So-net無料ブログ作成

ノルディック・ユニオン(Nordic Union)上質のメロディック・ロック・アルバム [音楽 No Music, No Life]

先日リリースされたノルディック・ユニオン(Nordic Union)の同名タイトル・アルバムを購入。



ノルディック・ユニオン(北欧連合)の名前が表すように
デンマークのベテラン・ヘヴィメタル・バンド、プリティ・メイズ(Pretty Maids)のヴォーカル、ロニー・アトキンス(Ronnie Atkins)と、自らのバンド・エクリプス(Eclipse)をコンポーザーやプロデューサーとして複数のプロジェクトに参加し、マルチな才能で活躍するスウェーデン人エリック・モーテンソン(Erik Martensson)の2人によるプロジェクト。

北欧出身の実力者により完成したアルバムは、こちらの期待に違わぬ上質なメロディック・ハードロック・アルバムに仕上がっている。



ロニー・アトキンスへのインタビューによると、
このプロジェクトはレコード会社のフロンティアーズ・レコードから持ちかけられたもので、曲作り等はエリック・モーテンソン側で作ったものがロニーの元に送られ、それを元にロニーが歌をレコーディングする形で進められたという。

レコーディングの過程では2人は一度も会っていないそう。

それぞれのバンド等の活動があり、ノルディック・ユニオンとしての活動予定はまったく無いそうだが、またいつか2人よるアルバムを聴きたい。


オールスターゲーム前最後の試合に大勝! ソーントン通算1300ポイント達成 [San Jose Sharks]

現地1月26日(日本時間27日)、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は本拠地サンノゼにコロラド・アバランチ(Colorado Avalanche)を迎え、オールスター・ゲーム前最後の試合をおこなった。

この試合より負傷により9試合欠場していたFWズブラス(#9 Dainius Zubrus)が復帰。



第1ピリオド、6分にDFバーンズ(#88 Brent Burns)のショットが、ゴール前につめていたメルカー・カールソン(#68 Melker Karlsson)の体にあたってゴール。
さらに10分にはGKの弾いたパックを、ハートル(#48 Tomas Hertl)が押し込んで追加点をあげる(2-0)。

その後も第2ピリオド、第3ピリオドにパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)、ウォード(#42 Joel Ward)、ポール・マーティン(#7 Paul Martin)……

最後はルーキー・ディラン・デメロー(#74 Dylan DeMelo)のNHL初ゴールで締め。
サンノゼ・シャークスは6ゴールをあげて、6-1でアバランチに大勝!

シャークスは、48試合26勝18敗4OT敗(勝ち点56)。プレイオフ出場圏内を堅持。

■ソーントン通算1,300ポイントを達成



シャークスのFWジョー・ソーントン(#19 Joe Thornton)がこの試合で2アシストを記録。
NHL通算1,300ポイント(1,333試合 367ゴール、933アシスト)を達成した。
NHL史上33人目の達成、現役選手ではヤロミール・ヤーガー(Jaromir Jagr 現フロリダ・パンサーズ 43歳)に次いで2人目。

ソーントンは1979年カナダ生まれの36歳。
1997年のドラフト全体1位でボストン・ブルーインズに入団。
1年目から活躍を果たし、2005-06年シーズン途中にサンノゼ・シャークスに移籍し現在に到る。

NHLはオールスター・ゲーム(1/30・31)・ブレイクにはいる。
サンノゼ・シャークスからは、FWジョー・パヴェルスキーとDFブレント・バーンズの2人が出場する。

映画「フィフス・ウェイブ(The 5th Wave)」日本公開は4月23日から [映画・ドラマ・舞台]

アメリカの若手人気女優クロエ・グレース・モレッツ(Chloë Grace Moretz)主演
リック・ヤンシー(Rick Yancey)原作のYA(ヤング・アダルト)ディストピア小説の映画化作品「フィフス・ウェイブ(The 5th Wave)」



本国アメリカでは今月29日から公開されるが、日本での公開は4月23日から。
リック・ヤンシーの原作小説の方も読みたいので、映画の公開にあわせて邦訳されることを期待。

でも、映画の方は秋田では上映されないんだろうなぁ。
自分が見たいと思う映画は秋田ではまったく公開されない...(T_T)

秋田市内で常時新作を上映する映画館は2館のみ。
両館とも同時に複数の映画が上映されるが、宣伝費をたっぷりかけた話題作は、両館で重複して上映することも多いうえ、洋画は字幕版と吹き替え版が上映されるので、ますます映画館から足が遠のく。

【追記】秋田では「ルミエール秋田」で上映予定。

2度の終了間際のゴールを浴び宿敵キングスに敗れる [San Jose Sharks]

現地1月24日(日本時間25日)、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は本拠地サンノゼに同じカリフォルニア州のライバル・ロサンゼルス・キングス(Los Angeles Kings)を迎え撃った。

キングスはFWミラン・ルキッチ(#17 Milan Lucic)が前の試合(コヨーテズ戦)で
相手選手に報復のパンチをみまい退場、1試合の出場停止処分により欠場。



第2ピリオド、シャークスはパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)の連日のゴールで先制。
第3ピリオドに追いつかれるも、ローガン・クチュール(#39 Logan Couture)のゴールで勝ち越し(2−1)。

しかし、勝利目前にした残り13秒……キングスのヴィンセント・レカヴァリエ(Vincent Lecavalier)が同点ゴール。試合は2対2でオーバータイムへ突入。



5分間のオーバータイム、残り1分を切りシュートアウト戦突入か!?
と思ったところで、キングスのマリアン・ギャボリック(Marian Gaborik)が決勝ゴールをあげ、キングスが劇的な勝利をあげた(Kings 3−2 Sharks)。



サンノゼ・シャークスは敗れたものの勝ち点「1」を上積みした。
シャークスは、47試合25勝18敗4OT敗(勝ち点54)。プレイオフ出場圏内を堅持。

サンノゼ・シャークスは現地1月26日(日本は27日)、オールスターゲーム(1/30-31)・ブレイク前最後の試合を、ホームでコロラド・アバランチとおこなう。

キャプテン・パヴェルスキーの決勝ゴールで連勝 [San Jose Sharks]

現地1月23日(日本時間24日)、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は本拠地サンノゼにミネソタ・ワイルド(Minnesota Wild)を迎え撃った。

直近10試合、好調シャークス(7勝2敗1OT敗)と不調ワイルド(3勝6敗1OT敗)の対戦。

シャークス先制も、ワイルド逆転、シャークス逆転と、シャークスが3-2で迎えた第3ピリオド。
第3ピリオド12分、ワイルドが放ったショットをGKマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)が弾くも、リバウンド争いをワイルドが競り勝ち同点。

試合時間も残り1分30秒を切り、オーバータイム突入かと思われたが……
ミネソタ・ワイルドのゴール前でのフィエスオフから、シャークスのキャプテン・ジョー・パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)が値千金の決勝ゴール!



サンノゼ・シャークスが4-3でミネソタ・ワイルドに勝って連勝。
シャークスは、46試合25勝18敗3OT敗(勝ち点53)。プレイオフ出場圏内を堅持。

サンノゼ・シャークスは現地1月24日(日本は25日)、LAホームでロサンゼルス・キングスと対戦する。

バトル・オブ・サッポロ(札幌)! アイスホッケー男子・平昌冬季五輪2次予選 [アイスホッケー]

2018年2月に開催される韓国・平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック。
アイスホッケー男子日本代表チームは、1998年の長野冬季オリンピック(開催国枠で出場)以来の出場を目指す。

2次予選(グループJ)は北海道札幌市・月寒体育館
2016年2月11日から14日、四カ国による総当たり戦で開催される(1位のみ最終予選へ)。
最終予選は2016年9月に開催予定。

参加国:()内は世界ランキング
 日本(20位)、ウクライナ(21位)、クロアチア(27位)、ルーマニア(28位)

02/11(木・祝日)14:30 ウクライナ vs ルーマニア 18:00 クロアチア vs 日本
02/13(土)14:30 ウクライナ vs クロアチア 18:00 日本 vs ルーマニア
02/14(日)14:30 ルーマニア vs クロアチア 18:00 日本 vs ウクライナ

大会概要はこちら(日本アイスホッケー連盟サイトへ移動)

日本代表の試合は、NHK BS1で中継あり。

地元開催、ランキング上位の日本代表は予選突破は絶対ノルマ。
前回ソチ・オリンピックの予選では、地元開催のメリットを持ちながら
不慣れな大観衆の応援に、本来の実力を発揮できずに敗れたらしい……(>_<)

日本でマイナー競技が広くアピールするには、オリンピックなど大きな国際大会で活躍するしかない。まずは2次予選を突破してオリンピック出場を実現してほしい。

シャークス、コヨーテ狩り [San Jose Sharks]



現地1月21日(日本時間22日)、連勝が5で止まったサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は、アリゾナ州フェニックスに飛びアリゾナ・コヨーテズ(Arizona Coyotes)と対戦。

試合はシャークスがトミー・ウィンゲルズ(#57 Tommy Wingeles)、クリス・ティアニー(#50 Chris Tierney)のゴールで先行。

コヨーテズの反撃を、GKマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)の好守らで1点に抑え、3-1で勝利をあげた。

シャークスは、45試合24勝18敗3OT敗(勝ち点51)。プレイオフ出場圏内を維持。

サンノゼ・シャークスは現地1月23日(日本は24日)、ホームでミネソタ・ワイルドと対戦。

千秋公園の鴨 [秋田県]

1月16日、佐竹史料館を訪れたさいのもの。

P1000759.jpg
P1000771.jpg
P1000780.jpg
P1000774.jpg
P1000776.jpg
P1000763.jpg
P1000783.jpg
P1000787.jpg

シャークス、セネターズとのシュートアウト戦に敗れ連勝ストップ [San Jose Sharks]

現地1月18日(日本時間19日)、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は本拠地SAPセンターにオタワ・セネターズ(Ottawa Senators)を迎え撃った。

シャークス先発ゴーリー(GK)はアレックス・ステイロック(#32 Alex Stalock)。

同点(3対3)のままオーバータイムでも決着がつかずシュートアウト戦へ。



シャークスは、パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)、ドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)が失敗。

セネターズは2人目ミカ・ジバネジャド(Mika Zibanejad)がゴールを決め、シャークスの3人目クチュール(#39 Logan Couture)がセネターズGKクレイグ・アンダーソン(Craig Anderson)に止められ万事休す。

サンノゼ・シャークスはセネターズに3−4で敗れた。シャークスの連勝は5でストップ。
44試合23勝18敗3OT敗(勝ち点49)、プレイオフ出場圏内を維持。

サンノゼ・シャークスは現地1月21日(日本は22日)、アリゾナ・コヨーテズと対戦。

フィランド・ミステリー ジェイムズ・トンプソン遺作「血の極点」発売 [読書]

2014年8月に事故により急逝したフィンランド在住のアメリカ人ミステリー作家ジェイムズ・トンプソン(James Thompson)。

Helsinki_Blood.jpg

彼の遺作となったカリ・ヴァーラ警部シリーズの最終巻「血の極点(Helsinki Blood)」
明日1月20日国内発売(集英社文庫)。

Helsinki_Mystery.jpg