So-net無料ブログ作成

アイスホッケー男子日本代表 失望。オランダに敗れる [アイスホッケー]

4月28日からエストニアで開幕した(5月4日まで)
2019IIHF世界選手権DivisionⅠGroupB(3部相当)。

試合は YouTube のIIHF公式でライブ配信(アーカイブあり)。

6チームよる総当たり全5試合で優勝したチームは来年の
IIHF世界選手権DivisionⅠGroupA(2部相当)に昇格する。
最下位のチームはさらにひとつ下のリーグに降格。

日本は3戦を終えて2勝1敗の3位。
1位 ルーマニア 7ポイント 1勝2OT勝
2位 ポーランド 7ポイント 2勝1OT敗
3位 日本 6ポイント 2勝1敗
(60分勝ちで3ポイント、OT勝ち2、OT負け1、負け0)

5試合の短期決戦、優勝にはもう一つも負けられない。
3戦目の相手は最下位のオランダ。得点3失点20と他チームの草刈場。
2年前の大会では6-1で日本が快勝している。

先発GKは、畑 享和(Hata Michikazu)。



過去3試合のオランダの結果を見れば、ここで日本は快勝して最終戦のポーランド戦に優勝の望みをつなぐと思っていたが・・・

序盤からオランダの積極的な攻めに受身に立ち、先行されてしまう。

日本も反攻、第3ピリオドは圧倒的なシュート数で迫るも及ばず。
日本は2−3でオランダにまさかの敗戦。

その後におこなわれた試合で、ルーマニアとポーランドが勝ち、日本の優勝の可能性は消えた。
同時にウクライナ、エストニアが敗れて、日本の残留が確定した。

最終戦のポーランド戦は観戦するか不明(現在、そんな熱意はない)。

日本代表の予定:日本時間
4/28(日) 日本 3-2 ウクライナ
4/29(月)日本 2-3 ルーマニア
5/1(水)日本 5-2 エストニア
5/2(木)日本 2-3 オランダ
5/4(土)ポーランド 22時30分

nice!(11)  コメント(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。