So-net無料ブログ作成

高校野球秋田大会決勝は 明桜 対 秋田中央 [野球]

20日土曜日はテレビで全国高校野球選手権秋田大会の準決勝を観戦。

第1試合は明桜が角館に完封勝ち(2−0)。
第2試合は秋田中央が序盤から能代を圧倒、5回コールド勝ち(10−0)。

第101回全国高校野球選手権秋田大会の決勝は21日におこなわれる。

2年ぶりの出場を目指す

私立明桜高校(めいおう。旧・秋田経済法科大学附属高校)は3年連続の決勝進出。
春季大会で県大会優勝、東北地区大会で準優勝した第1シード校。
過去、夏は9回、春は5回、甲子園に出場。2年ぶり10回目の出場を目指す。

45年ぶりの甲子園出場を目指す

第3シード校の県立秋田中央高校(旧称・秋田市立高校。1982年に県立校となり現校名に改称)は2011年以来、8年ぶりの決勝進出(能代商業に3-6で敗れている)。

甲子園出場は過去4回(すべて市立時代。1968, 71, 72, 74年)
県立移管後初、45年ぶりの甲子園出場を目指す。

ここまで両校の試合を何試合か見たが、接戦が予想され楽しみ。

nice!(13)  コメント(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。