So-net無料ブログ作成

スマイルジャパン オリンピック初勝利 [アイスホッケー]

平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックのアイスホッケー女子競技。
日本(スマイルジャパン)は3回目の出場(長野、ソチ、平昌)。本大会はここまで未勝利(12戦12敗)。

日本はここまで、
第1戦でスウェーデンに1-2で惜敗。第2戦はスイスに1-3で敗れた。
いずれの試合も健闘はするも、以前から課題とされてきた決定力不足は解消されず。
強豪国の壁を破ることはできなかった。

予選最終戦は地元・韓国と北朝鮮の合同チーム(以下、韓国)。
韓国は予想通り、スイス、スウェーデン戦と連続大敗を喫した。
最近の対戦を考えても日本の勝利は疑いがない(勝って当たり前)相手。

日本は先発GKに控えの #30 小西あかね を起用。

■日本 序盤に2ゴール

日本は試合開始4分で2ゴールと最高の滑り出し。
その後も終始、ショット数では韓国を大きく上回る(最終 44ー13)。

しかし、相変わらずの決定力不足で追加点を奪えず
徐々に地元の大声援を受ける韓国の健闘が目立つようになっていく。

第2ピリオド、9分に韓国がゴール(オリンピック初得点)。
日本は1点差に迫られるが・・・

第3ピリオド、11分、18分と、日本は2ゴールをあげて突き放し4-1で勝利。
アイスホッケー女子日本代表は、オリンピック出場3大会目(13試合目)で初勝利をあげた。

試合内容にやや不満は残るが、まずはオリンピックでの初勝利おめでとう!

<日本のゴール&アシスト>
第1ピリオド:1分 久保英恵(アシスト:床秦留可、浮田留衣)
第1ピリオド:3分 小野粧子(アシスト:獅子内美帆、小池詩織)
第3ピリオド:11分 小池詩織(アシスト:細山田茜、米山知奈)
第3ピリオド:58分 浮田留衣(アシスト:なし)

■日本は順位決定戦へ

この後、日本は順位決定戦(5位-8位)へ回り2試合を戦う。
試合は18日と20日、対戦相手は未定(決勝トーナメントの結果による)。
いずれにしても1戦目は欧州ランキング上位国との対戦。
ここまでの試合を見ると、善戦健闘しても欧州強豪国の壁を破るのは難しそうだが・・・

マイナー競技であるアイスホッケーがアピールする場としてオリンピックは最高の舞台。
日本代表(スマイルジャパン)の結果と記憶に残る戦いを期待する。

第1戦 2月10日 ● 日本 1-2 スウェーデン
第2戦 2月12日 ● 日本 1-3 スイス
第3戦 2月14日 ○ 日本 4-1 韓国・北朝鮮

順位決定予備選 2月18日(日曜) 日本 ー 未定
順位決定戦   2月20日(火曜) 日本 ー 未定

nice!(12)  コメント(3)