So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「興亡の世界史 アレクサンドロスの征服と神話」森谷公俊・著 読了 [世界史]

講談社学術文庫の「興亡の世界史」シリーズから
「興亡の世界史 アレクサンドロスの征服と神話」森谷公俊・著 を読了。

アレクサンドロス(アレクサンダー)大王については
有名な歴史上の人物ながら、かなりざっくりとした知識しかなく
以前から機会があれば彼について書かれた本を読みたいと思っていた。

本書は読みやすく、アレクサンドロス(アレクサンダー)についてはもちろん
当時の東地中海からアジアの興亡、古代マケドニア(現代のマケドニアとはまったく繋がりはない)
ギリシア、ペルシアらについても多くのことを知ることができて大変面白かった。

<目次>
第一章 大王像の変遷
第二章 マケドニア王国と東地中海世界
第三章 アレクサンドロスの興隆
第四章 大王とギリシア人
第五章 オリエント世界の伝統の中で
第六章 遠征軍の人と組織
第七章 大帝国の行方
第八章 アレクサンドロスの人間像
第九章 後継将軍たちの挑戦
終 章 アレクサンドロス帝国の遺産

nice!(16)  コメント(0) 

夏の甲子園ベスト16 東北勢は4校 [野球]

高校野球・夏の甲子園大会はベスト16(3回戦)が揃う。
地元・秋田県代表は負けてしまったが、東北勢は4校がベスト16に。

 青森山田(青森県)- 東海大菅生(西東京
 盛岡大付(岩手県)- 済美(愛媛県)
 聖光学院(福島県)- 広陵(広島県)
 仙台育英(宮城県)- 大阪桐蔭(大阪府)

できるだけ多くの学校に勝ち進んでほしい。

nice!(20)  コメント(0) 

明桜、二松学舎に大敗 [野球]

8月13日、熱戦を展開中の甲子園球場に
秋田県代表の明桜(めいおう)高校が登場、二松学舎大付属高校(東東京)と対戦。

明桜は主戦の山口投手(2年生)が予選決勝で肩を負傷、
チームトップの打撃力を生かすため野手に専念して出場(外野からの送球もきつそうだった)。

明桜は3人の投手陣が
予選チーム打率4割3分5厘の二松学舎打線につかまり19被安打。

さらに、予選では5試合3失策だった守備も
甲子園の雰囲気に飲まれたのか、この日は6失策...。

打線も二松学舎の左腕・市川投手の緩急のあるピッチングに8回6安打1得点。
最終回、交代した投手から松本一塁手が本塁打を放ち一矢を報いたが
最終スコアは、2ー14で大敗。

厳しい試合は予想はしていたが...
全国と秋田県のレベルの差を改めて思い知らされた試合だった。

近年の甲子園での秋田県代表校の勝利を見ても、
投手の健闘によりロースコアの展開に持ち込まないと勝つのは難しい。

nice!(16)  コメント(0) 

「世界史を創ったビジネスモデル」野口悠紀雄・著 読了 [世界史]

経済学者・野口悠紀雄氏が雑誌「週刊新潮」に
2014年6月から2016年8月にかけて連載したものをまとめた一冊。

IMG_8162.jpg
「世界史を創ったビジエンスモデル」野口悠紀雄・著(新潮選書)

■歴史に学ぶ

歴史を振り返り、その中からビジネスモデルを考えるさいの参考にしようとする。
とりあげられる事例は、ローマ帝国の盛衰、大航海時代、現代の情報革命。

約450ページとかなりボリュームがあるが、読みやすく一気に読み終えた。

全体のうち250ページがローマ帝国について書かれている。
一番面白く、あらためてもっとローマ帝国について知りたくなった。

<目次>
序 章 ビジネスモデルの原点を探る
 1.歴史からビジネスモデルを学ぶ
 2.ビジネスモデルの2つの基本概念

第I部 ローマ帝国のビジネスモデル
 第1章 先駆者だったため失敗したカエサル
 第2章 国造りの天才アウグストゥス
 第3章 すべてのビジネスモデルはローマに発する
  番外編(1) ローマ帝国を映画で見る
 第4章 ローマ帝国を支えたもの(1) 戦争と奴隷
 第5章 ローマ帝国を支えたもの(2) 異質性の尊重
 第6章 ローマ帝国を支えたもの(3) 税制
 第7章 アウグストゥスが地上に作った理想国家
 第8章 蛮族の侵入でなく、ビジネスモデルの破綻で崩壊
 第9章 ローマ帝国モデルの現代的意義づけ

第II部 フロンティア拡大というビジネスモデル
 第1章 海洋国家による地理的フロンティア拡大
 第2章 自由な海洋国家が閉鎖海洋国家を滅ぼす
  番外編(2) エリザベス映画を観賞する
 第3章 日本は海洋国家でなく島国なのか?
 第4章 電話の潜在力を見抜けた企業と見抜けなかった企業
 第5章 IBMの成功と没落と再生
 第6章 「工場のない製造業」という新しいビジネスモデル
 第7章 第2期大金持ち出現時代
 第8章 グーグルが見出した空前のフロンティア
 第9章 人工知能は何をもたらすか
終 章 歴史から何を学べるか?

nice!(11)  コメント(0) 

ダンスに夢中! レイフ・ギャレット・コレクション [音楽 No Music, No Life]

1970年代後半に活躍、日本でも人気のあった
アメリカン・ポップ・アイドルのレイフ・ギャレット(Leif Garrett)。
偶然、YouTubeで映像を目にして懐かしくなり、ベスト・アルバムを購入。

leif-garrett-best.jpg

若くして人気と名声を得た後、麻薬と飲酒などの問題で、あっという間に自滅。
以前、テレビの「あの人は今・・・」的な番組で見たとき、その変貌ぶりにショックだった記憶がある。

そんな背景とは別に、彼の代表曲である「ダンスに夢中(I Was Made For Dancin’)」、「ニューヨーク・シティ・ナイト(New York City Nights)」をはじめ、満足感たっぷりのポップ・アルバム。

代表曲「ダンスに夢中」


田原俊彦のヒット曲「哀愁でいと」のオリジナル「ニューヨーク・シティ・ナイト」


nice!(15)  コメント(0) 

テキサスの新星、サンズ・オブ・テキサス 待望の2ndアルバム [音楽 No Music, No Life]

アメリカ・テキサス州出身のヤング・ガンズ、サンズ・オブ・テキサス(Sons Of Texas)

グルーヴィーなヘヴィメタル・サウンドに南部アメリカンロックのテイスト。
さらにマーク・モラレスのエモーショナルな歌が魅力だったデビューアルバム

そんな彼らの待望のセカンド・アルバム「フィード・ザ・ニード(Feed The Need)」が
9月27日に国内盤がリリース(輸入盤は一足早い9月22日頃)。楽しみ!



nice!(17)  コメント(2) 

東北勢、白河の関を越えられるか [野球]

8月7日から開幕する夏の甲子園大会
1日、最後に残った宮城県代表は仙台育英高校。

東北勢の出場6校は...

青森県:青森山田高校 8年ぶり11回目。決勝で宿敵・八戸学院光星に勝ち、2009年の夏以来の甲子園出場。甲子園通算11勝。

秋田県:明桜高校 8年ぶり9回目。1989年夏ベスト4が最高成績。甲子園通算8勝

岩手県:盛岡大付属高校 2年連続10回目。今春センバツ大会でベスト8。甲子園通算6勝

山形県:日大山形高校 4年ぶり17回目。2013年夏にベスト4まで進む。甲子園通算15勝

宮城県:仙台育英高校 準優勝した2015年以来、2年ぶり26回目。過去甲子園で準優勝3回(うち夏2回)。甲子園通算42勝は東北勢トップ(同県の東北高校も42勝)

福島県:聖光学院高校 11年連続14回目。福島県の不沈艦隊、甲子園通算20勝

どの県代表でも良いので、自分が死ぬまでに白河の関を越えてほしい。

8月3日から竿灯まつり [秋田県]

今日から8月。
秋田市では8月3日(木曜)から6日(日曜)まで、竿灯まつりが開催。

すでに市内では参加グループの練習する風景に遭遇する。



11日(金曜・祝日)には夏まつり雄物川花火大会も開催される(今年で30回目)。

タグ:秋田市

秋田県代表は明桜高校が8年ぶり 第99回全国高校野球選手権大会 [野球]

夏の甲子園大会秋田県予選決勝。
決勝戦は明桜高校(旧称・秋田経法大付属)と金足農業高校の対戦。

以前は秋田商業高校と県内ビッグ3で代表の常連校だった二校だが、
近年は県内強豪として期待はされながらも結果を残せない状態が続いていた。

試合は今大会優勝候補筆頭の
明桜が序盤から優位に進め、5-1で金足農業に勝利。
8年ぶり9回目の甲子園出場を決めた。甲子園での活躍を期待したい。

明桜は大会前の評判どおりの強さで勝ち上がった。
投打の主力に2年生もおり、強豪校復活の狼煙!?

2回戦 明桜 6-2 横手清陵
3回戦 明桜 9-2 湯沢翔北
準々決勝 明桜 3-2 秋田中央
準決勝 明桜 6-0 大曲工業
決勝 明桜 5-1 金足農業

「関東戦国史 北条 vs 上杉 55年戦争の真実」黒田基樹・著(角川ソフィア文庫)読了 [日本史]

伊勢氏二代目・氏綱が「北条氏」に改称する1523年から
上杉謙信が死去する1578年までつづいた
戦国時代の関東における北条氏と上杉氏(関東上杉氏と、その家名を継いだ上杉謙信)の55年に及ぶ抗争の歴史。

kantosengokusi.jpg

<目次>
まえがき
プロローグ 「日本の副将軍」対「関東の副将軍」ー北条氏への改称と関東管領家の誇り
第一章 北条氏綱と両上杉氏の抗争
第二章 北条氏康と両上杉氏の滅亡・没落
第三章 上杉謙信はなぜ関東に襲来したのか?
第四章 「国衆(くにしゅう)」が左右する関東戦国史
第五章 国衆を困惑させた「越相同盟」
第六章 信玄の猛攻と北条氏の危機
第七章 北関東の攻防戦と謙信の死
エピローグ 消滅した「関東の副将軍」ー新たな抗争の枠組みへ
主要な参考文献
あとがき
文庫版あとがき

前の10件 | -