So-net無料ブログ作成
検索選択
バスケットボール ブログトップ
前の10件 | -

B2リーグ東地区、2016-17シーズンは東北地区リーグに [バスケットボール]

栃木ブレックスが記念すべき初代チャンピオンの座についた
プロ・バスケットボール・リーグの「Bリーグ」から
シーズン(2016-17)のレギュレーションが発表された。

BリーグのB1(1部)、B2(2部)は18チームが所属、
それを東・中・西地区に6チームずつ振り分けて構成されている。

昨シーズン、地元の秋田ノーザンハピネッツは無念のB2降格。
最下位となった仙台89ERS(エイティナイナーズ)と共に、東北の2チームが降格となった。

その結果、来シーズンのB2東地区はすべて東北勢に...

b2_east.jpg

秋田ノーザンハピネッツ
・青森ワッツ
岩手ビッグブルズ
・仙台89ERS
山形ワイヴァンズ
福島ファイヤーボンズ

これがB1なら大いに喜びたいところだが...

秋田ノーザンハピネッツには、是が非でも1年でのB1復帰を!

「マイケル・ジョーダン 父さん。僕の人生をどう思う?」ローランド・レイゼンビー著 [バスケットボール]

この週末に読み始めた一冊。
1980年代から2000年頃までのアメリカバスケットボール界、というより
その枠を超えた世界的な人気アスリートだったマイケル・ジョーダン(Michael Jordan)の伝記。

MJ_the_Life.jpg
「マイケル・ジョーダン 父さん。僕の人生をどう思う?」ローランド・レイゼンビー著
(原題 MICHAEL JORDAN THE LIFE

自分もこの頃、マイケル・ジョーダンと彼の所属するチーム、シカゴブルズNBA(プロバスケットボール・リーグ)を夢中になって見ていた。
そして、マイケル・ジョーダンの引退から徐々に興味が薄れていった。

当時、バスケットボール以外のサッカーなど他競技の
プロ選手にも憧れのアスリートとして、マイケル・ジョーダンの名前をあげる人が多かったと記憶している。

現在のマイケル・ジョーダンは、彼が少年時代から大学時代までを過ごした
故郷ノースカロライナに本拠地をおくシャーロット・ホーネッツ(Charlotte Hornets)
共同オーナーとしてNBAチャンピオンを目指している。

本書は700ページを超えるボリューム、
マイケル・ジョーダンがノースカロライナ大学の時代を読んでいるところ。

MJ_700pageover.jpg

Bリーグ 東北の6チームの平均観客数 第6週終了時 [バスケットボール]

プロバスケットボール・リーグ「Bリーグ」がマンスリーレポートを発表。
11月2日第6週終了時の平均観客数等が載っている(公式サイトからダウンロード可能)。

B1(1部)の平均観客数は?

一試合平均観客数は、B1(1部)は 3,003人。

1位は千葉ジェッツの 4,595人で、
2位・新潟アルビレックス 3,842人、3位・栃木ブレックス 3,562人。

地元・秋田ノーザンハピネッツは 3,401人。

もっとも少なかったのは、滋賀レイクスターズの 1,890人。

B2の平均観客数は?

B2(2部)の平均観客数は 1,142人。
1位は熊本ヴォルターズの 2,501人、もっとも少なかったのは鹿児島レブナイズの 575人。

Bリーグ所属の東北6チームは?

Bリーグは、東北地方六県すべてにフランチャイズがある。
B1(秋田、仙台)、B2(青森、岩手、山形福島)に所属。

B_Tohoku6.png

東北の各チームの平均観客数は、

 秋田ノーザンハピネッツ 3,401人
 仙台89ERS 3,047人
 青森ワッツ 1,669人
 岩手ビッグブルズ 696人
 山形ワイヴァンズ 1,469人
 福島ファイヤーボンズ 1,278人

悪い意味で目立つのが岩手ビッグブルズの少なさ。
昨季までのbjリーグ時代も、成績が良い割に集客では苦戦していたが、多くのチームが新リーグで観客数を伸ばしている中、厳しい状況がつづいている。

クライド・ドラクスラーの息子が岩手に

その岩手ビッグブルズに、NBAのマイケル・ジョーダンのライバルでもあった
クライド・ドレクスラーの息子アダム・ドレクスラーが加入(11月5日・6日 パパ・ドレクスラーも応援大使&特別コーチとして岩手にやってくる)。

アダム・ドレクスラーは早ければ今月19日の福島戦でデビュー予定。

drexler_bigbulls.jpg

秋田ノーザンハピネッツ 新リーグ開幕を勝利で発進! 強豪・栃木を敵地で撃破 [バスケットボール]

9月22日にアルバルク東京と琉球ゴールデンキングスの試合で
開幕したバスケットボールのプロリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」。

今週末、全国各地で開幕戦がおこなわれた。
秋田ノーザンハピネッツは敵地・宇都宮市に乗り込んで栃木ブレックスと対戦。

NHK総合で秋田栃木でライブ中継、テレビ観戦した。

栃木ブレックスは、日本バスケットボール界の最大のスター・田臥勇太らを擁し
アルバルク東京、川崎ブレイブサンダーズらと並び優勝候補の呼び声も高い強豪チーム。

チケット完売、3800人を超える観客で埋まったブレックスアリーナ宇都宮。
試合は、秋田ノーザンハピネッツが先行、地元・栃木ブレックスが追う展開。

後半、栃木ブレックスの反撃により、厳しい時間帯をしのぐと
その後も10点前後のリードを保持し、見事リーグ開幕戦で勝利をあげた(83-68)。

レギュラーシーズン60試合の1試合に過ぎないが
戦前に不利と言われていた強豪・栃木ブレックス相手の開幕戦勝利は大きい。

B.LEAGUE-PLAYERS.jpg

Bリーグ開幕! アルバルク東京が逃げ切り、記念すべき新リーグ初勝利 [バスケットボール]

9月22日、バスケットボールのプロリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」の
記念すべき開幕戦「アルバルク東京 vs. 琉球ゴールデンキングス」をテレビ観戦

試合は実力に勝るアルバルク東京が後半にはいり
琉球ゴールデンキングスを突き放し点差を広げはじめる。
一方的な展開になるかと思われたが、終盤に琉球ゴールデンキングスが猛追撃。
最後はアルバルク東京が5点差で逃げ切り、新リーグの記念すべき勝利をあげた(80-75)。

全国にライブ中継された開幕戦、バスケットボールの魅力を十分にアピールできたと思う。

両チーム、フリースローの失敗が多いのが気になったが....。

とりあえず開幕戦は積極的なメディア戦略で成功できた。
しかし、本当のリーグの成功はこれからが勝負。
プロ野球サッカーJリーグにつづくプロリーグの成功を応援したい。


24日(土曜)は地元・秋田ノーザンハピネッツが開幕戦を迎える。
敵地でアルバルク東京と並ぶ優勝候補の強豪・栃木ブレックスと対戦。
この試合は、NHK総合でテレビ中継(秋田栃木のみ)もあるので楽しみ。

9.22 Bリーグ開幕 日本バスケットボールの新章始まる [バスケットボール]

9月22日に開幕を迎える男子バスケットボールのプロリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」。



記念すべき開幕戦、アルバルク東京と琉球ゴールデンキングスの試合は
フジテレビとNHK衛星放送がライブ中継!!

 フジテレビ 18時30分~
 NHK BS1 18時~

さらにNHKと放送権を契約締結。テレビで見られる機会も多そうで楽しみ。


秋田からは秋田ノーザンハピネッツが参戦

秋田ノーザンハピネッツは「B1東地区」、厳しい地区にはいってしまった。

 秋田ノーザンハピネッツ、レバンガ北海道仙台89ERS
 栃木ブレックス、アルバルク東京、千葉ジェッツ

秋田ノーザンハピネッツの開幕戦は
24日(土曜)宇都宮市に乗り込み栃木ブレックスと対戦。

栃木ブレックスには、能代工業高校(秋田県能代市)時代にタイトルを総なめにした
日本バスケットボール界のスーパースター・田臥勇太選手がいる。


バスケ女子 アカツキファイブ、フランスに勝利! 最強国アメリカに挑む [バスケットボール]

リオ五輪のバスケットボール女子日本代表”アカツキファイブ”
すでに決勝トーナメント進出を決め、2勝2敗で迎えた第5戦は、世界ランキング4位の強豪フランス

日本代表が先行し、フランスが追いかける展開。
前半を 40-32 で折り返すと、後半のフランスの反撃を抑え、79-71で撃破!

この結果、グループAは日本、フランス、トルコが3勝2敗で並び
得失点差ににより、日本代表”アカツキファイブ”は4位で決勝トーナメントへ。

対戦相手は、すべて日本代表よりランキング上位。
それらの国を相手に勝ち越し(3勝2敗)、
決勝トーナメントへ進出した戦いぶりには、応援しているこちらも力が入った。

アカツキファイブ 世界最強国アメリカに挑む

予選ラウンド4位の日本代表は決勝トーナメントで
大会6連覇を目指す世界最強国アメリカに挑む。持てる力を出し、悔いのない試合を。

試合は日本時間 8月17日。

スケジュール(日本時間):
第1戦 日本 77-73 ベラルーシ(10位)1勝
第2戦 日本 82-66 ブラジル(7位)2勝
第3戦 日本 62-76トルコ(10位)2勝1敗
第4戦 日本 86-92 オーストラリア(2位)2勝2敗
第5戦 日本 79-71 フランス(4位)3勝2敗 得失点差により4位

バスケ女子 アカツキファイブ、健闘するも豪州に逆転負け金星ならず [バスケットボール]

リオ五輪のバスケットボール女子日本代表”アカツキファイブ”
2勝1敗で迎えた第3戦は、世界ランキング2位の強豪オーストラリア
大会6連覇を目指す最強国アメリカの対抗馬でもある。

試合開始から強豪オーストラリアと互角に戦う日本代表。
3Qが終わった段階では日本代表が12点をリード、大金星を期待したが....

最終4Q、オーストラリが強豪国の意地を見せ猛ラッシュ
オーストラリアのディフェンスの前に、日本代表はノー・ゴールの時間帯がつづく。
その間に着々と得点を重ねていくオーストラリアが逆転。

日本は大健闘するも、86-92でオーストラリアに逆転負け。
負けたのは残念だが、エキサイティングで面白い試合だった。

日本代表、決勝トーナメント進出決定!

同日、ブラジルフランスに敗れ、日本代表の決勝トーナメント進出が決定!
予選リーグ最終戦、フランス戦での勝利に期待する。

スケジュール(日本時間):
第1戦 日本 77-73 ベラルーシ(10位)1勝
第2戦 日本 82-66 ブラジル(7位)2勝
第3戦 日本 62-76トルコ(10位)2勝1敗
第4戦 日本 86-92 オーストラリア(2位)2勝2敗
第5戦 フランス(4位) 8月14日 5時45分

バスケ女子日本代表アカツキファイブ、地元ブラジルに勝ち2連勝 [バスケットボール]

リオ五輪のバスケットボール女子日本代表”アカツキファイブ”
初戦のベラルーシ戦につづき、地元開催国のブラジルを撃破し(82-66)2連勝!!

第3戦は、日本時間10日朝にトルコと対戦する。
1日空いたトルコに対し、2日連戦となる日本は日程的に不利だが
2連勝の勢いで勝利をあげて、決勝トーナメントに前進してほしい。

スケジュール(日本時間):
 第1戦 日本 77-73 ベラルーシ(10位)
 第2戦 日本 82-66 ブラジル(7位)
 第3戦 トルコ(10位) 8月10日 5時45分
 第4戦 オーストラリア(2位) 8月12日 5時45分
 第5戦 フランス(4位) 8月14日 5時45分
総当たり戦で上位4チームが決勝トーナメントへ進む。

バスケ女子 アカツキファイブ、ベラルーシ撃破! 勝利で発進 [バスケットボール]

朝、リオ五輪のバスケットボール(女子)の試合をテレビ観戦

3大会ぶりオリンピック出場のバスケットボール女子日本代表チーム
アカツキファイブ”(バスケットボール日本代表チームの愛称、男女共通)。

開幕戦となる対ベラルーシ戦。
日本代表はランキング上位のベラルーシを 77-73 で撃破! 初戦を勝利で発進!

予選リーグは6カ国総当たりで、上位4カ国が決勝トーナメントへ進む。

日本代表は参加12カ国中、平均身長が唯一180cmに満たない177cm。
世界ランキングは16位(日本より低いのはセネガルのみ)。
予選リーグの対戦相手はすべてランキング上位国。
厳しい戦いがつづくと予想されるが、決勝トーナメント進出目指して頑張ってほしい!

スケジュール(日本時間):
第1戦 日本 77-73 ベラルーシ(10位)
第2戦 ブラジル(7位) 8月9日 5時30分
第3戦 トルコ(10位) 8月10日 5時45分
第4戦 オーストラリア(2位) 8月12日 5時45分
第5戦 フランス(4位) 8月14日 5時45分

前の10件 | - バスケットボール ブログトップ