So-net無料ブログ作成
検索選択
San Jose Sharks ブログトップ
前の10件 | -

ベテランFW ソーントンは残留、マーローは新天地トロントへ [San Jose Sharks]

現地7月1日から始まったフリーエージェントの選手たちとの契約更改。

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)では、

カナダ代表でも活躍するディフェンスマンのマーク・エドワード・ヴラシク(Marc-Edouard Vlasic 30歳)と8年(2026年まで)の再契約。




守護神のゴールキーパー、マーティンジョーンズ(Martin Jones 27歳)と6年(2024年まで)の再契約を結んだ。




二人のベテラン・フォワードは...

そして、もっとも去就が注目された二人のベテラン・フォワード、
ジョー・ソーントン(Joe Thornton 38歳)とパトリック・マーロー(Patrick Marleau 37歳)。

ソーントンがボストン・ブルーインズから移籍してきた2005年夏以来、12シーズンにわたり共に主力選手としてシャークスを牽引してきた二人。
シャークス以外の複数のチームからも誘いのあった二人はそれぞれの道を進むことに。

ソーントンは1年契約でサンノゼに留まる道を選び、
マーローは新天地トロント・メープルリーフスと3年契約を結んだ。
リーフスの条件は年数、契約金ともシャークスを上回る好条件だった。
(シャークスの2年10百万ドルに対し、リーフスは3年18.75百万ドル)




マーローは1997年のドラフトで、シャークスが全体2位で指名。
以来、シャークス一筋で19シーズンにわたり活躍、通算1,493試合出場、508ゴール、1,082ポイント、パワープレイ・ゴール160他、多くのシャークス史上最高記録を残した。



NHLドラフト2017 サンノゼ・シャークスは6名の選手を指名 [San Jose Sharks]

先週末に開催された「NHLドラフト」で
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は6名の選手を指名。

1巡目19位で指名したのは、ジョシュ・ノリス(Josh Norris)。
アメリカ・ミシガン州オックスフォード出身、アメリカ代表アンダー18でプレーするフォワード(センター)。今秋ミシガン大学に進学予定。



2巡目全体49位、マリオ・フェラーロ(Mario Ferraro)。
カナダ出身、18歳のディフェンスマンで今秋マサチューセッツ大学に進学予定。

4巡目全体102位、スコット・リーディー(Scott Reedy)。
アメリカ・ミネソタ州出身、ジョシュ・ノリスとともにアメリカ代表アンダー18でプレーするフォワード(センター)。今秋ミネソタ大学に進学予定。

6巡目全体159位、ジェイコブ・マクグリュー(Jacob McGrew)。
カリフォルニア出身の18歳のフォワード(ライト・ウィンガー)。

6巡目全体185位、アレクサンダー・チャメレフスキー(Alexander Chmelevski)。
カリフォルニア出身、カナダのオンタリオ・ホッケー・リーグでプレーする18歳のフォワード(センター)。

7巡目全体212位、アイヴァン・チェクオービク(Ivan Chekhovich)。
ロシア出身でジュニア世代のロシア代表。北米のジュニア・リーグでプレー中の18歳のフォワード(レフト・ウィンガー)。

国別ではアメリカ4人、カナダ1人、ロシア1人。
同じ年に二人のカリフォルニア出身者が指名されたのは、シャークスの歴史で初めてのこと。

NHLで彼らの活躍を見られるのは数年先か。
シャークスのジャージでデビューする姿を期待したい。

ブレント・バーンズ 最優秀ディフェンスマンに輝く [San Jose Sharks]

NHL(プロ・アイスホッケー・リーグ)は「NHL Awards」を開催。
MVP(最優秀選手)を初め各賞の授賞式が行われた。

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)では、
ブレント・バーンズ(#88 Brent Burns)が最優秀ディフェンスマンに贈られる
ジェームズ・ノリス・トロフィー(James Norris Trophy)を初受賞した。

バーンズは1985年3月9日カナダ生まれの32歳。
身長196センチの得点力に長けたパワフルな大型ディフェンスマン。
シーズン(2016-17年)は、64試合出場29ゴール、47アシストを記録。

29ゴールはディフェンスマンながら
FWジョー・パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)と並んでチーム・トップ。
アシストを含めたポイント数76は、チーム単独トップ。

バーンズは、2003年のドラフトでミネソタワイルドに全体20位で指名され、
2005年にワイルドでデビュー、2011年にサンノゼ・シャークスに移籍している。

通算879試合出場、170ゴール、329アシストを記録。
プレイオフでは64試合出場、12ゴール、27アシストを記録している。



シャークス DFミューラー ニュージャージ・デビルズへ [San Jose Sharks]

ペンギンズの連覇でシーズンを終えたNHL(プロ・アイスホッケー・リーグ)

今週は、NHL Awards(授賞式)を開催。
同時に来シーズンから参戦する新チーム、ベガス・ゴールデンナイツ(Vegas Golden Knights)のエクスパンション・ドラフト(既存チームの選手を指名)。
そして週末にはシカゴでドラフトが行われる。

各チームはそれらを前に、トレード、再契約等、動いているが...

■DFミューラー デビルズ

現地17日(土曜日)、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)もトレードの成立を発表。
ディフェンスマン、ミルコ・ミューラー(Mirco Mueller)とドラフトの指名権(5巡目、全体143番目)をニュージャージ・デビルズ(New Jersey Devils)へ。
代わりに、ドラフトでの2巡目(全体49番目)と4巡目(123番目)の指名権を得る。

ミューラーは2013年のドラフトでシャークスが指名(全体18番目)。
3シーズンで54試合に出場、2ゴール、4アシストを記録している。

今夏のドラフトでのシャークスの指名権は”8”。
1巡目(19番目)
2巡目(49番目)
4巡目(123番目)
6巡目(159番目、174番目)
7巡目(205番目、212番目、214番目)

ボブ・ボーナー パンサーズのヘッドコーチに就任 [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)で2シーズン(2015-17)に渡り、アシスタント・コーチを務めたボブ・ボーナー(Bob Boughner)が、来シーズンのフロリダ・パンサーズ(Florida Panthers)のヘッド・コーチに就任することに。

ボブ・ボーナーは1971年3月8日生まれ、46歳のカナダ人。
1989年にドラフトでデトロイト・レッドウィングスに指名され、
ディフェンスマンとして1991年から2006年まで、NHLで8チームで活躍した。
通算630試合に出場、15ゴール、57アシストを記録している。

現役引退後にコーチに転身。マイナーリーグ実績を積み、
2010-11シーズンにはNHLのコロンバス・ブルージャケッツのアシスタント・コーチを務めている。

その後再びマイナー・リーグに戻った後、
2015-17シーズンの2年間、サンノゼ・シャークスのピーター・デボアー(Peter DeBoer)ヘッドコーチの元でアシスタント・コーチを務めた。
この間、シャークスは初のカンファレンス・チャンピオンを獲得している。

アシスタント・コーチとしての実績が認められ、
NHLで自身初のヘッドコーチに抜擢、低迷するフロリダ・パンサーズの立て直しが期待されている。

フロリダ・パンサーズは1993-94シーズンからNHLに参戦。
ここまで23シーズンで、プレイオフに進んだのは...わずか5回。2000年以降は2回のみ(2012, 16)。

ちなみに現シャークスのヘッド・コーチ、ピーター・デボアーも
2008-11年の3シーズンに渡ってパンサーズのヘッド・コーチを務めている。

シャークス 新たに欧州2選手と契約を結ぶ [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は、新たに2人の選手との契約を発表。

スウェーデン人フォワードのフィリップ・サンドバーグ(Filip Sandberg) 22歳と2年契約。

チェコ人ディフェンダーラディム・シメク(Radim Simek) 24歳と1年契約。

二人ともこれまでは自国内リーグでプレー、北米では初挑戦となる。
シメクは先に行われた世界選手権にチェコ代表として出場している。

先日、シャークスと再契約を結んだメルカー・カールソン(Melker Karlsson)、ヨーナス・ドンスコイ(Joonas Donskoi)も自国内リーグでのプレーから、NHL(シャークス)と契約を結び成功を収めた。

その二人の成功の再来を期待したい。

メルカー・カールソン、ヨーナス・ドンスコイと再契約 [San Jose Sharks]

NHLはプレイオフの熱戦中だが、すでに敗退しシーズンを終えているチームは来シーズンの巻き返しに向けて動いている。

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は、北欧出身の2人のフォワード選手
メルカー・カールソン(#68 Melker Karlsson)とヨーナス・ドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)と再契約を結んだことを発表。

メルカー・カールソンは3年、ドンスコイは2年の契約を結んだ。

Melker Karlsson #68
カールソンはスウェーデン出身の26歳。2014年にシャークスでNHLデビュー
2014-15シーズンから2016-17シーズンまで3シーズンに渡りシャークスでプレーしている。
レギュラー・シーズンは185試合出場、34ゴール、31アシストを記録。
プレイオフは30試合出場、6ゴール、3アシストを記録している。




Joonas Donskoi #27
ドンスコイはフィンランド出身の25歳。2015年にシャークスでNHLデビュー。
2015-16シーズンから2016-17シーズンまで2シーズンに渡りシャークスでプレーしている。
レギュラー・シーズンは137試合出場、17ゴール、36アシストを記録。
プレイオフは29試合出場、6ゴール、8アシストを記録している。




来シーズン以降も二人の活躍が楽しみだ。

サンノゼ・バラクーダ カルダー・カップ獲得を目指し奮闘中 [San Jose Sharks]

現在、NHLはスタンレー・カップを目指し、プレイオフで熱戦が繰り広げられている。
応援しているサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は、残念ながらファースト・ラウンド敗れシーズンを終了済み。

そのシャークスの下部チームであるサンノゼ・バラクーダ(San Jose Barracuda)は、現在アメリカン・ホッケー・リーグ(以下、AHL)のプレイオフで奮闘中。



バラクーダはファースト・ラウンドで、ストックトン・ヒート(Stockton Heat)を3勝2敗で撃破。
セカンド・ラウンドに進み、サンディエゴ・ガルズ(San Diego Gulls)と戦っている(1勝1敗。先に4勝したチームが次ラウンドへ)。

AHLは独立したリーグだが、全チームがNHLのチームと提携。
提携チームとはシーズン中に頻繁に選手の入れ替えがあり、実質的にはNHLのマイナー・リーグに相当する。

NHLのチャンピオン・チームに与えられるカッップは、スタンレー・カップ(Stanley Cup)。
AHLのチャンピオン・チームに与えられるカッップは、カルダー・カップ(Calder Cup)。
NHLの初代会長フランク・カルダーにちなんで命名されている。

サンノゼ・シャークス Season is over [San Jose Sharks]

スタンレーカップ獲得を目指し熱戦中のNHLプレイオフ
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)はエドモントン・オイラーズ(Edmonton Oilers)と対戦中。

第5戦まで終了し、シャークスは2勝3敗。
オイラーズに王手を掛けられ、負けられない第6戦。舞台は本拠地サンノゼSAPセンター。

先発ゴールキーパーは、マーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



両チーム無得点で迎えた第2ピリオド
シャークスはカウンターから痛恨の2失点...(0-2)。

もう負けられないシャークス、第3ピリオド12分過ぎにマーロー(#12 Patrick Marleau)のゴールで1点差に迫る(1-2)。

残り5分、パワープレーのチャンス
パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)の放ったショットはクロスバーに嫌われる。
残り1分43秒、ゴールキーパーを下げて6人攻撃。
しかし、ゴールは遠く、残り0.3秒、オイラーズのコナー・マクデイビッドの放ったショットがシャークスのゴールへ吸い込まれ万事休す。

シャークスは1-3でオイラーズに敗れ、通算2勝4敗で今シーズンを終えた。

昨シーズンは、初のスタンレーカップ・ファイナルまで進み、ウェスタン・カンファレンスのチャンピオンに輝いた。それだけに今シーズンの早期敗退は残念。

明るい話題は、今シーズンの若い選手たちが台頭。
さらなる飛躍でチーム全体の戦力を底上げし、来シーズンのシャークスの巻き返しに期待する。



サンノゼ・シャークス 逆転負けで土俵際に [San Jose Sharks]

スタンレーカップ獲得を目指し熱戦中のNHLプレイオフ
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)はエドモントン・オイラーズ(Edmonton Oilers)と対戦中。

第1戦、シャークスは逆転勝ちで先勝。
しかし、その後2戦連続で完封負けを喫し1勝2敗。
第4戦はシャークスが7-0で圧勝し2勝2敗のタイに。
迎えた第5戦の舞台はカナダ・エドモントン。

先発ゴールキーパーは、マーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



先制したのはオイラーズ。
しかし、シャークスはすぐに同点に追いつくと、さらに2点を追加し3−1とリードするが、その後オイラーズに2点を奪われ追いつかれオーバータイムへ。

オーバータイムは勢いづくオイラーズが完全に優勢、再三再四ゴール前でピンチに見舞われもGKジョーンズの好守らでしのいでいたが、最後は終了間際にオイラーズに決勝ゴールを決められ敗れる。

シャークスは2勝3敗。王手を掛けられ土俵際に追い詰められた。
第6戦は現地22日(日本時間23日)、地元サンノゼに戻り負けられない一戦に臨む。


■ペンギンズ、プレデターズが勝ち上がる

昨日のアナハイム・ダックスにつづき、
昨年の王者ピッツバーグ・ペンギンズとナッシュビル・プレデターズが次ラウンドへ勝ち上がる。



2013、2015年王者で、レギュラー・シーズンをウェスタン地区首位通過のシカゴブラックホークスがひとつも勝てずに敗退したのは予想外。

<ウェスタン>
シカゴ・ブラックホークス 1-4 ナッシュビル・プレデターズ(プレデターズ4勝)
エドモントン・オイラーズ 4(OT)3 サンノゼ・シャークス(オイラーズ3勝2敗)

<イースタン>
ピッツバーグ・ペンギンズ 5-2 コロンバス・ブルージャケッツ(ペンギンズ4勝1敗)
モントリオール・カナディアンズ 2-3 ニューヨーク・レンジャーズ(レンジャーズ3勝2敗)

前の10件 | - San Jose Sharks ブログトップ