So-net無料ブログ作成

シャークス、GKデル好守、クチュールが決勝ゴール [San Jose Sharks]

10月29日午前2時(日本時間)、睡魔と戦いながらパソコンでライブ視聴(終了後昼まで爆睡)。

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は東海岸遠征中。
現地10月28日、遠征最終戦はバッファロー・セイバーズ(Baffalo Sabres)と対戦。

セイバーズとは今季2度目の対戦。前回はサンノゼでシャークスが3-2で勝利している。

ゴーリー(GK)先発はアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



第1ピリオド:

9分、シャークスはドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)がパックを奪うと
センターラインから一人で持ち込み先制ゴール!

セイバーズのゴール・チャンスもデルが好守でシャットアウト。

終了3分前、ドンスコイのペナルティによるキルプレーから失点....と思われたが
ゴール直前のプレーでゴールキーパーとセイバーズ選手の接触があったと、
シャークス側のコーチズ・チャレンジが通りノー・ゴールの判定。
確かにこの接触プレーによりショットへの反応が遅れたように思う。
地元セイバーズの観客からはブーイング。

第2ピリオド:

開始早々、シャークスはペナルティによりキルプレーのピンチ。
GKデルの再三の好守で凌いでいたが、とうとう追いつかれる(1-1)。

14分、セイバーズが勝ち越しのゴール(1-2)。
残り2分、シャークスはパワープレーのチャンスを得ると、
パワープレー終了直後、残り12秒にティアニー(#50 Chris Tierney)のゴールで追いつく(2-2)!!

第3ピリオド:

一進一退の攻防がつづく。
残り4分、チームのトップ・スコアラーである好調クチュール(#39 Logan Coture)が
ハートル(#48 Tomas hertl)のコンビネーションで左サイドを突破してゴールを叩き込む(今季8ゴール目)!!!
これが決勝ゴールとなり、シャークスが3-2でセイバーズに勝利。


GKアーロン・デルの好守が光った試合だった。デルは今季初勝利。

サンノゼ・シャークスの通算成績は10試合5勝5敗(10ポイント)。

次戦は地元カリフォルニア州サンノゼに帰還。
30日(日本31日)にトロント・メープルリーフスと今季初対戦する。

nice!(18)  コメント(0) 

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。