So-net無料ブログ作成

シャークス 延長戦で逆転負け [San Jose Sharks]

遠征中のサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンに乗り込み
ニューヨーク・レンジャーズ(New York Rangers)と対戦。

シャークスは4試合で2勝2敗。レンジャーズは3試合3敗と勝ち星なし。

シャークス先発GK、通常のパターンなら第1GKのマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。
しかし、この日先発は2試合連続出場となるアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。

これについてシャークスのヘッドコーチ、ピーター・デボアー(Peter DeBoar)は
当初からデルを最初の6試合のうち少なくとも2試合で先発起用することを計画していた。第1GKがジョーンズであることに変化はない、と語っている。



試合はシャークスがソレンセン(#20 Marcus Sorensen)
ドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)のゴールで2度先行したが
レンジャーズが追いつかれ、最後はオーバータイムでレンジャーズに敗れた(2−3)。
レンジャーズは今季初勝利。シャークスは敗れるも勝ち点1を獲得した。

シャークスは現地14日、この遠征最後の試合をニュージャージ・デビルズと行う。

NYR新ヘッドコーチ・クイン NHL初勝利

ニューヨーク・レンジャーズ(NYR)を今季から率いる
デイヴィッド・クイン(David Quinn)は1966年生まれのアメリカ人ヘッドコーチ。
今季、カレッジの強豪ボストン大学での実績を買われ、名門レンジャーズのヘッドコーチに抜擢された。
選手としてはボストン大学で活躍、NHLドラフトで指名されるがマイナー・リーグで2シーズン・プレー後に選手を引退、NHLでの試合出場はない。

指導者の道に転進すると、カレッジやマイナー・リーグのコーチを経て
2012年夏にNHLのコロラド・アヴァランチのアシスタント・コーチに就任。
翌2013年夏からは、5シーズンに渡ってボストン大学のヘッドコーチを務めた。
この試合の勝利は、NHLヘッドコーチとして記念すべき初勝利となった。


nice!(18)  コメント(0) 

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。