So-net無料ブログ作成

キャプテン・パヴェルスキーはサンノゼを去りダラスへ [San Jose Sharks]

現地7月1日からフリーエージェント資格を持つ選手がフリーになるのにあわせ、NHL(ナショナル・アイスホッケーリーグ)では続々と再契約・新チームと契約する選手たちのニュースが流れる。

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)ではフリーエージェント資格をもつ選手のうち、FWティモ・マイヤー(Timo Meier)が新たにシャークスと4年契約、DFティム・ヒード(Tim Heed)と1年契約を結んだことを発表。




逆に、FWドンスコイ(Joonas Donskoi)はコロラド・アヴァランチ、
FWナイクエスト(Gustav Nyquist)はコロンバス・ブルージャケッツ、
DFライアン(Joakim Ryan)はロサンゼルス・キングスと契約を結び新天地へ。


そして、最大のニュースはキャプテンのジョー・パヴェルスキー(Joe Pavelski)が13シーズンを過ごしたサンノゼを去り、新天地ダラス・スターズ(Dallas Stars)と3年契約を結ぶことに。

パヴェルスキーは35歳のアメリカ人。
2003年のドラフトでシャークスに指名され(全体205番目)
2006-07シーズンにNHLデビューを果たすと、以降シャークス一筋でプレー。

アメリカ人選手として初めてシャークスのキャプテンとなり、チームの勝利に大きく貢献してきた。
それだけに、年齢的にも最後の契約を結びシャークスの選手として現役を全うするとばかり思っていたが・・・

公式の説明はないが、地元ジャーナリストによるとパヴェルスキーは3年契約を望んだが、シャークスからは2年までしか提示されなかったようだ。
シャークスとしては35歳の選手と長期契約を望まなかったと思われる。

成績も衰える気配もなく活躍しているだけに、個人的にはチームの判断は非常に残念。
将来、引退時にはシャークスのユニフォームを着ている姿を見たい。

パヴェルスキーをはじめ、サンノゼを去る選手たちの新天地での活躍を期待する。



nice!(21)  コメント(0) 

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。