So-net無料ブログ作成

シャークス GKマーティン・ジョーンズ完封勝ちで通算100勝を飾る [San Jose Sharks]

現地23日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
クリスマス・ブレイク前(24日から26日は試合なし)の試合を本拠地サンノゼで、ロサンゼルス・キングス(Los Angeles Kings)と対戦した。

好調キングスは、ここ13試合で10勝、パシフィック・ディビジョン首位を快走。

シャークス負傷欠場選手:
FW ローガン・クチュール(Logan Couture)、バークレー・グッドロウ(Barclay Goodrow)

チームのトップ・スコアラーのクチュールは、相手選手のタックルにより負傷欠場中(脳震盪)。

シャークスの先発ゴーリー(GK)はマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。
キングスはシャークスの前に所属していたチーム。
これまでキングスとの対戦成績は12試合7勝3敗2OT敗。
ここ6試合で1勝3敗2OT敗、それぞれの試合で4失点以上と精彩を欠いている。



同じディビジョン、同じカリフォルニア州のライバルにふさわしい激しい攻防を展開。
ジョーンズ(シャークス)&ジョナサン・クイック(キングス)両GKの好守もあり、
第2ピリオド半ばまで両チーム無得点の状態の均衡がつづく・・・

その均衡を破ったのはシャークス!
第2ピリオド10分、マーカス・ソレンセン(#20 Marcus Srensen)のゴールで先制!
地元アリーナの観客も「BEAT LA!」のコールでシャークスを後押し。

第3ピリオド、7分にシャークスはバーンズ(#88 Brent Burns)のショットに
パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)が合わせて追加点をあげキングスを突き放す(2-0)。

終盤に進むにつれ両チームのプレーもいっそう烈しくなる。
選手同士の取っ組み合いも度々おこりヒートアップ。

試合はキングスの反撃を抑え、シャークスが2-0で完封勝ち。

■GKジョーンズ通算100勝を達成

シャークスGKマーティン・ジョーンズは今季3度目(通算18度目)のシャットアウト。
NHL通算100勝目を達成した(5シーズン188試合)。

martin30jones20171223.jpg

ジョーンズは1990年1月10日生まれの27歳。
カナダのブリティッシュ・コロンビア州ノース・バンクーバー出身。
2013年12月3日、キングスの選手としてアナハイム・ダックス戦でNHLデビューを果たす。
キングス時代は2シーズン、名手ジョナサン・クイック(Jonathan Quick)の
控えGKとして34試合に出場、16勝をあげている(完封勝利数は7)。

2015年夏にシャークスに移籍。シャークス1年目から守護神として活躍。
シャークス初のウェスタン・カンファレンス・チャンピオン&スタンレーカップ・ファイナル出場に大きな貢献を果たした。
シャークスでは現在3シーズン目、154試合に出場し84勝をあげている(完封勝利数 11)。



サンノゼ・シャークスの通算成績は34試合19勝11敗4OT敗(42ポイント)。
 パシフィック・ディビジョン3位、プレイオフ出場圏内を堅持。

次戦は現地28日、本拠地サンノゼでカルガリー・フレームスと対戦する。

nice!(17)  コメント(0)