So-net無料ブログ作成

世界選手権2019 フィンランドが3回目の優勝 [アイスホッケー]

スロバキアで開催されていた男子アイスホッケーの世界選手権。
決勝が日本時間27日午前3時過ぎからおこなわれ
フィンランドがカナダを3-1で撃破、8年ぶり3回目の優勝を飾った。



毎年この時期に開催される世界選手権は、NHLのプレイオフと開催期間が重なるため
NHLプレイオフを勝ち上っているチームの選手は参加できない。

ただし、途中で敗れたチームの選手が
世界選手権開幕後に途中から参加するのは認められているのが他競技と異なるところ。

それぞれの代表チームにより、NHL選手でメンバーを揃えているチームもあれば
あえて国内組を中心に戦うチーム、NHL選手と未来のNHL候補生で構成するチームなど様々。

今年のフィンランドは国内組で構成されたチームで
NHL選手を揃えるロシア、カナダを撃破し見事に優勝を飾った。

決勝の前に3位決定戦がおこなわれ、ロシアがシュートアウト戦の末にチェコに勝ち銅メダル獲得。



フランス、オーストリアが下部ディヴィジョンに降格し
代わりにカザフスタンとベラルーシが来年はトップ・ディヴィジョンに昇格する。

今夏のドラフト候補が活躍

また、今大会では今年夏のNHLドラフトで1位指名が濃厚なFWジャック・ヒューズ(Jack Hughes アメリカ)と、2位指名が濃厚なFWカアポ・カッコ(Kaapo Kakko フィンランド)の出場も話題に。
1位指名権はニュージャージー・デビルズ、2位指名権はニューヨーク・レンジャーズ。



今大会ではカッコが期待に違わぬ大活躍。ヒューズを大きく上回る成績と強い印象を残した。
日本時間6月22日におこなわれるNHLドラフトも楽しみ。

nice!(20)  コメント(0) 

シャークス 敗れ今季終戦 [San Jose Sharks]

NHLスタンレーカップ・プレイオフ ウェスタン・カンファレンス・ファイナル。
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)はセントルイス・ブルース(ST.Louis Blues)と対戦。

5戦まで終えてシャークス は2勝3敗。ブルースに王手をかけられ後がない状態。
第6戦の舞台はブルースの本拠地セントルイス。

シャークスは前の試合で負傷したDFエリック・カールソン(#65 Erik Karlsson)、FWパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)、ハートル(#48 Tomas hertl)が欠場と厳しい状況。

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

試合はブルースが先行、シャークスは主力選手の負傷欠場の影響も大きく反撃実らず1-5で敗れた。

対戦成績は2勝4敗、シャークスは今シーズンの終戦を迎えた。

スタンレーカップ・ファイナル

ファイナルの組み合わせはリーグ創世記から参加する
オリジナル6のひとつボストン・ブルーインズ(Boston Bruins)と
最も長く優勝していないチームのセントルイス・ブルース(St.Louis Blues)。

ブルーインズは2013年以来となるファイナル進出。
2011年以来、7回目のスタンレーカップ優勝を目指す。

ブルースは1967-68シーズンからリーグに参加。
初年度から3年連続でファイナルまで進むが、いずれも1勝もできずに敗れている。
ファイナル進出は3度目の進出となった1970年以来、約50年ぶり4度目の進出。

スタンレーカップ・ファイナルは現地27日(日本は翌日)開幕する。

nice!(19)  コメント(2) 

王子・飛鳥山公園3つの博物館 [旅行・観光]

5月18・19日、東京にイベントとライブに行ったさい
空き時間に北区王子・飛鳥山公園と公園内の3つの博物館へ。

18日は東京に昼過ぎに到着。
京浜東北線に乗り換え人生初の北区に上陸。
好天に恵まれ、飛鳥山公園内は家族づれで賑わっていた。

飛鳥山公園にある3つの博物館:()内は訪れた日
紙の博物館(18日)
北区飛鳥山博物館(18日)
渋沢史料館(19日)

ticket_asukayama.png

最初に訪れた「紙の博物館」で3館共通券(720円。単館だと300円)を購入。有効期間は3ヶ月。

shibusawa.png

一番見たかったのは「渋沢資料館」で、
他の2つは、せっかくだから見ていこうぐらいの気持ちだったが
いずれの博物館も期待していたよりも興味深く楽しめた。

guide_asukayama.png
nice!(16)  コメント(2) 

シャークス 連敗、土俵際に2勝3敗 対ブルース [San Jose Sharks]

NHLスタンレーカップ・プレイオフ ウェスタン・カンファレンス・ファイナル。
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)セントルイス・ブルース(ST.Louis Blues)と対戦。

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

第4戦、シャークス は1-2でブルースに敗れる2勝2敗。

サンノゼに戻った第5戦はいいところなく完敗(0-5)で連敗を喫した。
対戦成績はシャークス の2勝3敗、ブルースに王手をかけられた。

土俵際に追い詰められたシャークス、終盤欠場した選手たちのコンディションも気がかり。

第6戦は現地20日、ブルースの本拠地セントルイスでおこなわれる。
ここで勝利をあげて地元サンノゼでの最終戦に持ち込みたい。

ブルーインズが4連勝でファイナルへ

イースタン・カンファレンスのファイナルは、ボストン・ブルーインズがカロライナ・ハリケーンズに4連勝で一蹴。
2013年以来となるスタンレーカップ・ファイナル進出を決めている。
ブルーインズは2011年以来、7回目のスタンレーカップ優勝を目指す。

スタンレーカップ・ファイナルは現地27日(日本は翌日)開幕する。

nice!(15)  コメント(0) 

シャークス 土壇場で追いつき延長勝ち2勝1敗 対ブルース [San Jose Sharks]

NHLスタンレーカップ・プレイオフ ウェスタン・カンファレンス・ファイナル。
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)セントルイス・ブルース(ST.Louis Blues)と対戦。

2戦を終えて1勝1敗。第3戦の舞台はブルースの本拠地セントルイス。

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

第1ピリオド、シャークスはエリック・カールソン(#65 Erik Karlsson)、ソーントン(#19 Joe Thornton)のゴールで2点を先行。

第2ピリオド、地元の声援を受けるブルースが反撃。
両軍あわせて5ゴールが飛び交う乱打戦、ブルースに3−4と逆転されてしまう。

第3ピリオド、シャークスも攻めるがゴールは遠く、刻々と時間は過ぎていく・・・
シャークスはGKを下げて6人攻撃、残り1分にプレイオフ好調のクチュール(#39 Logan Couture)のゴールにより土壇場で追いつく!



オーバータイム(延長戦)5分過ぎ、エリック・カールソンが決勝ゴール!
シャークスは劇的な勝利で対戦成績を2勝1敗とした。



第4戦は現地17日、ブルースの本拠地セントルイスでおこなわれる。

ブルーインズが王手

イースタン・カンファレンスのファイナルは、ボストン・ブルーインズがカロライナ・ハリケーンズに3連勝。
2013年以来となるスタンレーカップ・ファイナル進出に王手をかけている。
ブルーインズは2011年以来のスタンレーカップ優勝を目指す。



nice!(18)  コメント(0) 

シャークス 連勝ならず1勝1敗 対ブルース [San Jose Sharks]

NHLスタンレーカップ・プレイオフ ウェスタン・カンファレンス・ファイナル。
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)セントルイス・ブルース(ST.Louis Blues)と対戦。

第1戦はシャークスが6-3で勝利をあげ1勝0敗としている。
第2戦の舞台はシャークスの本拠地サンノゼ・SAPセンター(別名シャーク・タンク)。

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

試合はブルースが2点を先行。
追うシャークスはプレイオフ好調なFWクチュール(#39 Logan Couture)の連続ゴールで同点に(2−2)。



3点目を奪ったのはブルース。
シャークスも反撃... しかし、追加点をあげたのはブルース。

シャークスは2−4でブルースに敗れ対戦成績は1勝1敗のタイに。

第3戦は現地15日、舞台をブルースの本拠地セントルイスに移す。



nice!(15)  コメント(0) 

シャークス 先勝!1勝0敗 対ブルース [San Jose Sharks]

NHLスタンレーカップ・プレイオフ ウェスタン・カンファレンス・ファイナル。
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)セントルイス・ブルース(St.Louis Blues)と対戦。

両者は2016年にカンファレンス・ファイナル対戦。
この時はシャークスが4勝2敗で勝ち、初のカンファレンス優勝とスタンレーカップ・ファイナル進出を決めている。

今季レギュラーシーズンの対戦成績はシャークスの2勝1敗。

第1戦の舞台はシャークスの本拠地サンノゼ・SAPセンター(別名シャーク・タンク)。

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

第1ピリオド、シャークスはクチュール(#39 Logan Couture)のゴールで先制。
その後ブルースに追いつかれるも、パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)のゴールで再びリード(2-1)。



第2ピリオド、ラバンク(#62 Kevin Labanc)のゴールで追加点。
ブルースに1点差に迫られるが、マイヤー(#28 Timo Meier)の連続ゴールで突き放す(5-2)。



第3ピリオド、ブルースの反撃を1点に抑え、GKを下げて6人攻撃のブルースのゴールネットにクチュールが決めて締め、シャークスが6-3で勝利をあげた。



レギュラーシーズンからプレイオフ1stラウンド4試合までは
不安定なパフォーマンスで批判も多かった守護神マーティン・ジョーンズ。
1stラウンド5試合目以降、彼本来のパフォーマンスが復活しているのが心強い。

第2戦は現地13日、シャークスの本拠地サンノゼ・SAPセンターでおこなわれる。

nice!(17)  コメント(0) 

シャークス キャップ帰還、カンファレンス・ファイナル進出! [San Jose Sharks]

NHLスタンレーカップ・プレイオフ 2ndラウンド最終戦。
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)コロラド・アヴァランチ(Colorado Avalanche)と対戦。

ここまで6戦を終えてシャークス3勝3敗。最終戦の舞台はシャークスの本拠地サンノゼ。

1stラウンド最終戦で相手選手の悪質なファウルにより負傷欠場していた
キャプテンFWパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)がこの大一番に復帰!

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。

キャップ・イズ・バック!

第1ピリオド5分過ぎ、シャークスは負傷欠場により2ndラウンド初出場のキャプテン・パヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)が先制ゴール!
さらに11分、パヴェルスキーのゴール裏からのパスをハートル(#48 Tomas Hertl)が決めて追加点!!
復帰を果たしたキャプテンの活躍によりシャークスが2点を先行。



しかし、終了間際に失点... 2-1で第2ピリオドへ。

第2ピリオド12分、ゴール裏から旋回したドンスコイ(#28 Joonas Donskoi)が決めて突き放す(3-1)。

第3ピリオド、開始早々アヴァランチにゴールを決められ1点差。
その後もつづいたアヴァランチの猛攻をかわし、シャークスが3−2で勝利をあげ決着。

シャークスは対戦成績4勝3敗、2016年以来のウェスタン・カンファレンス・ファイナルに進出!
対戦相手は2016年と同じセントルイス・ブルース。
この時はシャークスが4勝2敗で制し、初のカンファレンス優勝を果たしている。

カンファレンス・ファイナルは現地11日、シャークスの本拠地サンノゼからスタート。



東西カンファレンス・ファイナルの組み合わせ
 イースタン:ボストン・ブルイーンズ - カロライナ・ハリケーンズ
 ウェスタン:サンノゼ・シャークス - セントルイス・ブルース

nice!(20)  コメント(0) 

シャークス 三度追いつくも延長負け 最終第7戦へ [San Jose Sharks]

NHLスタンレーカップ・プレイオフ 2ndラウンド。
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)コロラド・アヴァランチ(Colorado Avalanche)と対戦。

ここまで5戦を終えてシャークス3勝2敗。第6戦の舞台はアヴァランチの地元デンバー。

FWパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)は負傷欠場。
先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



第1ピリオドは両チーム、スコアレス。

第2ピリオド4分、均衡を最初に破ったのは地元アヴァランチ。
シャークスは14分にDFヴラシク(#44 Marc-Edouard Vlasic)のゴールで追いつく。
この直前のプレーでシャークスFWマイヤー(#28 Timo Meier)とアヴァランチGKの接触が審議されるが、無事ゴールが認められる。

18分、アヴァランチが再びリード。
シャークスも残り10秒、バーンズ砲(#88 Brent Burns)が炸裂! 再び追いつく。

第3ピリオド、一進一退の攻防がつづく。
アヴァランチが勝ち越すが(3-2)、シャークスはヴラシクのゴールで三度追いつく。

決着はオーバータイム2分過ぎ、地元の声援を受けるアヴァランチが決勝ゴール。

シャークスは3-4で敗れ対戦成績は3勝3敗。決着は最終第7戦へ。
現地8日、シャークスの本拠地サンノゼでおこなわれる。

nice!(14)  コメント(0) 

シャークス 逆転勝ちで王手 3勝2敗 [San Jose Sharks]

NHLスタンレーカップ・プレイオフ 2ndラウンド。
サンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)コロラド・アヴァランチ(Colorado Avalanche)と対戦。

ここまで4戦を終えてシャークス2勝2敗。第5戦の舞台はシャークスの地元サンノゼ。

FWパヴェルスキー(#8 Joe Pavelski)は負傷欠場。
FWドンスコイ(#27 Joonas Donskoi)が復帰。

先発GKはマーティン・ジョーンズ(#31 Martin Jones)。



ジョーンズ、アヴァランチGKグルーバー(Philipp Grubauer)両GKの好守が光り、ゴールを奪えず。
両チーム、スコアレスの時間帯が続く。

第2ピリオド17分、均衡を最初に破ったのはアヴァランチ。
先の第4戦と同じような展開に不安がよぎるが・・・
その2分後、シャークスはFWハートル(#48 Tomas Hertl)のゴールで追いつく。

第3ピリオド6分、決勝ゴールはシャークス。再びハートル!!

シャークスが2−1で勝ち、対戦成績を3勝2敗とし王手をかけた。
第6戦は現地6日、アヴァランチの本拠地コロラド州デンバーでおこなわれる。

ハリケーンズが2ndラウンド勝ち抜け一番乗り

イースタン・カンファレンスではカロライナ・ハリケーンズ(Carolina Hurricanes)
ニューヨーク・アイランダーズを4勝0敗で一蹴し、カンファレンス・ファイナルに進出。
カンファレンス・ファイナル進出は10年ぶり(プレイオフ進出がそのシーズン以来)。
2006年以来のカンファレンス優勝、スタンレーカップ・ファイナルを目指す。



ハリケーンズの本拠地はアメリカ南東部ノースカロライナ州の州都ローリー(シャーロットに次ぐ第2の都市)。

地域的にアイスホッケーへの関心は低いのか
観客動員数ランキングのリーグ・ワースト3の常連で、フランチャイズ移転の噂が絶えないチーム。
今季のレギュラーシーズンの観客動員数も相変わらず不振だったが、プレイオフに入りチームの躍進に比例して急上昇。
勝利を決めた第4戦、レギュラーシーズンの平均観客動員数(14,322人)を大きく上回る 19,495人を動員している。

その他のカード対戦成績
 イースタン:ボストン・ブルイーンズ 3-2 コロンバス・ブルージャケッツ
 ウェスタン:セントルイス・ブルース 2-3 ダラス・スターズ

nice!(15)  コメント(0)