So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アイスホッケー ブログトップ
前の10件 | -

ワシントン・キャピタルズがスタンレーカップ初戴冠 [アイスホッケー]

NHLスタンレーカップ・ファイナル第5戦。
ここまでワシントン・キャピタルズが3勝1敗とベガス・ゴールデンナイツをリード。
優勝まであと1勝と王手をかけた一戦の舞台はラスベガス。



第1ピリオドは両チーム無得点。
第2ピリオドに大きく動く。
キャピタルズが先制するが、後がないゴールデンナイツも反撃。
ゴールデンナイツが逆転して3−2で終える。

しかし、地力に勝るキャピタルズは第3ピリオドに2点をあげて逆転。
ゴールデンナイツの追撃をかわして4−3で4勝目をあげた。

ワシンントン・キャピタルズは創設44シーズン目でスタンレーカップ初戴冠!

首都ワシントンDCがメジャータイトルを獲得するのは
NFL(アメリカンフットボール)のレッドスキンズがスーパーボウルで優勝した1991年以来。

最優秀選手賞はオヴェチキンが受賞

スタンレーカップ・プレイオフの最優秀選手に贈られる
コン・スマイス・トロフィー(Conn Smythe Trophy)はオヴェチキン(Alexander Ovechkin)に。




今シーズン最大のサプライズ

敗れたベガス・ゴールデンナイツは残念ながら創設1年目での優勝はならなかった。
しかし、開幕前の評価を大きく覆す快進撃。開幕から勢いを落とす事なくファイナルへ。
今シーズンのNHLを最も盛り上げてくれたチームだった。

nice!(17)  コメント(0) 

NHLスタンレーカップ キャピタルズ3連勝で王手 [アイスホッケー]

NHLスタンレーカップ・ファイナル第4戦。
ここまでベガス・ゴールデンナイツが先勝、ワシントン・キャピタルズが2連勝。



試合は第2ピリオドを終えてキャピタルズが4−0と大きくリード。
第3ピリオド、ゴールデンナイツも2点をあげて2−4と迫るが・・・
その後、キャピタルズが突き放して6−2で勝ち3連勝!!!

キャピタルズはパワープレーのチャンス5回のうち3回を
ゴールに結びつけるなど優位に進め快勝、スタンレーカップ初戴冠に王手をかけた。

第5戦は現地6日7日、ラスベガスで行われる。



nice!(17)  コメント(0) 

赤く染まるワシントンDC [アイスホッケー]

NHLスタンレーカップ・ファイナルで盛り上がる
ワシントン・キャピタルズ(ベガス・ゴールデンナイツと対戦中)の本拠地ワシントンDC。
3戦まで終えて2勝1敗とリードしている。



ワシントンDCはアメリカ合衆国の首都。
その首都を本拠地とするメジャー・プロスポーツを調べてみる。

久しぶりのタイトル獲得のチャンス

NFL(アメフト):レッドスキンズ 1932年から(1982, 87,91年 スーパーボウル優勝)

MLB(野球):ナショナルズ 2005年にモントリオール・エクスポズが移転。
現存のナショナルリーグで唯一、ワールドシリーズに進出したことが無い(前身時代含む)。

NBA(バスケ):ウィザーズ 1961年から(1978年 優勝)

NHL(アイスホッケー):キャピタルズ 1974年から(優勝なし)

首都にメジャーのタイトルが来たのはレッドスキンズ(NFL)の1991年が最後。
もう30年近くメジャータイトルとは遠ざかっている。

それだけにキャピタルズのスタンレーカップ獲得への期待に盛りがっているようだ。

nice!(15)  コメント(0) 

NHLスタンレーカップ キャピタルズが連勝 [アイスホッケー]

NHLプレイオフもクライマックス!
ラスベガスで幕を開けたスタンレーカップ・ファイナル。

ベガス・ゴールデンナイツが先勝、ワシントン・キャピタルズが雪辱し1勝1敗。
現地6月2日、所をワシントンD.C.に移し第3戦が行われた。

ワシントンD.C.でファイナルの試合が行われるのは1998年以来。



第2ピリオド開始1分過ぎ、赤く染まった本拠地の熱い声援を受ける
キャピタルズがオヴェチキン(Alex Ovechkin)のゴールで先制。

12分にもキャピタルズはクズネツオフ(Evgeny Kuznetsov)が追加点(0−2)。

第3ピリオド3分、キャピタルズGKホルトビー(Braden Holtby)の不用意なプレーから失点。
1点差に迫られるが、13分にスミス・ペリー(Devante Smith-Pelly)が3点目を決めて勝利。

キャピタルズが連勝、通算2勝1敗とした。

第4戦は現地4日、ワシントンD.C.で行われる。

nice!(12)  コメント(0) 

NHLスタンレーカップ・ファイナル開幕 ゴールデンナイツが先勝! [アイスホッケー]

NHLプレイオフもクライマックス!
現地5月28日、スタンレーカップ・ファイナルがラスベガスで開幕(先に4勝した方が優勝)。

創設1年目で勝ち上がってきたベガス・ゴールデンナイツ
ここ数シーズン毎年優勝候補に挙げられてきたワシントン・キャピタルズ(今季43シーズン目)。

どちらが優勝しても初優勝となる。

Let's get ready to rumble!!!



試合前のスターティング・メンバーのコールには
ボクシングのタイトル戦などで日本でもお馴染みのリング・アナウンサー
マイケル・バッファー(Michael Buffer)氏が登場して盛り上げる。



試合は点の取り合いとなったシーソーゲームを地元ゴールデンナイツが制す!
まずはゴールデンナイツが1勝をあげた(6−4)。

第2戦は現地30日にラスベガスでおこなわれる。

nice!(16)  コメント(0) 

NHLスタンレーカップ・ファイナルはベガス対ワシントン [アイスホッケー]

NHLプレイオフのイースタン・カンファレンス・ファイナルは
ワシントン・キャピタルズがタンパベイ・ライトニングに4勝3敗で勝ち優勝。



先にウェスタン・カンファレンス優勝を決めている
ベガス・ゴールデンナイツとスタンレーカップ・ファイナルが行われる。



創設1年目で快進撃をつづけるゴールデンナイツ。
ここ数シーズン毎年優勝候補に挙げられているキャピタルズ。

どちらが優勝しても初優勝となる。

自分はサンノゼ・シャークスを中心にNHLを見ているので
対戦回数の多い同じウェスタン・カンファレンスのチームに親近感があるので
ベガス・ゴールデンナイツを応援しながら楽しもうと思う。

第1戦は現地5月28日(日本では29日)、ゴールデンナイツの本拠地ラスベガスでフェイスオフ。

nice!(14)  コメント(0) 

世界選手権2018 スウェーデンが連覇で11度目の優勝 [アイスホッケー]

IIHF世界選手権の決勝は北欧の強豪スウェーデンと
フィンランド、カナダを撃破して勝ち上がってきたスイスの対戦。

スウェーデンは2年連続の決勝で前回の優勝国。連覇を狙う。

スイスの勝ち上がりは今大会最大のサプライズ。
準々決勝でフィンランド、準決勝ではカナダと格上の強豪国を撃破。
1935年、2013年につづく3度目の決勝進出。

予選グループでは、スウェーデンが5−3でスイスに勝っている。

両国のNHL選手の数は?
 スウェーデン 20人
 スイス 6人(+マイナーのAHLから3人)

 スイスにサンノゼ・シャークスのFWティモ・マイヤーと
 ノア・ロッド(Barracuda:Sharksのマイナーチーム)が招集されている。



試合は地力に勝るスウェーデンが押し気味ながら
得点はスイスが先行、スウェーデンが追いつくという展開。
60分を終え2対2の同点でオーバータイムへ(20分間の延長戦)。

ここでも両者譲らず、決着はシュートアウト戦へ(5人対5人)。

スイス ○×××× 1
スウェーデン ××○○ 2

スウェーデンが3−2でスイスを破り、2年連続11度目の優勝を果たした。

惜しくも敗れたが今大会を一番盛り上げたスイスが銀メダル。

決勝の前に行われた3位決定戦はアメリカが4−1でカナダに勝利、銅メダルを獲得。

トーナメントMVPはパトリック・ケイン

大会のポイント(ゴール&アシストの合計)トップ3は

1、パトリック・ケイン 20(8G+12A)USA:シカゴ・ブラックホークス所属
2、セバスチャン・アホー 18(9G+9A)フィンランド:カロライナ・ハリケーンズ所属
3、コナー・マクデイヴィッド 17(5G+12A)カナダ:エドモントン・オイラーズ所属

NHLで活躍する選手がトップ3を占めた。

nice!(15)  コメント(0) 

NHL ベガスとタンパベイが王手 [アイスホッケー]

この週末、土日はNHLの東西カンファレンスをパソコンで観戦。

ウェスタン・カンファレンス・ファイナル

ベガス・ゴールデンナイツ 3勝 vs. ウィニペグ・ジェッツ 1勝



ゴールデンナイツが先行、ジェッツが追いつく展開。
最後はゴールデンナイツが勝ち越し(3−2)、3勝目をあげて王手!

チーム創設1年目でのカンファレンス・チャンピオン
そして、スタンレーカップ・ファイナル進出に前進した。

イースタン・カンファレンス・ファイナル 

タンパベイ・ライトニング 3勝 vs. ワシントン・キャピタルズ 2勝



ともに敵地で連勝。第5戦の舞台はタンパベイ。

開始19秒、ライトニング電光石火の先制ゴール!
さらに追加点をあげ第1ピリオドを2−0で終えると
第2ピリオド開始33秒、再び電光石火のゴールで3-0と突き放す。

キャピタルズの猛攻撃をかわし(3−2)、ライトニングが3連勝。
2015年以来3年ぶりのカンファレンス優勝とスタンレーカップ・フィアナル進出に王手。


プレイオフはレギュラーシーズンに比べ、さらに熱い戦い。両試合とも最後まで面白かった。

nice!(16)  コメント(0) 

NHL 東西カンファレンス・ファイナル 進撃の黄金騎士団 [アイスホッケー]

NHLプレイオフはスタンレーカップ・ファイナル進出をかけて
東西カンファレンスのファイナルが行われている。
ともに3試合を消化(先に4勝したチームが勝ち上がり)。

エンターテイメントの街ラスベガスらしい派手なセレモニー


ウェスタン・カンファレンス・ファイナル

ウィニペグ・ジェッツ 1勝 vs. ベガス・ゴールデンナイツ 2勝

ゴールデンナイツは創設1年目での快進撃。今シーズン最大のサプライズ。

両チームとも開幕前は優勝候補どころか、
1年目のゴールデンナイツは過去の新設チーム同様に大苦戦が予想されていた。
まだチーム数の少ない時代ならともかく
ここ30年ぐらいに新設されたチームは、みな数シーズンは厳しいシーズンを過ごした。

選手たちはエクスパンション・ドラフト(既存の30チームが指名拒否した選手以外から1名を指名)で集められた騎士たち。
数人の実績のあるベテランもすでにピークは過ぎたとの評価。
そのベテランたちが引っ張りながら若手・中堅選手が大きく躍進した。

カナダ勢唯一の生き残り、ジェッツもプレイオフ出場が達成できれば上出来といった評価だった。
カンファレンス・ファイナルには初進出。

両チームのファン以外で、このカードを予想した人はどれだけいたろうか!?




イースタン・カンファレンス・ファイナル

ワシントン・キャピタルズ 2勝 vs. タンパベイ・ライトニング 1勝

キャピタルズ2連勝後、ライトニングが1勝。
こちらはウェスタン・カンファレンスとは異なり
両チーム共ここ数シーズン、常に優勝候補に挙げられている。



nice!(17)  コメント(0) 

NHLプレイオフ カンファレンス・ファイナルへ [アイスホッケー]

NHLプレイオフ2ndラウンド。
唯一のカナダ勢ウィニペグ・ジェッツがナッシュビル・プレデターズを4勝3敗で撃破。



東西カンファレンス・ファイナルに進む4チームが決定。

イースタン・カンファレンス・ファイナル
ワシントン・キャピタルズ vs. タンパベイ・ライトニング

2連覇のピッツバーグ・ペンギンズは
ワシントン・キャピタルズに敗れ3連覇はならず。

キャピタルズはスタンレーカップ・ファイナルに進んだ
1998年以来のカンファレンス・ファイナル進出を果たした。

タンパベイ・ライトニングは4チームで唯一
スタンレーカップを獲得している(1回・2004年)。

ウェスタン・カンファレンス・ファイナル
ウィニペグ・ジェッツ vs. ベガス・ゴールデンナイツ

ともにカンファレンス・ファイナル初進出。
ゴールデンナイツは創設1年目での快進撃。

カナダ勢がカンファレンス・ファイナルに進んだのは2011年以来(バンクーバー・カナックス)。
スタンレーカップを最後に獲得したのは1993年(モントリオール・カナディアンズ)になる。

nice!(16)  コメント(2) 
前の10件 | - アイスホッケー ブログトップ