So-net無料ブログ作成

アイスホッケー男子日本代表 痛恨の逆転負け [アイスホッケー]

4月28日からエストニアで開催中の(5月4日まで)
2019IIHF世界選手権DivisionⅠGroupB(3部相当)。

試合は YouTube のIIHF公式でライブ配信(アーカイブあり)。

6チームよる総当たり全5試合で優勝したチームは来年の
IIHF世界選手権DivisionⅠGroupA(2部相当)に昇格する。
最下位のチームはさらにひとつ下のリーグに降格。

初戦でウクライナに勝った日本は第2戦、ルーマニアと対戦。
昨年の大会では日本が3-2で延長戦の末勝っている。

先発GKは、畑 享和(Hata Michikazu)。



第1ピリオド、日本はFW中屋敷侑史(Nakayashiki Yushi)、佐藤航平(Sato Kohei)のゴールで2-0と先行。

しかし、第2ピリオドにルーマニアが反撃。
日本陣内でのプレータイムが多くなり、終盤2失点し追いつかれてしまう。

第3ピリオド、一進一退の攻防の末、残り4分でルーマニアがゴール。
日本もパワープレーとGKを下げた6人攻撃でルーマニア・ゴールに攻めるもゴール奪えず・・・
日本はルーマニアに2-3で逆転負けを喫した。

今大会の本命ポーランドはオランダ(8−1)、ウクライナ(7−3)と連続で圧勝。

5試合の短期決戦、2点先行しながら痛恨の敗戦。優勝・昇格には残り3試合勝つしかない。

日本代表の予定:日本時間
4/28(日) 日本 3-2 ウクライナ
4/29(月)日本 2−3 ルーマニア
5/1(水)エストニア 22時30分
5/2(木)オランダ 19時
5/4(土)ポーランド 22時30分

nice!(10)  コメント(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。