So-net無料ブログ作成

日経BPムック「新政権で米国はこう変わる! トランプ解体新書」 [読書]

今や自国のみならず、世界中を掻き回している!?ドナルド・トランプ米国大統領。
よその国とはいえ、超大国で日本への影響力も強い米国の大統領となると無関心でもいられない。
テレビやネット等のニュースでトランプ大統領の話題を見聞きする毎日だが、
それとは別途、トランプ大統領についてまとまったものが読みたいと思い書店へ。

書店に行くと特集コーナーが作られ数多くある一冊から
週末で読み通せて、さまざまな視点で書かれているものを条件に、
日経BP社のムック「トランプ解体新書 新政権で米国はこう変わる」を選択。

特に「人間・トランプ」の素顔を暴く、の章を興味深く読んだ。
その中でも、トランプの半生を取材した二人のジャーナリスト(ピュリッツァー賞受賞者)へのインタビューが面白かった。

トランプ大統領が変わることはない、と思った。

IMG_77541.jpg

<目次>
プロローグ 「想定外」を生んだ米国の必然
第1章 トリックスターが描く未来
第2章 「人間・トランプ」の素顔を暴く
第3章 新大統領に怯える世界
第4章 アメリカ経済の現在地
第5章 新大統領を襲う逆風

日経BP社:本書の詳細目次へ

来春の2017センバツ出場校決定! 東北からは仙台育英、盛岡大付、不来方 [野球]

27日に来年春のセンバツ甲子園大会(第89回選抜高校野球大会)の出場校が決定。
残念ながら秋田県からの出場校はなし(秋季大会の結果であきらめていたが)。

東北地区からは三校が選抜されている。

■仙台育英高校(宮城県)

 2年ぶり12回目の出場。
 同じ仙台市のライバル東北高校と並び、甲子園での東北勢最多勝利数(42勝)、東北勢初の全国制覇にもっとも近い東北の雄・仙台育英。

 昨年秋の東北大会でも前評判通りの強さで優勝している。

 エースの長谷川拓帆投手(左投げ)は秋田市出身、中学時代はエースとして全国大会16強。全国で勝つためにより高いレベルでやりたいと、強豪・仙台育英に進学。

 野球に限らず、様々な競技で高いレベルを求め、秋田県から県外強豪校に進学するケースが増えている。秋田県内は私立校も少なく、指導者や練習環境等を考えると、これからもこの傾向は続くだろう。


■盛岡大学附属高校(岩手県)

 4年ぶり4回目の出場。
 昨年夏の甲子園経験者が残り、強力打線を武器に秋の東北大会準優勝。

 
■不来方高校(岩手県)

 21世紀枠で選ばれた県立不来方(こずかた)高校。春夏つうじて初の甲子園出場。
 不来方の部員は10人! 人数不足で練習にも制限がある環境で秋の県大会準優勝。
 初の東北大会に出場を果たした。東北大会では初戦で強豪・八戸光星学院に0-2で敗れた。
 
 
開幕は3月19日から開幕(組合せ抽選は3月10日)。三校の甲子園での健闘を祈る。

サンノゼ・シャークス ハートル復帰! 連勝はストップ [San Jose Sharks]

週末のオールスター期間(現地27-29日)直前の現地26日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)はホームにエドモントン・オイラーズ(Edmonton Oilers)を迎え撃った。

この試合、昨年11月から負傷により欠場していたFWトマス・ハートル(#48 Tomas Hertl)が復帰を果たした。

tomas48Hertl.jpg

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

試合はFWローガン・クチュール(#39 Logan Couture)のゴールでシャークスが先制するも、オイラーズに1−4で逆転負け、連勝は「6」でストップした。

サンノゼ・シャークスは50試合31勝17敗2OT敗(64ポイント)
パシフィック・ディビジョンの首位は維持(プレイオフ出場圏内)。

次戦は現地31日、本拠地サンノゼでシカゴ・ブラックホークスと対戦する。

サンノゼ・シャークス トミー・ウィングルズ、セネターズへ移籍 [San Jose Sharks]

現地24日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は、FWトミー・ウィングルズ(#57 Tommy Wingels)のオタワ・セネターズ(Ottawa Senators)への移籍を発表。

代わりに2人のフォワード(ライト・ウィング)、Buddy Robinson(25歳)とZack Stortini(31歳)、2017年ドラフトの7巡目指名権を得る。

2人はシャークスのマイナーチームであるサンノゼ・バラクーダ(San Jose Barracuda)へ。

ウィングルズは2008年ドラフトでシャークスに指名され入団。
サンノゼ・シャークスでの7シーズンで、337試合出場122ポイント(51ゴール、71アシスト)と197ペナルティを記録。

今シーズンのシャークスは、ケヴィン・ラバンク(Kevin Labanc)、ティモ・マイヤー(Timo Meier)らの若い選手が台頭。今年1月にはFWマット・ニエト(Matt Nieto)がコロラド・アバランチへ移籍しており、ウィングルズの移籍にも影響していると思われる。

また、ウィングルズは今シーズンが3年契約の最終年であり、今シーズン終了後にフリーエージェントになる。

ウィングルズは現地25日(水曜日)にオタワに到着し、翌日のカルガリー・フレームズ戦からセネターズの選手として出場する予定。

シャークス、ジェッツに競い勝ち6連勝

現地24日、カナダでウィニペグ・ジェッツと対戦。
当初、今日のウィニペグ・ジェッツ戦の出場メンバーに載っていたウィングルズの代わりに、バークレイ・グッドロウ(#23 Barclay Goodrow)が今シーズン初出場。
先発GKはアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



DFブレント・バーンズ(#88 Brent Burns)の強烈な一撃で始まった試合はシーソーゲームとなり、同点(3-3)で迎えた第3ピリオド。

残り5分をきったところで、前日の試合で4ゴールをあげたパトリック・マーロー(#12 Patrick Marleau)が決勝ゴールをあげ連夜のヒーローに!

サンノゼ・シャークスは49試合31勝16敗2OT敗(64ポイント)
パシフィック・ディビジョンの首位へ(プレイオフ出場圏内)。

次戦はサンノゼに戻り、現地26日エドモントン・オイラーズと対戦する。

サンノゼ・シャークス パトリック・マーロー4発弾!!!! 5連勝 [San Jose Sharks]

本拠地サンノゼ・SAPセンターでコロラド・アバランチ(Colorado Avalanche)に延長戦の末勝利をあげ、4連勝中のサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
現地23日、アバランチの本拠地デンバー・ペプシ・センターに乗り込みアバランチと連戦。

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



同点(1-1)で迎えた第3ピリオドは
シャークスFWパトリック・マーロー(#12 Patrick Marleau)のショータイム!
ゴール4発弾でアバランチに快勝!!!!(5-2) シャークスは5連勝!

ひとつのピリオドに 4ゴールをあげた選手は、NHL史上12人目。

シャークス史上、一試合で 4ゴールをあげた選手は
オーウェン・ノラン(Owen Nolan)、トマス・ハートル(#48 Tomas Hertl)につづいて3人目。

サンノゼ・シャークスは48試合30勝16敗2OT敗(60ポイント)
パシフィック・ディビジョンの2位(プレイオフ出場圏内)。

次戦はカナダへ飛び、現地24日ウィニペグ・ジェッツと対戦する。

サンノゼ・シャークス 延長戦を制し4連勝 [San Jose Sharks]

現地21日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)はホームでコロラド・アバランチ(Colorado Avalanche)と対戦。

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

アバランチの先発GKスペンサー・マーティン(#30 Spencer Martin)は
この試合がNHLデビュー戦。2013年ドラフト全体63位指名の21歳のカナダ人。



第1ピリオド、シャークスはパワープレーのチャンスに
ジョー・ソーントン(#19 Joe Thornton)のアシストを受けた
FWジョエル・ウォード(#42 Joel Ward)がゴールを決めて先制!

その後追いつかれるが、第2ピリオド残り5分に
ライアン・カーペンター(#40 Ryan Carpenter)のショットに
GKの前でメルカー・カールソン(#68 Melker Karlsson)がスティックをあわせて再びリード(2-1)。

第3ピリオド、アバランチに追いつかれ3-3の同点でオーバータイムへ。

オーバータイム、ローガン・クチュール(#39 Logan Couture)がショット。
GKマーティンが弾いたリバウンドを、シャークスDFデヴィッド・シュレムコ(#5 David Schlemko)が見逃さず決勝ゴール!

シュレムコのキャリア初のオーバータイム・ゴールで、
サンノゼ・シャークスが4-3で勝利をあげて4連勝を果たした。

サンノゼ・シャークスは47試合29勝16敗2OT敗(60ポイント)
パシフィック・ディビジョンの2位(プレイオフ出場圏内)。

次戦は現地23日、所を変えてデンバーへ乗り込みコロラド・アバランチと対戦する。

サンノゼ・シャークス ライトニングを退け3連勝 [San Jose Sharks]

現地19日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)はホームでタンパベイ・ライトニング(Tampa Bay Lightning)と対戦。

負傷で前日の試合を欠場したFWローガン・クチュール(#39 Logan Couture)が復帰。

2日連続となるこの試合、先発GKはアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



第2ピリオド、5分にシャークスはライアン・カーペンター(#40 Ryan Carpenter)のゴールで先制。
その2分後に追いつかれ、1-1の同点で第3ピリオドへ突入。

第3ピリオド開始わずか22秒!
シャークスはFWクチュールのゴールで勝ち越し。
このゴールが決勝点となり、シャークスが2-1でライトニングに勝ち3連勝。

サンノゼ・シャークスは46試合28勝16敗2OT敗(58ポイント)
パシフィック・ディビジョンの2位へ(プレイオフ出場圏内)。

次戦は現地21日、地元サンノゼでコロラド・アバランチと対戦する。

サンノゼ・シャークス 宿敵キングスに勝ち連勝 [San Jose Sharks]

現地18日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)はロサンゼルスでロサンゼルス・キングスと対戦。

前の試合で負傷したFWローガン・クチュール(#39 Logan Couture)が欠場。

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



第1ピリオド3分、シャークスはバーンズ砲が炸裂!
DFブレント・バーンズ(#88 Brent Burns)のチームトップの19ゴール目で先制。

その後同点に追いつかれるも、FWマイケル・ヘイリー(#38 Micheal Haley)の好パスを受けたFWトミー・ウィングルズ(#57 Tommy Wingels)のゴールで突き放す。

第2ピリオドにFWジョー・パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)のゴールで3-1。

その後のキングスの反撃を1失点に抑え、シャークスが3-2で勝利。

サンノゼ・シャークスは44試合27勝15敗2OT敗(56ポイント)
パシフィック・ディビジョンの3位(プレイオフ出場圏内)。

次戦は地元サンノゼに戻り、現地19日タンパベイ・ライトニングと対戦する。

100周年を迎えたNHL 2017年オールスターはロサンゼルスで開催 [San Jose Sharks]

1917年にスタートしたプロ・アイスホッケーリーグのNHL(National Hockey League)
100周年を迎えた2017年のオールスターは、現地1月29日(日曜)にカリフォルニア州ロサンゼルスで開催。

4つのディビジョンの選抜チームによって行われる。

パシフィック・ディビジョンのサンノゼ・シャークスからは、
 ヘッドコーチのピーター・デボアー(Peter DeBoar)と、
 FW ジョー・パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)
 DF ブレント・バーンズ(#88 Brent Burns)
 GK マーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones) の3選手が選ばれている。



サンノゼ・シャークス ウィニペグ・ジェッツを撃墜 [San Jose Sharks]

前の試合でセントルイス・ブルースに完封負け(0-4)を喫した
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は現地16日、地元サンノゼでウィニペグ・ジェッツと対戦。

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



第1ピリオド、10分にFWジョエル・ウォード(#42 Joel Ward)のゴールで先制!

第2ピリオド、開始2分にはルーキーのFWティモ・マイヤー(#28 Timo Meier)のゴールで追加点!!

同7分にはDFながらチームのトップ・スコアラーのブレント・バーンズ(#88 Brent Burns)の長距離砲が炸裂!?
はずれたパックがゴール裏の壁に当たって跳ね返り
ジェッツGKのスケートに当たり...ゴールネットへ吸い込まれるラッキーなゴール。
バーンズの今シーズン18ゴール目のゴールで3-0と突き放す!!!

第3ピリオド、11分にはFWクリス・ティアニー(Chris Tierney)が追加点!!!!

終盤にジェッツの反撃に2失点したものの、最後は6人攻撃の隙をついて
FWジョー・ソーントン(#19 Joe Thornton)のゴールで5-2と勝利した。

サンノゼ・シャークスは43試合26勝15敗2OT敗(54ポイント)
パシフィック・ディビジョン3位(プレイオフ出場圏内)。

次戦は現地18日、ロサンゼルスに乗り込みキングスと対戦。