So-net無料ブログ作成

シャークス 3連敗 [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は遠征中。
現地28日、トロント・メープルリーフス(Toronto Maple Leafs 以下、リーフス)と対戦。

リーフスとは今季2度目の対戦、前回サンノゼでは3-5で敗れている。
所属カンファレンスの違うリーフス、レギュラーシーズンでの対戦は今季最後となる。

シャークスはFWティモ・マイヤー(#28 Timo Meier)が欠場。
先発GKはアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



試合は地元リーフスが先行する展開、シャークスは及ばず3−5で敗れた。
今季のリーフス戦は2戦2敗で終了。リーフスは3連勝、シャークスは3連敗。

シャークスの次戦は現地12月1日、オタワ・セネターズと対戦する。

nice!(15)  コメント(0) 

シャークス 延長戦負け。セイバーズは10連勝 [San Jose Sharks]

遠征中のサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
現地27日、現在9連勝中と絶好調のバッファロー・セイバーズ(Buffalo Sabres)と対戦。

シャークス先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



2点差を追うシャークスはパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)の2ゴールで追いつくも
オーバータイムでセイバーズのスキナー(Jeff Skinner)に決勝ゴールを奪われ敗れた(2-3)。

セイバーズ低迷期から脱却なるか

セイバーズはチーム史上3度目の10連勝。
これまで1983-84と2006-07シーズンに10連勝を記録している。

セイバーズの若きキャプテン、ジャック・アイケル(Jack Eichel 22歳)は2015年ドラフト全体2位で入団。
1年目からチームの主軸として活躍するも、過去3シーズンはプレーオフに進めず。
そもそもセイバーズは2010-11シーズンを最後に、プレーオフから遠ざかり低迷が続いている。

今季は夏のドラフト全体1位の新人DFラスマス・ダリン(Rasmus Dahlin 18歳)
カロライナ・ハリケーンズから移籍したFWジェフ・スキナー(Jeff Skinner 26歳)ら
新戦力がチームの躍進に大きく貢献している。
この勢いを継続させて低迷期から脱却なるか!?



シャークスの次戦は現地28日、トロント・メープルリーフスと対戦する。

nice!(14)  コメント(0) 

シャークス ラスベガスで大敗 [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は5試合の遠征へ。
現地24日はラスベガスでベガス・ゴールデンナイツ(Vegas Golden Knights)と対戦。

両チームの対戦は今季初。
シャークスはパシフィック・ディヴィジョン首位、ゴールデンナイツは4位。

シャークスGKは前日のカナックス戦で完封勝利した
アーロン・デル(#30 Aaron Dell)が2日連続で先発出場。



第1ピリオド開始わずか14秒、やや不運な失点を喫すると
試合は地元ゴールデンナイツのペースで0-4と大きく引き離される。

その後も2点を追加され、前日の完封勝ちから一転、0−6で完封負けを喫した。

気を取り直して次戦からは東部へ移動。
バッファロー、トロント、オタワ、モントリオールで4試合。
まずは現地27日、バッファロー・セイバーズと対戦する。

ジェッツFWライネが1試合5ゴール

この日、ウィニペグ・ジェッツ(Winnipeg Jets)のゴール・ハンター
パトリック・ライネ(#29 Patrik Laine)が1試合5ゴールの大活躍!!!!!
ジェッツが8−4でセントルイス・ブルースに勝利をあげた。

ライネは今季19ゴールでリーグ1位。
ライネは20歳のフィンランド人、2016年ドラフトで全体2位指名。
今季3年目ながらジェッツを代表するスター選手の一人。
ここまで通算177試合出場で、99ゴール。通算100ゴールまであとひとつ。



nice!(17)  コメント(0) 

シャークス カナックスにシャットアウト勝ち [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は現地23日・24日
2日連続で同じパシフィック・ディヴィジョンのライバルと対戦。
23日は本拠地サンノゼでバンクーバー・カナックス(Vancouver Canucks)と対戦。

両チームの対戦は今季初。
シャークスはカナックスに過去10試合で9勝。ホームでは5連勝中。

シャークスはパシフィック・ディヴィジョンの2位、カナックスは5位。
カナックスは6連敗中、直近10試合で2勝と急落中。

シャークス先発GKはアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。



第1ピリオド、シャークスはパワープレーのチャンスを2回ものにして2-0とリード。
得点者はクチュール(#39 Logan Couture)、マイヤー(#28 Timo Meier)。

第3ピリオド、三度パワープレーでソーントン(#9 Joe Thornton)のパスを受けた
エリック・カールソン(#65 Erik Karlsson)がネットに突き刺し、3-0と突き放す。

さらにエリック・カールソン(#65 Erik Karlsson)が放ったロングショットに
メルカー・カールソン(#68 Melker Karlsson)がスティックをあわせてゴール!
スウェーデン人同性コンビのラリーで4-0と駄目押し。

シャークスGKデルは前回17日のブルース戦につづき
2試合連続で今季2回目の完封勝利をあげた(通算5回目)。



次戦は現地23日、ラスベガスでベガス・ゴールデンナイツと対戦する。

【追記】ルカシュ・ラディルがNHLデビュー
今年4月にシャークスと契約を結んだチェコ人フォワード
ルカシュ・ラディル(#52 Lukas Radil)が23日のカナックス戦でNHLデビューを果たした。
ラディルは1990年8月5日生まれの28歳のチェコ人。
チェコ国内リーグのプレーを経て、過去3シーズンはロシアKHLのスパルタク・モスクワでプレー。
2017年・18年とチェコ代表にも選ばれている。

nice!(14)  コメント(0) 

シャークス ヘッドコーチ交代のオイラーズに延長戦負け [San Jose Sharks]

サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は現地20日
本拠地サンノゼでエドモントン・オイラーズ(Edmonton Oilers)と対戦。

試合当日朝にヘッドコーチ交代劇

オイラーズはこの日、ヘッドコーチのトッド・マクレラン(Todd McLellan)を解任。
後任には通算勝利数が歴代3位(823勝)、スタンレーカップ獲得1回の名将ケン・ヒッチコック(Ken Hitchcock)が就任。
解任されたマクレランは今季4シーズン目、その前はシャークスのヘッドコーチを7シーズン務めた。

シャークス先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



試合開始わずか45秒、ドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)のゴールでシャークスが先制!

その後はオイラーズが追いつき、シャークス が突き放す展開に。

シャークスは常に先行しながら
最後はオイラーズに追いつかれて延長戦負けを喫した(3−4)。

オイラーズのヒッチコック・ヘッドコーチは就任直後の試合を白星で飾った。

マクデイヴィッド通算100ゴールを達成

この試合で、オイラーズFWコナー・マクデイヴィッド(#97 Connor McDavid)が通算100ゴールを達成。
マクデイヴィッドは1997年生まれ、21歳のカナダ人。
2015年ドラフトの全体1位指名選手で今季4シーズン目。
通算230試合出場、100ゴール、186アシストを記録しているNHLの若きスター選手。



次戦は現地23日、ホームでバンクーバー・カナックスと対戦する。

nice!(20)  コメント(0) 

シャークス エリック・カールソン今季初ゴール、ブルースに完封勝ち [San Jose Sharks]

現地15日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
本拠地サンノゼでトロント・メープルリーフス(Toronto Maple Leafs)にシーソーゲームの末敗れる。



17日、セントルイス・ブルース(St.Louis Blues)を本拠地SAPセンターに迎え撃った。
今季2度めの対戦、前回は敵地セントルイスで完封負けを喫している(0-4)。

シャークス先発GKはアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。

エリック・カールソン移籍後初ゴール

第2ピリオド3分、ブルースGKの弾いたパックを
シャークスDFエリック・カールソン(#65 Erik Karlsson)が叩き込み先制ゴール。
カールソンの今季初、シャークス移籍後公式戦初ゴール!



その3分後にはパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)、
さらにケイン(#9 Evander Kane)と連続3ゴールでブルースを一気に突き放す。

第3ピリオドには再びパヴェルスキーがダメ押しのゴールを決めて勝負あり!
シャークスが4−0でブルースに完封勝ち、前回の完封負けの雪辱を果たした。



シャークスGKデルは今季初完封(通算4回めの完封勝ち)。
クチュール(#39 Logan Couture)が3アシストの活躍。

次戦は現地20日、ホームでエドモントン・オイラーズと対戦する。

nice!(15)  コメント(0) 

シャークス ソーントン通算400ゴール!逆転勝ちで連勝 [San Jose Sharks]



現地11日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)
本拠地サンノゼで同地区のカルガリー・フレームス(Calgary Flames)
ケイン(#9 Evander Kane)、ドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)らのゴールで3-1と勝利をあげた。



13日、本拠地サンノゼでナッシュビル・プレデターズ(Nashville Predators)と対戦。

シャークスは18試合9勝6敗3OT敗。
プレデターズは17試合13勝3敗1OT敗。

プレデターズとは今季2回目の対戦(10月23日)。
シャークスが第3ピリオドに3点を奪い5-4で逆転勝ちしている。

シャークス先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 martin Jones)。

エリック・カールソンが通算400アシストを達成。
トーマス・ハートルが通算100アシストを達成。

第1ピリオド、シャークスはソレンセン(#20 Marcus Sorensen)のゴールを皮切りに
パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)、スーメラ(#40 Antti Suomela)のゴールで3-0と大きくリード!!!

パヴェルスキーのゴールで、エリック・カールソン(#65 Erik Karlsson)が通算400アシスト、ハートル(#48 Tomas Hertl)が通算100アシストを達成している。

第2ピリオドに入るとプレデターズが反撃。
フォースバーグ(Filip Forsberg)の2ゴール等で同点に追いつかれる。

第3ピリオド、プレデターズが勝ち越し(3−4)。
しかし、シャークスは”キャプテン”パヴェルスキーの豪快なゴールで追いつくと
その同点劇からわずか13秒後、ソーントン(#19 Joe Thornton)の通算400ゴールとなる決勝弾!!!!



シャークスが5-4でプレデターズに逆転勝ちで連勝。

次戦は現地15日、地元サンノゼにトロント・メープルリーフスを迎え撃つ。

nice!(15)  コメント(0) 

シャークス ブルースに完封負け [San Jose Sharks]

現地9日、サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)はダラスから
セントルイスに移動しセントルイス・ブルース(St.Louis Blues)と対戦。今季初対戦。
シャークスはここまで16試合8勝5敗3OT敗。

シャークス先発GKはアーロン・デル(#30 Aaron Dell)。今季5試合目の先発。



試合は0-4で完封負けを喫した(今季2回目、10/9 アイランダーズ戦)。
一方的な試合内容では無かったが、シャークスはブルース守備陣を崩せず。
第3ピリオド12分、0-4になった時点で視聴をやめた。

次戦は11日、本拠地サンノゼでカルガリー・フレームスと対戦する。

nice!(18)  コメント(0) 

シャークス ソーントン通算1500試合出場達成 [San Jose Sharks]

現地6日、地元サンノゼでミネソタ・ワイルド(Minnesota Wild)に4-3で
競り勝ったサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は2試合の遠征へ。



現地8日、テキサス州ダラスでダラス・スターズ(Dallas Stars)と対戦。

この試合でシャークスFWジョー・ソーントン(#19 Joe Thornton)が通算1,500試合出場を達成。
NHL史上、19人目! ダラスの観客もスタンディング・オペレーションで祝福。

シャークス先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

シャークスは1点差を追いGKを下げて6人攻撃。
エリック・カールソン(#65 Erik Karlsson)のロング・パスから
ソーントンがスターズGKと一対一のチャンスを得るも実らず。

スターズを大きく上回るショット数を放つも3-4で競り負けた。



この試合でシャークスDFブレント・バーンズ(#88 Brent Burns)が通算400アシストを達成している。

次戦は翌9日、セントルイス・ブルースと対戦する。

nice!(16)  コメント(0) 

シャークス ティモタイム!! マイヤーの決勝ゴールで勝利 [San Jose Sharks]

現地11月1日、ホームでコロンバス・ブルージャケッツ(Colonbus Blue Jackets)に1−4で敗れた
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)は現地11月3日
地元サンノゼでフィラデルフィア・フライヤーズ(Philadelphia Flyers)と対戦。

今季2回目の対戦、前回はフィラデルフィアでシャークスが8-2で圧勝している。

シャークス先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



試合は開始37秒に失点.
シャークスは3分にティモ・マイヤー(#28 Timo Meier)が同点ゴール。
その後フライヤーズがゴールを決め、1点差を追いかけて第2ピリオドへ。

第2ピリオド10分過ぎ、パワープレーのチャンスを得ると
ラバンク(#62 Kevin Labanc)のパスをパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)が決めて追いつく。
しかし、第2ピリオド終了間際に失点。2−3で最終ピリオドへ。

第3ピリオド、残り5分を切ったところで”ジャンボ”ソーントン(#19 Joe Thornton)が同点ゴール!

試合はオーバータイム(延長戦)へ。
開始13秒、クチュール(#39 Logan Couture)のパスをティモ・マイヤーが一閃!
この日2点目となる決勝ゴールとなりシャークスが4−3で勝利。



マイヤーは先制ゴールとオーバータイムで決勝ゴール、通算11ゴールはリーグトップに並ぶ。

ティモ・マイヤー(#28 Timo Meier)は1996年生まれの22歳。スイス人フォワード。
2015年ドラフトでシャークスが1巡目9番目(全体9位)で指名。
指名から2年目にNHLデビュー、デビューから3シーズン目となる今季14試合で11ゴール。
順調に成長を続けているシャークス期待の若手プレーヤーの一人。
nice!(14)  コメント(0)