So-net無料ブログ作成

金足農業は準優勝。大阪桐蔭が春夏連覇 [野球]

第100回全国高校野球選手権の決勝戦。
秋田県代表の金足農業(以下、金農)は春夏連覇を目指す大阪桐蔭と対戦。

試合は序盤から大阪桐蔭が投打に金農を圧倒。

ここまで金農の快進撃を支えてきた吉田輝星投手が
大阪桐蔭打線に2本の本塁打を含む12安打を浴び、5回までに12点を奪われる。

5回を終えて、大阪桐蔭が12ー1と大きく金農をリード。
この夏、予選から一人でマウンドを守ってきた吉田投手は5回で降板。
6回からは打川三塁手がマウンドに立った(吉田投手は外野へ)。

その後、両チーム1点ずつを追加して試合は終了。

金農は2ー13で大阪桐蔭に敗れたが、同校最高成績の準優勝。
今大会を最も盛り上げたチームだった。

金農・吉田輝星投手は今夏、県予選で5試合636球
甲子園で6試合881球。あわせて1,517球の力投だった。

大阪桐蔭は史上初の2度目の春夏連覇。
春夏あわせて通算8回目の全国制覇、とにかく強かった。

金農の躍進に秋田県内も大盛り上がり。
秋田市内数カ所でパブリック・ビューイングも行わていたが
決勝のこの日、平日昼間にもかかわらず大勢の人たちが応援に集まっていた。

この夏を駆け抜けた選手たちには、ゆっくりと休んでほしい。

nice!(15)  コメント(2) 

nice! 15

コメント 2

tommy88

県立高校の意地。
マウンドは俺の縄張り 死ぬ気の全力投球
この夏最大の、熱くなるものを見ることが出来ました。

結局は指導者の経験値の差が出たのだと思います。あわせて、全国から人を集める集金力、それに今大会でのくじ運。そういうことをあれこれ後出しじゃんけんのように言っても始まりません。ただ、吉田に勝たせてやりたかった。それだけです。そして、そういう風に、大阪生まれのオジサンに思わせてしまうものが、このブログで知った、金足農業にはありました。大会期間中に生まれた子ブタ9匹までがいとおしいです。今日は、秋田こまちを5㎏、買います。ちょうどお米が切れて、気分一新。夏が終わりました。残暑は厳しいですが、おじさんも頑張ろうと思いましたよ。感謝です。

by tommy88 (2018-08-22 07:25) 

空飛ぶサメ

tommy88さん、コメントありがとうございます。
今朝の地元紙は「金足農業」の大特集号でした。
彼らの甲子園での活躍は、明るい話題の少ない秋田県を
久しぶりに元気づけ、盛り上げてくれました。

by 空飛ぶサメ (2018-08-22 08:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。