日本代表「スマイルジャパン」は最終予選と同じメンバーで出場。

女子は6カ国による総当たり戦。参加国は、
日本、中国、カザフスタン、韓国、ホンコン・チャイナ、タイ

本命は日本代表スマイルジャパン。

18日(土)12時 対 カザフスタン
20日(月)19時 対 韓国
21日(火)19時 対 ホンコン・チャイナ
23日(木)19時 対 タイ
25日(土)19時 対 中国


■新生男子日本代表の巻き返しを期待

すでにオリンピックへの出場権を失っている男子日本代表は、鈴木貴人・新監督を迎え再始動。

オリンピック出場を決めた女子日本代表に比べ男子日本代表は、
オリンピック出場権を失う、世界選手権では初めて韓国に敗れ、下部リーグへの降格と、低迷に歯止めがかからない。

まずはこのアジア大会を再生への一歩としてほしい。

男子(トップ・ディビジョン)は4カ国による総当たり戦。
参加国は、日本、カザフスタン、韓国、中国。
本命はカザフスタン、対抗に日本と韓国という図式。

22日(水)19時 対 中国
24日(金)19時 対 韓国
26日(日)12時30分 対 カザフスタン

男子日本代表には、韓国への雪辱、カザフスタンからの勝利、優勝を期待する。

サンノゼ・シャークス 終了間際の同点弾実らず延長負け [サンノゼ・シャークス]

アメリカ東部遠征から戻ったサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は現地2月15日、フロリダ・パンサーズ(Florida Panthers)と対戦。

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



第1ピリオド、先制は4分20秒にパンサーズ。
シャークスもその30秒後にはDFブレント・バーンズの今シーズン25ゴール目のゴールで追いつくが、5分、7分とパンサーズが連続ゴール。
開始から7分余りで、4ゴールが飛び交う乱打戦。

同15分、シャークスはバーンズが放ったショットにゴール前で、FWジョエル・ウォードが合わせて1点差(2-3)。

第2ピリオド6分、シャークスはDFヴラシック(#44 Marc-Edouard Vlasic)のゴールで同点に追いつく。
10分にはパヴェルスキーが相手反則によりペナルティ・ショットを得るが失敗。

■ヤーガー通算1,900ポイントを達成



第3ピリオド、パンサーズが連続ゴール(3-5)。
パンサーズの5ゴール目はベテランFWヤロミール・ヤーガー(#68 Jaromir Jagr)がアシスト、ちょうど彼が45歳になる誕生日に通算1,900ポイントを達成!

ヤーガーはチェコ出身。ピッツバーグ・ペンギンズでデビュー、8チームで1,684試合に出場、759ゴール、1,141アシストを記録している。
1998年の長野冬季オリンピックにもチェコ代表で出場、金メダルを獲得している。

■キャプテン・パヴェルスキーの連続弾で追いつくが...

2点を追うシャークスは16分、パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)!
終了間際の19分過ぎに再びパヴェルスキー!
キャプテンの連続ゴールで土壇場で追いつきオーバータイムへ(5-5)。

オーバータイム1分38秒、決勝ゴールはパンサーズ...シャークスは5-6で敗れた。
ここのところ、オーバータイムでは勝てないシャークス。
1ポイント上積みできるのが救いだが。

サンノゼ・シャークスは58試合34勝18敗6OT敗(74ポイント)
パシフィック・ディビジョンの首位は変わらず。

次戦は現地2月18日、アリゾナ・コヨーテズと対戦。

まだ見ぬ、横手市・かまくら祭り [秋田県]

2月15日・16日は秋田県横手市の「かまくら祭り」期間。

秋田に生まれ育ち40年以上になるが
残念ながら「かまくら祭り」に訪れたことはない。

横手市は県南地区で一番大きな市で
秋田市内から横手公園まで車で1時間以上かかる。

秋田市以上の豪雪地域で寒い場所に足を伸ばす気持ちにはならず。
寒い冬季間に足を伸ばすなら、やはり雪のない温暖な地域に行きたい。

YouTube動画で雰囲気だけ楽しもう...。



サンノゼ・シャークス バーンズ砲炸裂!! 連敗ストップ [サンノゼ・シャークス]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)アメリカ東部遠征最後の試合。
現地2月12日、ニュージャージー・デビルズ(New Jersey Devils)と対戦。

先発GKはマーティンジョーンズ(#31 Martin Jones)。



第1ピリオド、地元デビルズが先制(0-1)。

追うシャークスは第2ピリオド、バーンズ砲が炸裂!!
2分、7分とDFブレント・バーンズ(#88 Brent Burns)の連続ゴールで逆転。
さらに11分にはFWソーントン(“19 Joe Thornton)のゴールで突き放す(3-1)。

第3ピリオド、最後は6人攻撃のデビルズの無人のゴールにFWトマス・ハートル(#48 Tomas Hertl)が止めのゴール。

シャークスが4-1でデビルズに勝ち、連敗をストップしてカリフォルニアに帰還。

サンノゼ・シャークスは57試合34勝17敗5OT敗(73ポイント)
パシフィック・ディビジョンの首位は変わらず。

次戦は現地2月15日、フロリダ・パンサーズと対戦。

スマイルジャパン勝利 2大会連続の冬季五輪出場を決める! [アイスホッケー]

2018年平昌冬季オリンピックの出場権をかけた女子アイスホッケー最終予選の最終日。
日本(スマイルジャパン)ドイツと対戦。
勝ったチームがオリンピック本大会に出場する。

第1ピリオド、互角の展開で両チーム無得点。

第2ピリオドに試合が大きく動く。
7分、日本・FW藤本もえこがパックをねじ込み先制!
さらに10分過ぎにFW小野粧子がリバウンドを押し込み追加点!!
ともにパワープレーのチャンスを逃さずに得点。

直後にタイムアウトをとったドイツが反撃開始。
16分にドイツがパワープレーゴールで1点差に迫る。

日本が2−1とリードして第3ピリオドへ。

第3ピリオド14分、今大会トップ・スコアラーのベテランFW久保英恵が一閃!(今大会5ゴール目)
反撃するドイツを突き放す大きなゴール。

残り2分、ドイツはゴールキーパーを下げて6人攻撃へ。
粘り強く守った日本が3−1でドイツを撃破。

女子アイスホッケー日本代表(スマイルジャパン)は
3戦全勝で2大会連続の冬季オリンピック出場を決めた(通算3回目)。

1位 日本 9
2位 ドイツ 5
3位 フランス 4
4位 オーストリア 0
*60分間の勝利で勝ち点3、延長での勝利は2、延長での負けは1

サンノゼ・シャークス 直近4試合で3試合オーバータイム負け喫す [サンノゼ・シャークス]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)アメリカ東部遠征中。
現地2月11日、フィラデルフィア・フライヤーズ(Philadelphia Flyers)と対戦。

シャークスはFWローガン・クチュール(#39 Logan Couture)が欠場。
先発GKはアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。

第1ピリオド、地元フライヤーズが優勢。シャークス陣内での時間帯が多い。
シャークスGKデルの再三の好守もあり、両チーム無得点。

第2ピリオド、一進一退の攻防、両チーム無得点。

第3ピリオド、6分にフライヤーズに先制されるが
シャークスも9分にマーロー(#12 patrick Marleau)のゴールで追いつく。

その後のピンチもGKデルが再三再四の好守で救う。
試合はオーバータイムへ。シャークスは直近4試合で3試合目のオーバータイム。

オーバータイム1分過ぎ、ターンーオーバーからフライヤーズFWウェイン・シモンズ(#17 Wayne Simmonds)が脱けだし、GKデルと1対1となり決勝ゴールを決められ敗れる。



シャークスはこれで4連敗(うち3試合がオーバータイム)。
勝ち点を1ポイント上積みできたのがせめてもの救い。

サンノゼ・シャークスは56試合33勝17敗5OT敗(71ポイント)
パシフィック・ディビジョンの首位は変わらず。

次戦は現地2月12日、ニュージャージー・デビルズと対戦。
東部遠征の最終戦、必勝で連敗ストップを!


スマイルジャパン連勝 オリンピック出場権をかけて日独決戦 [アイスホッケー]

2018年平昌冬季オリンピックの出場権をかけた女子アイスホッケー最終予選
日本(スマイルジャパン)ドイツ、オーストリア、フランスの四カ国が、一回戦総当たりで一つの出場権を争う。

2月11日の第二戦、日本(スマイルジャパン)はフランスと対戦。

第1ピリオド開始2分、スマイルジャパンが#23中村亜実のゴールで先制!

第2ピリオド3分、#14床秦留可(とこ・はるか)のゴールで2−0。

同11分にフランスに1点を奪われ1点差に迫れるも、
第3ピリオド、13分に#21久保英恵、17分に#15浮田留衣のゴールで突き放し
スマイルジャパンが4−1でフランスに勝利。スマイルジャパンは連勝で勝ち点6。

■ドイツも連勝

日本の試合の前に行われたドイツ対オーストリア戦。
ドイツが終盤、オーストリアを突き放し4-1で勝利。


12日(日曜) 出場権をかけてドイツと対戦。
勝ったほうが冬季オリンピック本大会に出場する。
NHK-BSでライブ中継(17時55分から)。

1位 日本 6
2位 ドイツ 5
3位 フランス 1
4位 オーストリア 0
*60分間の勝利で勝ち点3、延長での勝利は2、延長での負けは1

サンノゼ・シャークス ヘッドコーチ交代直後のブルーインズに敗れる [サンノゼ・シャークス]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は今シーズン最後のアメリカ東部遠征中。
現地2月8日、2戦目はヘッドコーチが交代したばかりのボストン・ブルーインズ(Boston Brins)と対戦。

■ブルーインズ ヘッドコーチを交代

NHLも後半戦。プレイオフ進出に向け、出場圏当落ライン上のチームには大きな決断をするところも。
先日、ヘッドコーチ(以下、HC)を交代したセントルイス・ブルースにつづき、ボストン・ブルーインズはクラウド・ジュリアンHC(Claude Julien)を解任し、アシスタント・コーチのブルース・キャシディ(Bruce Cassidy)を後任HCに昇格させた。

ジュリアンHCは2007-08シーズンから10シーズンにわたりブルーインズを率い、2度スタンレーカップ・ファイナルに導いた。
2011年には1972年以来、約30年ぶりにスタンレーカップをボストンの地にもたらした。

しかし、過去2シーズンはプレイオフ進出を逃し、今シーズンも当落争い上にあり、ブルーインズはHC交代に動いたと考えらえる。

後任のブルース・キャシディは51歳のカナダ人。
2002-03シーズンにワシントン・キャピタルズのHCに就任、翌シーズン途中で成績不振により解任されている。
NHLヘッドコーチとして2度目の挑戦になる。
キャシディHCにとり、この日のシャークス戦が采配を取る初戦。

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



試合は開始1分と経たずに地元ブルーインズが先制。
シャークスはジョー・ソーントン(#19 Joe Thornton)のゴールで追いつくが、その後2失点(1-3)。

第2ピリオド、シャークスはGKジョーンズをアーロン・デル(Aaron Dell)に交代。
DFジャスティン・ブラウン(#61 Justin Braun)のゴールで1点差に迫るが、その後2失点。

3点差を追いかけて第3ピリオドへ。
シャークスの反撃はティモ・マイヤーの1点にとどまり、3-6でブルーインズに完敗し3連敗。

■ジャスティン・ブラウン 通算100ポイントを達成

ジャスティン・ブラウンはこの試合のゴールで、通算100ポイント(16ゴール、84アシスト)を達成している。
ブラウンはアメリカ・ミネソタ州ミネアポリス出身、30歳のディフェンスマン。
2007年ドラフトでシャークスに全体201番目に指名されている。
今シーズンはNHL7シーズン目、422試合に出場している。



サンノゼ・シャークスは55試合33勝17敗4OT敗(70ポイント)
パシフィック・ディビジョンの首位は変わらず。

次戦は現地2月11日、フィラデルフィア・フライヤーズと対戦。
前の10件 | -