So-net無料ブログ作成

男子アイスホッケー世界選手権 日本、勝利も優勝の可能性消滅 [アイスホッケー]

IIHF世界選手権ディビジョンⅠグループB第4戦。
優勝・昇格を目指す日本には勝たなくてはならない試合。
対戦相手のルーマニは0勝3敗の最下位。



日本は開始2分過ぎに幸先よく先制するも
その後ルーマニアに逆転されてしまう(1−2)。
第3ピリオド12分に日本は同点に追いつく(2−2)。
試合は60分では決着がつかずオーバータイム(延長戦)へ。

オーバータイム2分過ぎ、日本が決勝ゴールをあげ3−2で勝利。

しかし、オーバータイムでの勝利につき勝ち点は+2(60分での勝利は「3」)。
日本は3勝1敗の勝ち点「7」となった。

リトアニアの勝利により優勝の可能性消滅

首位のリトアニアはウクライナにオーバータイムで乱打戦を制し勝ち点を「11」と伸ばした。
この結果、1試合を残し日本の優勝・昇格の可能性は消滅。

28日の最終戦はウクライナと対戦する。

1位 リトアニア(勝ち点:11)
2位 エストニア(勝ち点:10)
3位 日本(勝ち点:7)

【試合日程】日本時間
4月22日 日本 2対1(OT) エストニア
4月23日 日本 4対3 クロアチア
4月26日 日本 1対6 リトアニア
4月27日 日本 3対2(OT) ルーマニア
4月28日(土)22時 日本 対 ウクライナ

nice!(10)  コメント(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。