So-net無料ブログ作成
検索選択

サンノゼ・シャークス プレデターズを撃破し3連勝 [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
現地29日、本拠地SAPセンターに昨シーズンプレイオフ
激闘を繰り広げたナッシュビル・プレデターズ(Nashville Predators)を迎え撃った。



第1ピリオド、シャークスはドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)のゴールで先制(1-0).

第2ピリオド2分過ぎ、パワープレーのチャンスでパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)が追加点をあげると、その直後にはウィングルズ(#57 Tommy Wingels)の今季初ゴールで、3-0とプレデターズを突き放す。

wingels57.jpg

その後のプレデターズの反撃を、シャークスGKマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)の好守らで1失点に抑えると、最後はGKを下げて6人攻撃を仕掛けるプレデターズの無人のゴール前で、ソーントン(#19 Joe Thornton)が倒されると、自動的にゴールが認定される。

最終スコアは、シャークス 4-1 プレデターズ。
シャークスは9試合6勝3敗、12ポイント。ホームでは4戦4勝と無敗。

次戦は現地11月1日(日本では2日)アウェイでアリゾナ・コヨーテズと対戦する。

高校ラグビー秋田県大会決勝 秋田工業が3年ぶりの優勝 [ラグビー]

第96回全国高校ラグビー大会秋田県予選
決勝の組み合わせは今季県内無敵の秋田工業と、
ノーシードから昨年の優勝校・秋田中央と
秋田工業の対抗馬と評判の金足農業を撃破した秋田高校。

先制は秋田高校

前半、風上に秋田高校、風下に秋田工業。
試合開始直後は秋田工業が攻勢。
しかし、秋田高校が守り切ると一転、秋田高校が攻勢に。
先制は秋田高校。ペナルティキックを決めて3点を先行する。
その後も秋田高校優勢で進むが、前半終了間際に秋田工業が逆転のトライ!
前半は秋田工業5-3秋田高校で折り返す。

後半一気に引き離す秋田工業

後半開始早々、秋田高校がペナルティキックを決めて逆転(6-5)。
まだまだもつれた展開が進むと思われたが......

秋田工業はそこから時間をおかずに連続トライで逆転!
その後は完全に秋田工業のペースとなり、次々とトライを決める(31ー6)
秋田高校は防戦一方に。

それでも後半20分過ぎ、秋田高校はトライ&ゴールを返す(31ー13)。
試合は息を吹き返した秋田高校が攻勢に。
しかし、最後は秋田工業がトライ&ゴールを決めて試合を締めた。

最終結果は、秋田工業 38-13 秋田高校。
秋田工業は3年ぶり57回目の優勝と、66回目の全国大会出場を決めた。

最終的なスコアは大きく差がついたが、
秋田高校の健闘もあり見応えのある試合だった。

全国大会は12月27日開幕。
秋田工業の全国大会での活躍を期待したい。

サンノゼ・シャークス ドンスコイ&ハートルのゴールで連勝 [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
現地27日、本拠地SAPセンターにコロンバス・ブルージャケッツを迎え撃った。
ブルージャケッツとは今シーズン2度目の対戦、前回はシャークスがアウェイで勝利。

sjs_cbj.jpg

第1ピリオド、シャークスはパワープレイのチャンス
FWドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)の今シーズン初ゴールで先制。

第3ピリオド、6分過ぎにはDFディロン(#4 Brenden Dillon)が強烈なロングショット
ブルージャケッツ・ゴールに突き刺すが、オフサイドがあったとの判定で取り消し。

同12分、パワープレーのチャンスに
FWハートル(#48 Tomas Hertl)が待望の追加点をあげ2-0。

同17分にブルージャケッツにゴールを奪われ1点差に迫られるが
ゴールキーパーを下げ、6人攻撃を仕掛けるブルージャケッツの無人のゴールに
ハートルが止めの一発! シャークスが3-1で勝利をあげて連勝。

シャークスは8試合5勝3敗、10ポイント。ホームでは3試合3勝。



次戦は本拠地サンノゼ・SAPセンターで
現地29日(日本では30日)ナッシュビル・プレデターズと対戦する。

歴代Macノートパソコンのムービー [アップル]

“見ない”、”聞かない”、”触らない”

アップル(Apple)から新しいノートパソコンMacBook Pro」が発表。
個人的に購入予定はまったく無いので、後日さらっと確認しようかなと。

YouTubeにはアップルApple)からプロモーション・ムービーもアップ。

その中で一番楽しめたのは、
初代から最新モデルまでの代表的なMacノートパソコンを紹介したムービー。



サンノゼ・シャークス ヴラシックの決勝ゴールで延長戦を制す [San Jose Sharks]

東部遠征から戻ったサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
現地25日、本拠地SAPセンターでアナハイム・ダックス(Anaheim Ducks)と対戦。

試合前、昨シーズン限りで現役生活に別れを告げた
ディフェンスマンのダン・ボイル(Dan Boyle)の引退セレモニーがおこなわれた。



試合は第1ピリオド、シャークスがジョー・パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)のゴールで先制。

ダックスは先発GKジョナサン・バーニエ(#1 Jonathan Bernier)が
負傷により第1ピリオドで退場し、ジョン・ギブソン(#36 John Gibson)が第2ピリオドから出場。

第2ピリオド残り2分にシャークスはダックスに追いつかれる。
その後は一進一退、両チーム無得点でオーバータイム(延長戦)へ。

ヴラシックが決勝ゴール

オーバータイム、シャークスはDFヴラシック(#44 Marc-Edouard Vlasic)がブレイアクアウェイ!
相手選手のチェックを受け、倒れこみながらもゴールを決め2-1で勝利を飾った!!
(ヴラシックは今季初ゴール、キャリア通算2度目のオーバータイム・ゴール)

vlasic20161025.jpg

次戦は本拠地サンノゼ・SAPセンターで
現地27日(日本は翌日)コロンバス・ブルージャケッツと対戦する。

ついに始まった Apple Pay [アップル]

昨日(10月25日)から日本でもサービスが始まった
アップルApple)の決済サービス「Apple Pay(アップル・ペイ)」。

すでにブログや動画など、インターネット上には
実際に設定からサービス利用を体験した記事があふれている。

自分は(iPhone 7)はそれらを見ながら、しばらくは様子見。

一番便利そうなのは、JR東日本の「Suica(スイカ)」だが
地方民(秋田県)には縁のないサービス(年に数回東京に行った際に使うだけ)。

日常生活では、ネット・ショッピング以外はほぼ現金決済。
好奇心としては興味はあるけど、今すぐ利用したい!という気持ちにもならず。
でも、いろいろと便利なサービスの選択肢が増えるのは嬉しい。

それにしても、新しいサービスに対応していく業者や店員は大変だろうなぁ...。
これが一番の感想です。


サンノゼ・シャークス デトロイト守備網崩せず完封負け [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
現地22日(日本では23日)、東部遠征5連戦の最終戦を
デトロイトのジョー・ルイス・アリーナデトロイト・レッドウィングスと対戦した。

試合は地元デトロイト・レッドウィングスが優勢に進める。
シャークスは、第2ピリオドに2点、第3ピリオドにも追加点を奪われ、0-3とリードされる。

シャークスの攻撃は、レッドウィングスのGKジミー・ハワード(#35 Jimmy Howard)を中心とするディフェンス網に弾き返される。

最後は残り2分30秒、GKを下げて全員攻撃を試みるもノー・ゴール。
シャークスは 0-3 で今シーズン初の完封負け。



次戦は本拠地サンノゼに戻り
現地25日(日本は翌日)アナハイム・ダックスと対戦する。

秋田商業が逃げ切り、2年連続42回目の全国大会出場 [サッカー]

22日(土曜)第95回全国高校サッカー選手権大会秋田県大会決勝
2年連続出場を目指す秋田商業高校と、4年ぶりの出場を目指す西目高校が対戦。

試合開始から秋田商業が西目を圧倒、西目陣内&ゴール前での時間帯が多い。
前半28分、コーナーキックにヘディングであわせて秋田商業が先制。
さらに33分にも秋田商業が追加点をあげ、秋田商業が2-0とリードして折り返す。

後半は劣勢の西目が積極的に攻勢に出て盛り返す。
しかし、26分に秋田商業がフリーキックから3点目のゴール(3-0)。

これで勝負ありと思われたが、西目はあきらめず攻勢をかける。
西目は残り10分、秋田商業守備陣のミスを逃さず、連続ゴールで1点差に迫る。

最後は秋田商業が西目の猛追から逃げ切り、3-2で勝利をあげ
2年連続42回目の全国大会出場を決めた。

秋田県勢連敗ストップ

秋田県勢は昨年まで全国選手権12連敗、11年連続初戦敗退中。
秋田商業には連敗ストップを期待したい。

サンノゼ・シャークス ペンギンズに逆転負け [San Jose Sharks]

東部遠征中のサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
現地20日(日本では21日)、
ピッツバーグで昨シーズンファイナルで敗れたピッツバーグ・ペンギンズと対戦。



シャークスは第2ピリオド
ハートル(#48 Tomas Hertl)、マーロー(#12 Patrick Marleau)のゴールで2-0とリードするも
第3ピリオドにペンギンズに3ゴールを奪われ、よもやの逆転負けを喫した(2-3)。

次戦は現地22日(日本では23日)東部遠征の最終戦。
ホッケータウン・デトロイトに乗り込みレッド・ウィングスと対戦する。

ドラフト2016 ヤクルト6位指名! 28歳軟式の菊沢竜佑投手(秋田市出身) [野球]

10月20日(木曜)、プロ野球ドラフト会議が行われた。
残念ながら先日紹介した函館大学・吉田雅貴投手(秋田中央高校出身)は指名されず。

秋田県関係では、自分はまったくノーマークだったが、
東京ヤクルト・スワローズが6位で、菊沢竜佑投手(秋田市出身)を指名!

軟式で最速148キロ!

菊沢竜佑投手は1988年生まれの28歳。
183センチ、85キロの右投げ投手。
現在は軟式野球のチームに所属し、軟式で最速148キロを投げる。

名前を見たときに、聞いたことがある名前と思いプロフィールを見ると...

秋田高校 -> 立教大学 -> 横浜金港クラブ -> 米国独立リーグ -> 相双リテック

思い出した! 秋田高校時代、秋田県内ではかなり注目された選手だった。
立教大学に進んだことは知っていたが、その後は名前を聞くことも無く忘れていた。

ヤクルト・スワローズで秋田県出身の現役選手は3人目。
今年8月に通算150勝を達成した、”小さな巨人” 石川雅規投手(左投げ)に
2012年ドラフト1位指名の石山泰稚投手(右投げ。1988年生まれ)。

石山投手と菊沢投手は高校時代に対戦!?

石山泰稚投手と菊沢竜佑投手はともに1988年生まれ。
二人の記録を調べてみると、二人は高校時代に対戦しているようだ。

石山泰稚投手は金足農業高校3年の夏、秋田県予選の準々決勝で秋田高校に0−2で完封負け。
一方、菊沢竜佑投手は秋田高校3年夏、準々決勝の金足農業戦で完封勝ちの記録がある(秋田高校は次の準決勝で敗退)。

菊沢竜佑投手のプロでの活躍を期待したい。

<追記>
秋田県出身者ではもう一人、
西仙北高校出身のJR東日本・進藤拓也投手(24歳)が
横浜DeNAベイスターズに8位指名されている。