So-net無料ブログ作成
検索選択

スタンレーカップ・ファイナル サンノゼ・シャークス 初戦敗れる [San Jose Sharks]

NHL 2015-16シーズンもいよいよクライマックス!
チャンピオン・チームを決めるスタンレーカップ・ファイナルが開幕。
初の檜舞台でカップ戴冠を目指すサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)と、4度目のカップ戴冠を目指すピッツバーグ・ペンギンズ(Pittsburgh Penguins)で争われる。

第1戦はペンギンズの本拠地ピッツバーグのコンソール・エナジー・センター(CONSOL Energy Center)。アリーナはチーム・カラーの黄色に埋め尽くされている。

yellow_pens.jpg

第1ピリオド、12分、13分と立て続けにペンギンズが連続ゴールで先行。
このピリオドのショット数はペンギンズの15に対し、シャークスは4本。

しかし、第2ピリオドにはいりシャークスも盛り返し
3分にハートル(#48 Tomas Hertl)、18分にマーロー(#12 Patrick Marleau)のゴールで追いつく(2−2)。

第3ピリオド、オーバータイム(延長戦)も見え始めた17分過ぎに
地元の熱い声援をうけるペンギンズのニック・ボニーノ(#13 Nick Bonino)が決勝ゴール。

シャークスも最後にパワープレーのチャンスを得るも、ゴールは奪えず2−3で惜敗した。



第2戦は6月2日、ピッツバーグ・コンソール・エナジー・センターでおこなわれる。
シャークスは1勝1敗として本拠地サンノゼに戻りたい。

【試合日程(日付は日本時間)】先に4勝したチームがスタンレーカップ戴冠
Game1: 5/31(火) at Pittsburgh 3-2 San Jose
Game2: 6/02(木) at Pittsburgh
Game3: 6/05(日) at San Jose
Game4: 6/07(火) at San Jose
Game5: 6/10(金) at Pittsburgh
Game6: 6/13(月) at San Jose
Game7: 6/16(木) at Pittsburgh

スタンレーカップ・ファイナル 1968年生まれのヘッドコーチ対決 [San Jose Sharks]

いよいよ日本時間5月31日から開幕するNHLスタンレーカップ・ファイナル
サンノゼ・シャークスピッツバーグ・ペンギンズでおこなわれるクライマックス。

両チームを率いる両ヘッドコーチはともに1968年生まれ。

■ピーター・デボアー(Peter DeBoar)

peter_Deboar_sharks.jpg

我らがサンノゼ・シャークスを就任1シーズン目で、初のカンファレンス・チャンピオンを獲得し、スタンレーカップ・ファイナルに導いたピーター・デボアー。

1968年6月13日生まれ、47歳のカナダ人。
ホッケー選手としては、1988年のNHLドラフトでトロント・メープルリーフスに全体237位で指名されるが、NHLでのプレー歴はなし。
1991年までマイナーリーグでプレーし、若い時期に指導者の道に進む。

1994年にジュニア・ホッケー・リーグのチームのアシスタント・コーチに就任。
以後、マイナーリーグでヘッドコーチとして実績を積む。

そして、2008年夏に待望のNHLのヘッドコーチに迎えられる。
最初のチーム、フロリダ・パンサーズでは3シーズン率いるも、一度もプレイオフに進めず2011年に解任。

同年7月にニュージャージー・デビルズのヘッドコーチに。
1年目(2011-12)にデビルズをスタンレーカップ・ファイナルに導く(ファイナルではロサンゼルス・キングスに敗れる)。
2年目はプレイオフ出場を逃し、3年目(2014-15)途中、成績不振により解任される。

2015年5月、10シーズン続いていたプレイオフ出場を逃し、捲土重来を期すサンノゼ・シャークスのヘッドコーチに就任。
設立25年目のシャークスに初のカンファレンス・チャンピオンと、スタンレーカップ・ファイナルの出場を果たし、初のスタンレーカップ戴冠を目指す。

■マイク・サリヴァン(Mike Sullivan)

Mike-Sullivan-Pens.jpg

ピッツバーグ・ペンギンズを率いるマイク・サリヴァン・ヘッドコーチは、1968年2月27日生まれ、48歳のアメリカ人。

選手としては、サンノゼ・シャークス、カルガリー・フレームス、ボストン・ブルーインズ、フェニックス・コヨーテズで、2001-02シーズンまでプレー。

現役を引退した2002年夏にマイナーリーグのヘッドコーチに就任。
翌2003-04シーズン、早くもNHLボストン・ブルーインズのヘッドコーチに。
1年目はディビジョン1位、プレイオフは1stラウンドで敗退。
2年目となる2005-06シーズン(2004-05シーズンは労使紛争によるロックアウトによりこ開催されず)はディビジョン5位と低迷、プレイオフ進出を逃して解任。

その後は、アメリカ五輪代表やNHLチームのアシスタント・コーチを歴任。

2015年6月にピッツバーグ・ペンギンズのアフェリエイト(マイナー)チームのヘッドコーチに就任。同年12月、解任されたペンギンズのヘッドコーチ・マイク・ジョンストン(Mike Johnston)の後任として、約10年ぶりにNHLのヘッドコーチに返り咲く。

サリヴァン自身初のスタンレーカップ・ファイナルに進み、ピッツバーグ・ペンギンズとしては4度目のスタンレーカップ戴冠を目指す。

ヘッドコーチの実績ではサンノゼ・シャークスが優勢!?


スタンレーカップ・ファイナル サンノゼ・シャークス vs. ピッツバーグ・ペンギンズ [San Jose Sharks]

NHL 2015-16シーズンもいよいよクライマックス。
チャンピオン・チームを決めるスタンレーカップ・ファイナルは
チーム設立から25年、初の檜舞台でカップ戴冠を目指すサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)。

過去3度優勝(1991,1992,2009)、4度目のカップ戴冠を目指すピッツバーグ・ペンギンズ(Pittsburgh Penguins)で争われる。



【試合日程(日付は日本時間)】先に4勝したチームがスタンレーカップ戴冠
Game1: 5/31(火) at Pittsburgh
Game2: 6/02(木) at Pittsburgh
Game3: 6/05(日) at San Jose
Game4: 6/07(火) at San Jose
Game5: 6/10(金) at Pittsburgh
Game6: 6/13(月) at San Jose
Game7: 6/16(木) at Pittsburgh

Let's Go Sharks! Seek and Destroy!

進撃のサンノゼ・シャークス 初のカンファレンス・チャンピオン&スタンレーカップ・ファイナル出場! [San Jose Sharks]

NHLプレイオフ・ウェスタン・カンファレンスのファイナル、3勝2敗と王手をかけたサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は、本拠地サンノゼにセントルイス・ブルース(ST Louis Blues)を迎え撃った第6戦。

先発GKは、シャークスはマーティン・ジョーンズ(Martin Jones)。
ブルースはブライアン・エリオット(Brian Elliott)を再び先発に起用。



第1ピリオド、3分にシャークスはジョー・パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)がプレイオフ13点目となるゴールで幸先良く先制!

第2ピリオド、5分にはブレント・バーンンズ(#88 Brent Burns)のショットに、ゴール前でジョエル・ウォード(#42 Joel Ward)が合わせて追加点。

第3ピリオド3分、再びジョエル・ウォード!
左サイドからのローガン・クチュール(#39 Logan Couture)のショットに、ゴール前で合わせ今日2点目のゴールで3−0、シャークスが突き放す。

同8分には、パトリック・マーロー(#12 Patrick Marleau)→ローガン・クチュールとつないだパスを、最後はドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)が一閃! 鮮やかなゴールで勝負あり。

ブルースも意地を見せ2点を返すも、最後は残り20秒でローガン・クチュールがブルースの無人のゴールに祝砲を決めて、5−2でシャークスがブルースに快勝!

サンノゼ・シャークスは対戦成績を4勝2敗として
設立25年目でチーム史上初のカンファレンス・チャンピオンに輝き、同時に初のスタンレーカップ・ファイナルへの出場を決めた!



対戦相手は、タンパベイ・ライトニングとピッツバーグ・ペンギンズの勝者。

シャークス・ファンの楽しみはまだまだ続く!

■ピーター・デボアーHCは2度目のスタンレーカップ・ファイナルに挑む

シーズン就任1年目で、シャークスを初のカンファレンス・チャンピオンとスタンレーカップ・ファイナルへと導いたヘッドコーチ(以下、HC)のピーター・デボアー。

デボアーHCはNHLのHC歴8シーズン目で、2度目のカンファレンス・チャンピオン獲得とスタンレーカップ・ファイナルへの出場を果たした。

2011-12シーズン、ニュージャージー・デビルズを率いてイースタン・カンファレンス・チャンピオンとスタンレーカップ・ファイナル進出を果たしている。ファイナルではロサンゼルス・キングスに2勝4敗で敗れた。

peter_Deboar_sharks.jpg

【試合結果(日付は日本時間)】先に4勝したチームが次ラウンドへ進出
Game1: 5/16(月) at St Louis 2-1 San Jose
Game2: 5/18(水) at St Louis 0-4 San Jose
Game3: 5/20(金) at San Jose 3-0 St Louis
Game4: 5/22(日) at San Jose 3-6 St Louis
Game5: 5/24(火) at St Louis 3-6 San Jose
Game6: 5/26(木) at San Jose 5-2 St Louis

シャークス スウェーデン人ディフェンスマン Tim Heed と契約 [San Jose Sharks]

現在、NHLプレイオフでウェスタン・カンファレンス・ファイナルを戦っているサンノゼ・シャーク(San Jose Sharks)
並行して来シーズンに向けての補強も、しっかりと進められている。

シャークスは、25歳のスウェーデン人ディフェンスマン・ティム・ヒード(Tim Heed)と1年契約を結んだ。

攻撃的な能力に長けたディフェンスマンの Tim Heed は、1991年1月27日生まれ、スウェーデンのヨーテボリ出身。

2010年のNHKドラフトで、アナハイム・ダックスに全体132位で指名されているが、以後もスウェーデン国内リーグでプレー。

2013-14シーズンには、シャークスのFWメルカー・カールソン(Melker Karlsson)とチームメイト(Skellefteå AIK)としてプレーしている。

父 Jonas Heed(1967年生まれの49歳)もアイスホッケー選手(息子と同じくディフェンスマン)、1985年にNHLドラフトでシカゴブラックホークスから全体116位で指名されてる。ただし、NHLではプレーしていない。

シャークスは、昨シーズンはメルカー・カールソン(スウェーデン)、今シーズンはジョーナス・ドンスコイ(Joonas Donskoi フィンランド)と、2年連続で北欧からの新人選手が活躍。

3人目の北欧戦士の活躍に期待したい。



サンノゼ・シャークス王手!初のスタンレーカップ・ファイナルまであと1勝 [San Jose Sharks]

NHLプレイオフ・ウェスタン・カンファレンスのファイナル

初のスタンレーカップ・ファイナル進出を目指すサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)セントルイス・ブルース(ST Louis Blues)は2勝2敗のタイで迎えた第5戦。舞台はセントルイス。

ブルースは、先発GKに2試合連続でジェイク・アレン(Jake Allen)を起用。



第1ピリオド3分、ブルーライン手前の左サイドからDFマーク・エドワード・ヴラシック(#44 Marc-Edouard Vlasic)の強烈な一撃で先制!

しかし、ブルースに2点を奪われ逆転されて第1ピリオド終了(1−2)。

第2ピリオド4分、ゴール前に詰めていたジョエル・ウォード(#42 Joel Ward)が同点ゴール(2−2)。
同11分にブルースに勝ち越されるが、18分にジョー・パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)のゴールで追いつく(3−3)。

同点で迎えた第3ピリオド、開始早々の16秒に再びパヴェルスキー!!(4−3)
その後、ブルースの反撃をかわし、最後は無人のネットに2ゴールを決めて6−3で勝利をあげた。

シャークスはこの勝利で今季プレイオフで11勝目。
1シーズンのプレイオフにおけるチームの最多勝を記録。

サンノゼ・シャークスは対戦成績を3勝2敗として王手!
チーム史上初のスタンレーカップ・ファイナル進出まで、あと1勝とした。
第6戦は本拠地サンノゼに戻り、ブルースを迎え撃つ。

【試合日程(日付は日本時間)】先に4勝したチームが次ラウンドへ進出
Game1: 5/16(月) at St Louis 2-1 San Jose
Game2: 5/18(水) at St Louis 0-4 San Jose
Game3: 5/20(金) at San Jose 3-0 St Louis
Game4: 5/22(日) at San Jose 3-6 St Louis
Game5: 5/24(火) at St Louis 3-6 San Jose
Game6: 5/26(木) at San Jose
Game7: 5/28(土) at St Louis

シャークス、反撃遅し。ブルースに敗れ2勝2敗 [San Jose Sharks]

NHLプレイオフ・ウェスタン・カンファレンスのファイナル

初のスタンレーカップ・ファイナル進出を目指すサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は、セントルイス・ブルース(ST Louis Blues)との第4戦。

3試合を終えて、シャークスが2勝1敗とリード。
2試合連続で完封負けのブルースは、先発GKにジェイク・アレン(Jake Allen)を起用。



第1ピリオド6分、パワープレーのチャンスを得たブルースが先制。
さらにブルースは追加点をあげる。シャークスは2点のビハインド(0-2)。

第2ピリオド6分、シャークスはパワープレーのチャンスを得るが、逆にブルースに3点目を奪われる。

同10分には4点目を奪われ、シャークスはGK交代。
2試合連続シャットアウトのマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)に代わり
レギュラーシーズン後半、トロント・メープルリーフスから移籍し勝利に貢献したジェームズ・ライマー(#34 James Reimer)がプレイオフ初出場。

第3ピリオド、反撃するシャークスは3点を奪うも(#8 Joe Pavelski, #50 Chris Tierney, #67 Melker Karlsson)、時すでに遅し....。

最終スコアは3-6で敗れ2勝2敗のタイ、第5戦は再びセントルイスへ。

シャークスには、第3ピリオドに見せた戦いぶりで第5戦の勝利を期待する。

【試合日程(日付は日本時間)】先に4勝したチームが次ラウンドへ進出
Game1: 5/16(月) at St Louis 2-1 San Jose
Game2: 5/18(水) at St Louis 0-4 San Jose
Game3: 5/20(金) at San Jose 3-0 St Louis
Game4: 5/22(日) at San Jose 3-6 St Louis
Game5: 5/24(火) at St Louis
Game6: 5/26(木) at San Jose
Game7: 5/28(土) at St Louis

サンノゼ・シャークス、2試合連続完封勝ちで2勝1敗とリード [San Jose Sharks]

NHLプレイオフ・ウェスタン・カンファレンスのファイナル

初のスタンレーカップ・ファイナル進出を目指すサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は、敵地セントルイスでの2戦を1勝1敗で終え、本拠地に戻りセントルイス・ブルース(ST Louis Blues)を迎え撃つ。

この試合でベテラン・ディフェンスマンのポール・マーティン(#7 Paul Martin)がプレイオフ100試合出場を達成。



第1ピリオド15分、トマス・ハートル(#48 Tomas Hertl)が強烈なショット
をネットに叩き込んでシャークスが先制!

第2ピリオド11分、左サイドを駆け上がるクチュール(#39 Logan Couture)が中央へパス。そのパスを受けたドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)が一閃! 追加点(2−0)。

第3ピリオド6分、トマス・ハートルがソーントン(#19 Joe Thornton)のパスをブルース・ゴール裏で受けると、自らゴール前へ回り込んでパックを押し込み突き放す(3−0)。

hertl20160519.jpg

ここで勝負あり。
その後もシャークスは危なげない試合運びで、2試合連続となるシャットアウト勝ち(0−3)。

GKマーティン・ジョーンズ(Martin Jones)は、シャークス史上プレイオフで2試合連続シャットアウトを果たした初のゴールキーパーに。

jones20160519.jpg

日曜日(日本時間)の第4戦はリアルタイム観戦できるので楽しみ。

【試合日程(日付は日本時間)】先に4勝したチームが次ラウンドへ進出
Game1: 5/16(月) at St Louis 2-1 San Jose
Game2: 5/18(水) at St Louis 0-4 San Jose
Game3: 5/20(金) at San Jose 3-0 St Louis
Game4: 5/22(日) at San Jose
Game5: 5/24(火) at St Louis
Game6: 5/26(木) at San Jose
Game7: 5/28(土) at St Louis

5月19日 秋田県民会館の開場待ち列 [秋田県]

今日、会社からの帰りに秋田駅前から伸びる広小路を歩いていると
千秋公園内にある秋田県民会館から開場待ちの長ーーーい行列が....(・o・)

こんな行列も久々に見るなぁーと
何があるのか調べると、ミスチル(Mr. Children)コンサートがあった模様。



若い頃は秋田市内にも多くのミュージシャンがコンサートに訪れていたが、いつの頃からか激減(20年程前からか!?)。
今や、市内でのコンサート自体が珍しくなってしまった (T_T)

タグ:秋田市

沈黙のブルース サンノゼ・シャークス、完封勝ちで1勝1敗のタイに [San Jose Sharks]

NHLプレイオフ・ウェスタン・カンファレンスのファイナル

ウェスタン・カンファレンス・ファイナルに2011年以来4度目の進出を果たしたサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)。初のスタンレーカップ・ファイナル進出を目指してセントルイス・ブルース(ST Louis Blues)と対戦中。

第2戦はブルースの本拠地セントルイス。



第1ピリオド、2分にシャークスがトミー・ウィングルズ(#57 Tommy Wingels)のゴーで先制!

さらに第2ピリオド、第3ピリオドとパワープレーのチャンスに、ブレント・バーンズ砲(#88 Brent Burns)が火を噴く!!

GKマーティンジョーンズも好守でブルースにゴールを許さない。

最後はGKを下げて攻撃するブルースの無人のネットに、ズブラス(#9 Dainius Zubrus)がパックを流し込む。

サンノゼ・シャークスはセントルイス・ブルースに4−0でシャットアウト勝ち。
これで2戦を終えて1勝1敗のタイとした。

第3戦・4戦は舞台をシャークスの本拠地サンノゼに移しておこなわれる。

【試合日程(日付は日本時間)】先に4勝したチームが次ラウンドへ進出
Game1: 5/16(月) at St Louis 2-1 San Jose
Game2: 5/18(水) at St Louis 0-4 San Jose
Game3: 5/20(金) at San Jose
Game4: 5/22(日) at San Jose
Game5: 5/24(火) at St Louis
Game6: 5/26(木) at San Jose
Game7: 5/28(土) at St Louis