So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

吉川英治「三国志」 kindleで再読中 [読書]

若い頃に文庫本で読んだ吉川英治「三国志」。

先週末(16日)に東京渋谷駅前の劇場シブゲキ!!で
三国志を基に創作された舞台劇「THRee’S(スリーズ)」を観劇。

cbgk_three's.jpg

迫力のある殺陣のアクション、演者の熱気に触発され、アマゾン電子書籍 kindle で再読中。

nice!(11)  コメント(0) 

アップル、新しいiPhoneシリーズ発表 [アップル]

アップル(Apple)、日本時間午前2時からのイベントで新しいiPhoneを発表。
今は事前の噂でほぼ情報が出揃うので、昔のような驚きがないのが少々さびしい。
買い替えの予定はなし。新しいOSのリリースは9月19日(日本では20日!?)。

イヤホンジャックを復活してほしい...

・iPhone X(10:テン) 前面すべてがスクリーン、指紋認証に変わり顔認証採用、ワイヤレス充電対応ほか
・iPhone 8/8 Plus 従来モデルの進化形、ワイヤレス充電対応ほか
Apple Watch Series3 単独で通信・通話可能なモデルが登場
・Apple TV 4K 4K HDRクオリティ対応のニューモデル
・iOS 11 9月19日(日本では20日!?)リリース
・ワイヤレス充電器 AirPower 2018年発売





nice!(18)  コメント(0) 

最近きになる...カワウソ [読書]

今夏、NHKの番組(ダーウィンが来た!)で見て以来、ちょっと気になる動物・カワウソ。

アマゾンでカワウソに関する本を探して、下記の二冊を読む。

kawauso.jpg

「カワウソ KAWAUSO」佐藤淳一=写真・文
  前半は写真集、後半は文章によるカワウソの生態等。
  巻末にカワウソのいる動物園リストが記されている。

「こんにちは ふたごのカワウソのあかちゃん」横山亜未=文
  三重県伊勢市・伊勢シーパラダイスのカワウソの赤ちゃんの飼育ドキュメント
  児童書。

調べると、地元の大森山動物園にもカワウソがいるようなので
一度足を運んでみようと思う(もう30年ぐらい行ってない)。

nice!(19)  コメント(0) 

サッカー+グルメ・コミック「ぺろり!スタグル旅1」能田達規・著 [サッカー]

ウェブサイト「みんなのごはん」に
連載中のコミック「ぺろり!スタグル旅」(能田達規・著)。

掲載された8話に書き下ろし1話を加え単行本化(現在も連載中、ウェブサイトでも読める)。

staguru.jpg

サッカー美味しい食べ物が大好きな女性二人組が
日本各地で行われるアウェイの試合に遠征し、ひいきのチームの試合を応援しつつ
各クラブのスタジアムグルメ(スタグル)をとことん楽しむ。

二人が応援するクラブは、N2の千葉ユニティ(J2・ジェフ千葉!?)。
登場するクラブ&スタジアムも、J2のクラブ&スタジアムがモデル。

出てくるスタグル(スタジアム・グルメ)がどれも美味しそう!

読むたびにスタジアムに足を運びたくなる楽しいコミック(実際にはなかなか行けないが...)。

nice!(18)  コメント(0) 

アジアリーグ開幕 3チームが連勝発進 [アイスホッケー]

アイスホッケー・アジアリーグの新シーズンが9月2日開幕。

今シーズンは韓国・平昌冬季オリンピックが開催されるためリーグ期間が短縮。
(男子日本代表は予選で敗退し本大会出場なし)
その関係か、例年開催されている東京横浜での首都圏開催もなし、と少々さびしいシーズン。

日本勢同士の組み合わせは、
東北フリーブレイズ(対日本製紙クレインズ)、王子イーグルス(対日光アイスバックス)が共に連勝。





優勝候補同士の対戦となった
2連覇中のアニャン・ハルラ(ほぼ韓国代表チーム)と
昨シーズン2位のサハリン(ロシア)の対戦はサハリンが連勝。



nice!(16)  コメント(0) 

夜は若く... 「幻の女」ウィリアム・アイリッシュ著 数十年ぶりに再読 [読書]

ウィリアム・アイリッシュ(コーネル・ウールリッチの別名義)の
ミステリーサスペンスの名作「幻の女(Phantom Lady 1942年)」を再読。

以前に読んだのは十代の頃なので、30年以上ぶりに読んだ。
その時も面白く読み終え、その後何作かアイリッシュの作品を読んだ記憶がある。

読んでいる途中で結末を思い出してしまうのでは?と危惧していたが
さすがに30年以上もたつと、まったく思い出すことなく・・・

クライマックスの意外な結末まで面白く、一気に読み終えた。

nice!(19)  コメント(0) 

「黄金の日日」城山三郎・著 読み始める [読書]

1978年放送のNHK大河ドラマ「黄金の日日」の原作小説を読み始める。

「黄金の日日」は歴代の大河ドラマ・シリーズでは一番好きな作品。
(二番目は翌1979年放送の「草燃える」)

昨年、レンタルでDVDで数十年ぶりに見た。
ドラマキャスティングイメージしながら読んでいる。

あらためて思ったのは、
今でも戦国期から安土桃山時代の人物で
小西行長、石田三成が好きなのはこのドラマの影響が大きいのかも。



nice!(13)  コメント(0) 

「W3(ワンダー・スリー)」手塚治虫・著 読了 [読書]

2018年に生誕90周年になる手塚治虫氏の漫画「W3(ワンダー・スリー」。
作品とそのキャラクターは知っているのだが、原作漫画もアニメも未見(アニメの放映期間は生まれる前)。

「W3」の舞台化作品の記事を見て思い出し
電子書籍(kindle)でまとめ買いして(と言っても全3巻だが)読了。

w3.jpg

時代を感じる所もあるが、一気に読み終えて楽しめた。ラストも気が利いてる。

過去に読んだ手塚治虫氏の作品も読みたくなってきた。

nice!(17)  コメント(0) 

「興亡の世界史 アレクサンドロスの征服と神話」森谷公俊・著 読了 [世界史]

講談社学術文庫の「興亡の世界史」シリーズから
「興亡の世界史 アレクサンドロスの征服と神話」森谷公俊・著 を読了。

アレクサンドロス(アレクサンダー)大王については
有名な歴史上の人物ながら、かなりざっくりとした知識しかなく
以前から機会があれば彼について書かれた本を読みたいと思っていた。

本書は読みやすく、アレクサンドロス(アレクサンダー)についてはもちろん
当時の東地中海からアジアの興亡、古代マケドニア(現代のマケドニアとはまったく繋がりはない)
ギリシア、ペルシアらについても多くのことを知ることができて大変面白かった。

<目次>
第一章 大王像の変遷
第二章 マケドニア王国と東地中海世界
第三章 アレクサンドロスの興隆
第四章 大王とギリシア人
第五章 オリエント世界の伝統の中で
第六章 遠征軍の人と組織
第七章 大帝国の行方
第八章 アレクサンドロスの人間像
第九章 後継将軍たちの挑戦
終 章 アレクサンドロス帝国の遺産

nice!(18)  コメント(0) 

夏の甲子園ベスト16 東北勢は4校 [野球]

高校野球・夏の甲子園大会はベスト16(3回戦)が揃う。
地元・秋田県代表は負けてしまったが、東北勢は4校がベスト16に。

 青森山田(青森県)- 東海大菅生(西東京
 盛岡大付(岩手県)- 済美(愛媛県)
 聖光学院(福島県)- 広陵(広島県)
 仙台育英(宮城県)- 大阪桐蔭(大阪府)

できるだけ多くの学校に勝ち進んでほしい。

nice!(20)  コメント(0) 
前の10件 | -