So-net無料ブログ作成

金足農業が11年ぶりの6回目の甲子園出場 [野球]

昨年と同じ対戦カードになった夏の高校野球秋田県大会決勝戦。
昨年優勝の明桜高校(めいおう 旧称・秋田経法大付属)と
近年は甲子園から遠ざかっている強豪・金足農業高校が対戦。

試合は金足農業のプロ注目の右腕・吉田輝星(こうせい)投手が明桜の強力打線を完封。

金足農業が2-0で勝ち、11年ぶりの6回目の優勝と甲子園出場を決めた。

5試合43イニングで57奪三振

大会前から評判だった吉田投手、テレビで何試合か見ることができたが
前評判どおりの安定した力強い投球だった。
今大会、5試合43イニングで奪三振数は「57」。

身長176cm、体重82kgのがっしりした体格でスタミナも十分そう。
最速150キロを記録したストレートに加え変化球も多彩。
全国大会での活躍も楽しみだ。

金足農業の甲子園での検討を期待したい。

2回戦 金足農業 2-0 秋田北鷹(ほくよう)
3回戦 金足農業 4-3 能代高校
準々決勝 金足農業 7-0 秋田商業
準決勝 金足農業 7-4 由利高校
決勝  金足農業 2-0 明桜高校  
nice!(18)  コメント(0)