So-net無料ブログ作成

シャークス、マーローを大きな祝福で迎える。チームは連勝!! [San Jose Sharks]

東海岸遠征から帰還したサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
現地10月30日、6試合ぶりのホームでトロント・メープルリーフス(Toronto Maple Leafs)と対戦。

この試合、昨シーズンまで20年間ににわたってチームの主力として活躍した
FWパトリック・マーロー(#12 Patrick Marleau)が移籍後、初めてサンノゼのアリーナに登場。
数々のチームの記録を持ち、大きな貢献を果たしたマーローを大きな歓声で出迎える。

マーローは1997年ドラフトでシャークスに1位(全体2位)で指名される。
1年目から活躍、在籍していた昨季までにチームの通算最多記録の残している。
最多出場(1,493)、最多ゴール(508)、最多ポイント(1,082)。



ゴーリー(GK)先発はマーティン・ジョーンズ(#31 Mrtin Jones)。

第1ピリオド
先制はメープルリーフス。
12分、昨夏のドラフト全体1位、すでにチームの看板選手となっている
FWオーストン・マシューズ(#34 Auston Matthews)が今季9ゴール目(0-1)。

第2ピリオド:
1点差を追うシャークスは、7分にキャプテン・パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)がごrーう前であわせて追いつく(1-1)。

第3ピリオド:
4分、DFティム・ヒード(#72 Time Heed)の強烈な一撃で勝ち越し(2-1)。

17分過ぎには6人攻撃のメープルリーフスの無人のゴールに
ジョー・ウォード(#42 Joe Ward)が今季初ゴールで勝負あり(3-1)。

その後、メープルリーフスに1点を奪われたが、
ショット数で大きく上回る(39対18)シャークスが3-2で快勝。

サンノゼ・シャークスの通算成績は11試合6勝5敗(12ポイント)。

現地11月1日、ナッシュビル・プレデターズを迎え撃つ。


nice!(13)  コメント(0) 

シャークス、GKデル好守、クチュールが決勝ゴール [San Jose Sharks]

10月29日午前2時(日本時間)、睡魔と戦いながらパソコンでライブ視聴(終了後昼まで爆睡)。

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は東海岸遠征中。
現地10月28日、遠征最終戦はバッファロー・セイバーズ(Baffalo Sabres)と対戦。

セイバーズとは今季2度目の対戦。前回はサンノゼでシャークスが3-2で勝利している。

ゴーリー(GK)先発はアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



第1ピリオド:

9分、シャークスはドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)がパックを奪うと
センターラインから一人で持ち込み先制ゴール!

セイバーズのゴール・チャンスもデルが好守でシャットアウト。

終了3分前、ドンスコイのペナルティによるキルプレーから失点....と思われたが
ゴール直前のプレーでゴールキーパーとセイバーズ選手の接触があったと、
シャークス側のコーチズ・チャレンジが通りノー・ゴールの判定。
確かにこの接触プレーによりショットへの反応が遅れたように思う。
地元セイバーズの観客からはブーイング。

第2ピリオド:

開始早々、シャークスはペナルティによりキルプレーのピンチ。
GKデルの再三の好守で凌いでいたが、とうとう追いつかれる(1-1)。

14分、セイバーズが勝ち越しのゴール(1-2)。
残り2分、シャークスはパワープレーのチャンスを得ると、
パワープレー終了直後、残り12秒にティアニー(#50 Chris Tierney)のゴールで追いつく(2-2)!!

第3ピリオド:

一進一退の攻防がつづく。
残り4分、チームのトップ・スコアラーである好調クチュール(#39 Logan Coture)が
ハートル(#48 Tomas hertl)のコンビネーションで左サイドを突破してゴールを叩き込む(今季8ゴール目)!!!
これが決勝ゴールとなり、シャークスが3-2でセイバーズに勝利。


GKアーロン・デルの好守が光った試合だった。デルは今季初勝利。

サンノゼ・シャークスの通算成績は10試合5勝5敗(10ポイント)。

次戦は地元カリフォルニア州サンノゼに帰還。
30日(日本31日)にトロント・メープルリーフスと今季初対戦する。

nice!(18)  コメント(0) 

シャークス、ブルーインズに1-2で敗れる [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は東海岸遠征中。

現地10月26日、遠征4戦目はボストン・ブルーインズ(Boston Bruins)と対戦。

ゴーリー(GK)先発はマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

ブルーインズに先制されたシャークスは、
ベテランFWジョー・ソーントン(#12 John Thornton)の今季初ゴールで追いつくも
ブルーインズに勝ち越されると、1ゴールが遠く1-2で敗れた。

サンノゼ・シャークスの通算成績は9試合4勝5敗(8ポイント)。

次戦は翌28日(日本29日午前2時)、
今回の東海岸遠征最終戦としてバッファロー・セイバーズと対戦する。



nice!(14)  コメント(2) 

プロ野球・ドラフト会議2017 秋田県編 藤井投手は広島育成指名 [野球]

10月26日におこなわれたプロ野球・ドラフト会議。
最も注目された高校通算111本塁打の清宮幸太郎・内野手(早稲田実業高校)は
7球団の競合の末、北海道日本ハムファイターズが指名権を獲得。

大曲工・藤井投手は広島育成

秋田県出身者では唯一人、
藤井黎來(れいら)投手(大曲工業高校)が
広島東洋カープが育成ドラフト2巡目に指名された。

大曲工業高校からのプロ野球入りは初めて。

藤井黎來投手は最速145キロ(181cm, 85kg)の右腕。
2年時の昨年夏の甲子園に出場(初戦で強豪・花咲徳栄に敗れた)。

3年生となった今年の夏は甲子園出場はならなかったが
県予選ではノーヒットノーランを記録している(準決勝で明桜高校に敗退)。

仙台育英・長谷川拓帆投手は社会人TDKへ

秋田市出身の長谷川拓帆・投手(仙台育英高校)は最速143キロの左腕(178cm, 82kg)。

今年の甲子園大会に春・夏連続出場。
夏は春優勝の大阪桐蔭高校に被安打6失点1で完投勝ち、ベスト8まで進出。

プロ志望も、今ドラフトでは残念ながら指名されず。

地元・秋田県に戻り、TDK(野球部は秋田県にかほ市)に進みプロ入りを目指す。

nice!(11)  コメント(2) 

シャークス、ティム・ヒードのNHL初ゴールらでレンジャーズに快勝 [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は東海岸遠征中。

現地10月23日、遠征3戦目はニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン
ニューヨーク・レンジャーズ(New York Rangers)と対戦。

ゴーリー(GK)先発はマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

第1ピリオド:
シャークスは開始2分、好調ローガン・クチュール(#39 Logan Couture)のゴールで先制!
さらに12分、右サイドを駆け上がったDFティム・ヒード(#72 Tim Heed)がゴール!!(2−0)
NHL2年目のティム・ヒードにとり、これが記念すべきNHL初ゴール(昨季の出場は1試合のみ)。

tim_heed_sharks72.jpg

第2ピリオド:
終了間際の19分、FWヨーナス・ドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)のゴールで、レンジャーズを突き放す!!!(3−0)

第3ピリオド:
立ち上がり2分過ぎのレンジャーズのゴール裏。
クチュールがゴールキーパーからパックを奪いパス
それをFWメルカー・カールソン(#68 Melker Karlsson)が決めてゴール!!!!(4−0)


シャークスはGKマーティン・ジョーンズの好守もあり
レンジャーズの攻撃を1点に抑え、レンジャーズに4-1で快勝。

サンノゼ・シャークスの通算成績は8試合4勝4敗(8ポイント)。

次戦は翌26日(日本27日)、ボストン・ブルーインズと対戦する。


nice!(16)  コメント(0) 

シャークス、クチュールのハットトリックも及ばず敗れる [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は東海岸遠征中。

遠征の2戦目は今季2度目の対戦となるニューヨーク・アイランダーズ(New York Islanders)
前回は本拠地サンノゼで対戦し敗れている(1-3で逆転負け)。

ゴーリー(GK)先発はアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



第1ピリオド:
地元アイランダーズの方がやや攻勢も
シャークスGKデルの好守により無失点。スコアレスで第2ピリオドへ。

第2ピリオド:
均衡を破ったのはシャークス!
6分、DFブレント・バーンズ(#88 Brent Burns)のショットに
FWローガン・クチュール(#39 Logan Courure)があわせて先制(1-0)。

しかし、1分後にアイランダーズに追いつかれると
さらに、自陣内でパスをインターセプトされ逆転されてしまう。
先制ゴールからわずか2分間で2失点...(1-2)。

右サイドを駆け上がったハンセン(#36 jannik Hansen)のパスを受けたクチュールが一閃!
クチュールのこの試合2ゴール目でシャークスが同点に追いつく。

第3ピリオド:
3分過ぎ、アイランダーズが勝ち越し(2-3)。
11分、さらにアイランダーズが追加点...(2-4)。
残り2分、シャークスはクチュールのハットトリックで1点差に!
GKを下げて6人攻撃で最後の追撃を試みるも....無人のゴールに決められ万事休す。

ローガン・クチュールの通算2度目のハットトリックも及ばず、シャークスは3-5で敗れた。

サンノゼ・シャークスの通算成績は7試合3勝4敗(6ポイント)。

次戦は翌23日(日本24日)、ニューヨーク・レンジャーズと対戦する。

nice!(11)  コメント(0) 

シャークス、デビルズに完封勝ちで連勝!! [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
現地20日(日本時間21日)から5試合の東海岸遠征へ。

シャークスは開幕からの5試合すべてを本拠地サンノゼで行なったが、
ここまで2勝3敗といまひとつ。今季最初のアウェイでの対戦相手は...

遠征の初戦は開幕前の低評価を覆し
好調(7試合6勝)な滑り出しのニュージャージー・デビルズ(New jersey Devils)

■ニコ・ヒッシャー NHL初ゴール

今夏のドラフトで全体1位だったデビルズのFWニコ・ヒッシャー(#13 Nico Hischier)。
開幕からレギュラーとして定着、前日19日のオタワ・セネターズ戦では
記念すべきファースト・ゴールも記録している(7試合出場、2ゴール、5アシスト)。
ニコ・ヒッシャーはスイス出身の18歳。



ゴーリー(GK)先発はマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

第1ピリオド:
開始早々にティモ・マイヤーが脱け出しゴールキーパーと一対一のチャンス。
しかし、ここはデビルズGKキンケイド(#1 Keith Kinkaid)に軍配。
14分、シャークスはメルカー・カールソン(#68 Melker Karlsson)のゴールで先制!

第2ピリオド:
5分、シャークスはパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)がGK前であわせて追加点(2-0)!!
終了1分前にはドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)が持ち込みショット!
これはGKキンケイドに弾かれるが、リバウンドを自ら押し込み今季初ゴール!!!
3-0とデビルズを突き放す。

第3ピリオド:
その後も危なげない試合運びでデビルズの反撃をシャットアウト。
シャークスが3-0でデビルズに完封勝ちで連勝。

サンノゼ・シャークスの通算成績は6試合3勝3敗(6ポイント)。

次戦は翌21日(日本22日)、ニューヨーク・アイランダーズと対戦する。



nice!(15)  コメント(0) 

シャークス、クチュール2発弾!! カナディアンズに勝利 [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
ホームにモントリオール・カナディアンズ(Montreal Canadiens)を迎え撃った。

ゴーリー(GK)先発はマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

第1ピリオド:
3分、シャークスはFWローガン・クチュール(#39 Logan Couture)が先制弾!
しかし、そのわずか16秒後には同点に追いつかれる。

第2ピリオド:
開始1分弱、相手選手の体に当たってシャークスが勝ち越し。
得点者はジョー・パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)、今季初ゴール(2−1)。
さらに8分にトマス・ハートル(#48 Tomas Hertl)のゴールで突き放す(3−1)。

カナディアンズのシェア・ウェーバー(Shea Weber)の強烈な一撃で詰め寄られるが
13分、クチュールがゴール前での混戦からリバウンドを叩き込み、再び突き放す(4−2)。

第3ピリオド:
19分、ジョー・ソーントン(#19 Joe Thornton)が無人の今季初ゴールでとどめ。

シャークスが5−2でカナディアンズに勝利。



この試合で2年目のスウェーデン人ディフェンスマン(昨季は1試合の出場)
ティム・ヒード(#72 Tim Heed)がNHLでの初アシスト(ポイント)を記録している。
北米1年目の昨季はマイナーのサンノゼ・バラクーダが主戦場、今季はNHLでの活躍に期待。

サンノゼ・シャークスの通算成績は5試合2勝3敗(4ポイント)。

開幕から5試合をホームでおこなったシャークスは、
次戦から東海岸遠征(5試合)。20日(日本21日)は好調ニュージャージー・デビルズと対戦する。

nice!(16)  コメント(0) 

「武田氏滅亡」平山優・著(角川選書)読了 [日本史]

戦国武将・武田信玄の後継者・武田勝頼。
1582年、織田信長・徳川家康らの侵攻により滅亡した武田勝頼。
その武田勝頼の足跡を検証し記した大作。
約700ページの読み応えのある一冊だった。

アマゾンの電子書籍kindle版で購入。
紙版の 3,024円に対し、電子版は 1,210円とお買い得だった。

「武田氏滅亡」平山 優・著(角川選書)

<目 次>
序 章 諏訪勝頼から武田勝頼へ
第一章 長篠合戦への道
第二章 織田・徳川の攻勢と武田勝頼
第三章 甲相越三国和睦構想と甲相同盟
第四章 御館の乱と武田勝頼
第五章 甲相同盟の決裂と武田勝頼
第六章 苦悩する武田勝頼
第七章 武田勝頼と北条氏政の死闘
第八章 斜陽
第九章 武田氏滅亡
第十章 勝者のふるまい
終 章 残響

nice!(15)  コメント(0) 

サンノゼ・シャークス、アイランダーズに逆転負け [San Jose Sharks]

3戦目で今シーズンの初勝利をあげたサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
ホームにニューヨーク・アイランダーズ(New York Islanders)を迎え撃った。

ゴーリー(GK)は今季初先発(2戦目で途中出場)のアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。

第1ピリオド:
4分過ぎ、パワープレーのチャンスを得ると
ケヴィン・ラバンク(#62 Kevin Labanc)のゴールでシャークスが先制!
17分、アイランダーズに追いつかれ、1-1の同点で第2ピリオドへ。

第2ピリオド:
6分過ぎにアイランダーズが追加点(1-2)。
シャークスは1点差を追いかけて第3ピリオドへ。

第3ピリオド:
シャークスの猛反撃もゴールは遠く...
最後の6人攻撃も実らず、無人のゴールに決められ1−3で敗れた。

通算成績は4試合1勝3敗(2ポイント)。

次戦は17日(日本18日)にホームでモントリオール・カナディアンズと対戦する。



nice!(15)  コメント(0)