So-net無料ブログ作成

アジアリーグ クレインズ敗れる。サハリンが初戴冠 [アイスホッケー]

サハリン(ロシア)と日本製紙クレインズ(日本)で争われたアジアリーグ・ファイナル。

ファイナルは5戦3勝先勝方式。

クレインズは地元・釧路での第1戦・2戦を連敗。

戦いの場をロシア・サハリンに移した第3戦。
クレインズは3-0とリードしながら、猛追するサハリンに試合終了間際に同点弾を浴び、試合はオーバータイム(延長戦)へ。

オーバータイムでは両チームとも慎重な戦いぶり。
20分間、無得点のままオーバータイムでは決着がつかず
再オーバータイムかと思われた終了間際、サハリンが決勝ゴール!

サハリンが4-3で勝ち、3連勝でクレインズを一蹴。
アジアリーグ参戦から5シーズン目で初優勝を飾った。

今季限りでの廃部が決まっている日本製紙クレインズの公式戦はこれで終了。

今月23・24日に東京・ダイドードリンコアリーナでイベント
アイスホッケーヒーローズ2019」が開催される。

24日の王子イーグルス戦が日本製紙クレインズの最終戦となり
十條製紙時代からの長い歴史に幕を閉じることになる
(1949年創部、日本アイスホッケーリーグには1974年から参戦。リーグは1966年創立)。

nice!(11)  コメント(0)