So-net無料ブログ作成

シャークス ペンギンズに逆転負け マルキンがハットトリック!!! [San Jose Sharks]

NHLはオールスター・ゲームを終えリーグ戦が再開。
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)はロード(遠征)へ出発。
現地30日、ピッツバーグ・ペンギンズ(Pittsburgh Penguins)と対戦。
前回の対戦はサンノゼで地元シャークスが勝利している。

シャークス負傷欠場:
FW ジョー・ソーントン(#19 Joe Thornton)

シャークスの先発ゴーリー(GK)は、負傷から復帰したマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



第1ピリオド、先制は地元ペンギンズ。
シャークス も反撃、第2ピリオドにバーンズ(#88 Brent Burns)、クチュール(#39 Logan Couture)のゴールで逆転(2-1)。

しかし、その後ペンギンズのFWエフゲニー・マルキン(#71 Evgeni Malkin)のハットトリックらで逆転負けを喫した(2-5)。
マルキンのハットトリックは通算12回目。



■シャークス 二つの不安材料

負傷から復帰したGKジョーンズ。今季は昨季まで2シーズンに比べ不調気味。
この試合でも自らの不用意なパスが原因で失点・・・。
プレイオフ出場を巡り、より激しい戦いがおこなわれる後半戦。
ソーントンの負傷欠場とともにチームにとって大きな不安材料だ。

サンノゼ・シャークスの通算成績は49試合26勝16敗7OT敗(59ポイント)。
パシフィック・ディビジョン2位、プレイオフ出場圏内を維持。

次戦は現地31日、”ホッケータウン”デトロイトに移動しレッドウィングスと対戦する。

nice!(13)  コメント(0) 

NHLオールスター2018・ハイライト 2019年はサンノゼで開催 [San Jose Sharks]

この週末(現地27日・28日)にタンパベイで開催されたNHLのオールスター・ゲーム。
サンノゼ・シャークスからはDFブレント・バーンズ(#88 Brent Burns)が出場(5回目)。

そして、NHLコミッショナーから次回(2019年)は
サンノゼ・シャークスの本拠地サンノゼで開催されることが発表された。

allstar_sanjose2019.jpg

出場選手たちがスキルを競うイベントのハイライト


オールスター・ゲームのハイライト


nice!(21)  コメント(0) 

21世紀枠で由利工業高校が甲子園初出場 [野球]

1月26日、第90回選抜高校野球大会の出場校に発表された(3月23日開幕)。

秋田県では選抜される可能性があったのは二校。

秋季東北大会でベスト4の能代松陽高校(能代市)と、
21世紀枠の東北地区推薦の由利工業高校(由利本荘市)。

個人的には今回の秋田県からの出場校は難しいと思っていが。

前者の能代松陽は、準決勝で優勝した聖光学院(福島県)に大敗。

東北地区の3つの枠は順当に、
聖光学院、花巻東(岩手県・準優勝)、日大山形(山形県・ベスト4)が選抜。

21世紀枠の三校に、由利工業の名前が!

由利工業は昨年の秋季大会、
最速142キロの右腕・佐藤亜蓮投手らを擁して
中央地区(秋田市・由利本荘市ほか)で2連覇、県大会ではベスト4。

第3代表として、創部56年目で東北大会に初出場。
初戦、弘前東(青森県第2代表)に9回表に3点を奪い逆転勝ち(5-4)。
準々決勝は、準優勝の花巻東に2-4で敗れた。

由利工業高校は1962年創立の県立高。
校訓は「自律・創造・誠実」。
機械・電気・環境システム・建築科がある。
甲子園大会出場は春・夏つうじて初めて。

甲子園では、かなり厳しい試合が予想されるが健闘を期待する。

nice!(20)  コメント(0) 

シャークス 追撃及ばずレンジャーズに敗れる [San Jose Sharks]

週末にオールスター・ゲームが開催されるNHL。
その直前となる試合、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
現地25日に地元サンノゼでニューヨーク・レンジャーズ(New York Rangers)と対戦。
レンジャーズとは今季2度目の対戦(シャークスの1勝)。

シャークス負傷欠場:
GK マーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)
FW ジョー・ソーントン(#19 Joe Thornton)

シャークスは前試合のジェッツ戦で、
38歳ながら今季もここまでチームの勝利に大きく貢献している
ジョー・ソーントン(#19 Joe Thornton)が右膝を負傷。
2週間ほど戦列を離れる見込み。チームにとって大きな痛手。

GKマーティン・ジョーンズは練習に復帰。
mjones180125.jpg

シャークスの先発ゴーリー(GK)はアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。ここ5試合で4勝1敗。



先制は第1ピリオド5分、レンジャーズ。
しかし、シャークスもその1分後にグッドロウ(Barclay Goodrow)のゴールで追いつく。
10分、クチュール(#39 Logan Couture)がチーム・トップの19ゴール目で勝ち越し(2-1)。
残り2分、ゴール前でレンジャーズ選手をフリーにしてしまい失点(2-2)追いつかれる。

第2ピリオド、2分30秒過ぎ。再びクチュール!!
その後、レンジャーズに11分、12分と連続ゴールを奪われ逆転される(3-4)。
さらにパワープレーのチャンスに逆に失点・・・(3-5)。

第3ピリオド、追いかけるシャークス。
10分、左サイドからのヴラシク(#44 Marc-Edouard Vlasic)のショットがネットを揺らし1点差(4-5)。
その後も激しく攻めるが・・・残り1分50秒に痛い失点を喫する(4-6)。

あきらめないシャークスはGKを下げて6人攻撃へ。
ハートル(#48 Tomas Hertl)がゴールを決めて残り50秒で1点差に迫るが・・・

シャークスは5-6でレンジャーズに逆転負け。

サンノゼ・シャークスの通算成績は48試合26勝15敗7OT敗(59ポイント)。
パシフィック・ディビジョン2位、プレイオフ出場圏内を維持。

オールスター・ゲーム後、シャークスは2月6日まで遠征へ。
次戦は現地30日、ピッツバーグ・ペンギンズと対戦する。

nice!(10)  コメント(0) 

シャークス 3点差を追いつくも延長戦で敗れる [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は現地23日
地元サンノゼでウィニペグ・ジェッツ(Winnipeg Jets)と対戦。
好調ジェッツはウェスタン・カンファレンスのセントラル・ディビジョンの首位。

シャークス負傷欠場:
GK マーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)
FW ヨーナス・ドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)

シャークスの先発ゴーリー(GK)はアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



第1ピリオド、ジェッツが3連続ゴールと大きく先行する。
シャークスは終了間際にパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)のゴールで1点を返す(1-3)。

第2ピリオド、シャークスはクチュール(#39 Logan Couture)の鮮やかなゴール!


さらにソーントン(#19 Joe Thornton)からのパスをティアニーが叩き込み追いつく(3-3)。

第3ピリオド、ジェッツが1点を勝ち越すも、
シャークスは残り5分を切ったところでマイヤー(#28 Timo Meier)のゴールで同点(4-4)。
決着はオーバータイム(延長戦)へ。

オーバータイム開始わずか18秒・・・ジェッツが決勝ゴール。
シャークスは4-5で敗れた(勝ち点1は獲得)。

サンノゼ・シャークスの通算成績は47試合26勝14敗7OT敗(59ポイント)。
パシフィック・ディビジョン2位、プレイオフ出場圏内を維持。

次戦は現地25日、オールスター前の最終試合。
地元サンノゼでニューヨーク・レンジャーズと対戦する。

nice!(16)  コメント(0) 

シャークス 終盤突き放しダックスに勝利 [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は現地20日
地元サンノゼでのピッツバーグ・ペンギンズ戦を終えると
同じカリフォルニア州のアナハイムへ移動、アナハイム・ダックス(Anaheim Ducks)と対戦。

シャークス負傷欠場:
GK マーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)

シャークスの先発ゴーリー(GK)はアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



試合はシャークスがヴラシク(#44 Marc-Edouard Vlasic)のゴールを皮切りに
ラバンク(#62 Kevin Labanc)、ボドカー(#89 Mikkel Boedker)のゴールで3−0と優位に。

その後、反撃するダックスに連続ゴールで1点差まで迫られるも
第3ピリオドにソーントン(#19 Joe THornton)、再びボドカー、カールソン(#68 Melker Karlsson)のゴールで突き放す。

シャークスはダックに6−2で勝利をあげた。

サンノゼ・シャークスの通算成績は46試合26勝14敗6OT敗(58ポイント)。
パシフィック・ディビジョン2位、プレイオフ出場圏内を維持。

次戦は現地23日、地元サンノゼで好調ウィニペグ・ジェッツと対戦する。
nice!(17)  コメント(0) 

シャークス ハートルが決勝ゴール、ペンギンズに勝利 [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は遠征を終え本拠地サンノゼに帰還。
現地20日、NHL2連覇中のピッツバーグ・ペンギンズ(Pittsburgh Penguins)と対戦。

シャークス負傷欠場:
GK マーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)

欠場のジョーンズに代わり、アフェリエイト(提携)チームであるAHLの
サンノゼ・バラクーダ(San Jose Barracuda)からトロイ・グロセニック(Troy Grosenick)を招集。

シャークスの先発ゴーリー(GK)はアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。
ペンギンズの先発GKは、ルーキーのケイシー・デスミス(#1 Casey DeSmith)。



第1ピリオド3分、先制はペンギンズ(#43 Conor Sheary)。
追うシャークスは17分、パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)のパスを受けた
マイヤー(#28 Timo Meier)のゴールで同点に(1−1)。

両チーム一進一退の攻防がつづく。

同点(1-1)で迎えた第3ピリオド開始早々に
シャークスはトマス・ハートル(#48 Tomas Hertl)のゴールで勝ち越し。

その後ペンギンズの反撃を抑え、シャークス が2-1で勝利をあげた。

サンノゼ・シャークスの通算成績は45試合25勝14敗6OT敗(56ポイント)。
パシフィック・ディビジョン2位、プレイオフ出場圏内を維持。

次戦は現地翌21日、アナハイム・ダックスと対戦する。

nice!(15)  コメント(0) 

シャークス 追い上げ及ばず...前半の失点響く [San Jose Sharks]

現地1月18日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は遠征中。
コロラド州デンバーに乗り込みコロラド・アバランチ(Colorado Avalanche)と対戦。
アバランチは現在7連勝中と絶好調。
ここ16試合で12勝とプレイオフ出場圏内を狙える位置まで下位から急浮上(勝ち点 51)。

シャークスは4連勝を目指す(勝ち点 54)。勝利をあげて勝ち点差を拡げたい。

シャークスの先発ゴーリー(GK)はマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



第1ピリオド、ネイサン・マッキノン(#29 Nathan MacKinnon)の2ゴールらで
地元アバランチに3点を先行される(0−3)。

第2ピリオド早々にもアバランチに追加点をあげられ、0−4と大きく差を拡げられる。

シャークスも反撃。
第2ピリオドにティモ・マイヤー(#28 Timo Meier)のゴールで1点を返す。
第3ピリオド、ヴラシク(#44 Marc-Edouard Vlasic)、ソーントン(#19 Joe Thornton)のゴールで1点差まで迫る(3−4)。

しかし、最後の6人攻撃は実らず、アバランチにエンプティ・ゴールを決められ万事休す。
シャークスは3-5で敗れ連勝ストップ。

サンノゼ・シャークスの通算成績は44試合24勝14敗6OT敗(54ポイント)。
パシフィック・ディビジョン2位、プレイオフ出場圏内を維持。

アバランチは8連勝でプレイオフ出場圏内に上がる。

次戦は現地20日、本拠地サンノゼに戻りピッツバーグ・ペンギンズと対戦する。

nice!(18)  コメント(0) 

シャークス SO戦を制し3連勝 [San Jose Sharks]

現地1月16日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は遠征中。
先週土曜日に延長戦まで戦ったアリゾナ・コヨーテズ(Arizona Coyotes)と対戦。
シャークスは3連勝を目指す。

シャークスの先発ゴーリー(GK)はアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



シャークスは第1ピリオドにソーントン(#19 Joe Thornton)、
第2ピリオドにボドカー(#89 Mikkel Boedker)のゴールで2点を先行。

しかし、その後コヨーテズに追いつかれ再びオーバータイム(延長戦)へ。
オーバータイムでも決着がつかず、シュートアウト(SO)戦へ突入。



GKデルはコヨーテズの3人をシャットアウト、
シャークスはパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)が決めて3−2で勝利!

サンノゼ・シャークスの通算成績は43試合24勝13敗6OT敗(54ポイント)。
 パシフィック・ディビジョン2位に上昇、プレイオフ出場圏内に復帰。

次戦は現地18日。デンバーに乗り込みコロラド・アバランチと対戦する。

nice!(17)  コメント(0) 

シャークス キングスに快勝 [San Jose Sharks]

現地1月15日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は遠征3連戦の初戦。
同じカリフォルニア州のライバル・ロサンゼルス・キングス(Los Angeles Kings)と対戦。
今季42試合目(全82試合)とシーズンも折り返し。

キングスの先発GKはクイック(Jonathan Quick)ではなく、控GKクーンパー(Darcy Kuemper)。
シャークスの先発ゴーリー(GK)はマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。
前の試合(コヨーテズ)では20分もたずに3失点を喫しベンチへ。雪辱を期す。



第1ピリオド、先制はシャークス!
ティアニー(#50 Chris Tierney)が今季11ゴール目を決める。

第2ピリオドには、グッドロウ(#23 Barclay Goodrow)がリバウンドを逃さず追加点(2-0)。

第3ピリオド、ボドカー(#89 Mikkel Boedker)のゴールで3-0と突き放すと
キングスの反撃を1点に抑え、最後は無人のゴールにソーントン(#12 Joe Thornton)がパックを流し込み締め。

シャークス がキングスに4−1で勝ち2連勝。

サンノゼ・シャークスの通算成績は42試合23勝13敗6OT敗(50ポイント)。
 パシフィック・ディビジョン4位、プレイオフ出場圏外。

次戦は現地16日。アリゾナ・コヨーテズと対戦する。

nice!(15)  コメント(0)