So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

W杯 日本はセネガルと引き分け 決戦は木曜日 [サッカー]

日本代表の第2戦は、初戦でポーランドに勝ったセネガル。
日曜24時からの試合をテレビ観戦(その前に1時間半ほど仮眠)。



前半11分に日本GK川島選手のミスから、こぼれ球を決められ失点。
日本も34分に乾貴士の同点弾!

後半26分にセネガルがゴールをあげ1−2とリードされるも
33分に日本は、コロンビア戦につづき途中出場の本田圭佑が
W杯3大会連続となるゴール!! 再び同点に追いつく(2−2)。

試合はこのまま引き分け、ともに勝点を1ポイント加えて終了(4ポイント)。

その後に行われた(さすがに見ることなく就寝。2時間半後に起床)
ポーランドとコロンビアの試合は、コロンビアが3−0で快勝。
2連敗となったポーランドはグループリーグ敗退が決定。



この結果、日本の最終戦の相手は敗退が決まったポーランド。
勝つか、引き分ければ決勝トーナメント進出となる。

しっかりと結果を残して決勝トーナメントに進んでほしい。決戦は木曜夜23時から。

<日本代表の日程>
6月19日(火曜) 21時 日本代表 2-1 コロンビア
6月24日(日曜) 24時 日本代表 1−1 セネガル
6月28日(木曜) 23時 日本代表 vs. ポーランド

nice!(12)  コメント(2) 

シャークス ドラフト2018 DFマークリーを指名 [San Jose Sharks]

現地6月22日(日本では23日)、NHLドラフト2018がダラスで開催された。
1日目は1巡目のみ(2巡目以降は2日目におこなわれる)。

サンノゼ・シャークスは21番目の指名で
カナダ人ディフェンスマンのライアン・マークリー(Ryan Merkley)を指名。



2000年8月14日生まれの17歳(カナダ出身)。181cm、77kg。
OHL(オンタリオ・ホッケーリーグ)のグエルフ・ストーム(Guelph Storm)所属。
U-18のカナダ代表にも選ばれている。

ネット上でのマークリーの評価を調べてみると、
今ドラフトで、最も攻撃面に優れたディフェンスマンの一人。

ただし、守備意識の低さによるディフェンス面と
チームメイト等他者に対する態度、感情的コントロールの欠如の問題があると指摘されている。

ドラフト候補選手を評価するランキングでは
中間発表の21位から直前の最終ランキングでは45位まで下がっている。

マークリー本人も指摘されている問題の改善に取り組む必要があると語っている。

そもそも即戦力レベルの選手ではなく、
NHLの選手としては体をもっと大きくする必要がある。

シャークスとしても数年先の成長に期待しての指名のようだ。



nice!(17)  コメント(0) 

シャークス 三者間トレードでドラフト指名権獲得 [San Jose Sharks]

現地6月22日(日本では23日)、NHLドラフト2018がダラスで開催される。

その数日前にサンノゼ・シャークス(San Jose Sharks)が三者間トレードでドラフト指名権を獲得。

シャークス<ー>オタワ・セネターズ
FWミケル・ボドカー(Mikkel Boedker)、ジュリウス・バーグマン(Julius Bergman)、2020年ドラフトの5巡目指名権ー>セネターズへ
FWマイク・ホフマン(Mike Hoffman)、コーディー・ドナギー(Cody Donaghey)、2020年ドラフトの6巡目指名権ー>シャークスへ

HoffmanMove1.png

シャークス<ー>フロリダ・パンサーズ
マイク・ホフマン、2018年ドラフト7巡目指名権ー>パンサーズへ
2018年ドラフト4巡目&5巡目指名権、2019年ドラフト2巡目指名権ー>シャークスへ

HoffmanMove2.png

シャークスはこのトレードで4つのドラフト指名権を獲得。
2018年 4巡目・5巡目
2019年 2巡目
2020年 5順目

ホフマンのシャークス在籍期間は2時間?

マイク・ホフマンは1989年生まれの28歳のカナダ人FW(レフト・ウィング)。
NHLではセネターズで342試合107ゴール123アシストを記録している。

この発表時、ホフマンはイタリアで休暇中。
サンノゼに行くことも、シャークスのジャージを着ることもなく
フロリダ・パンサーズへの移籍が決まった。



Thank You Mikkel Boedker

ミケル・ボドカーは28歳のデンマーク人FW(ライト・ウィンガー)。
NHL通算11シーズンで618試合109ゴール179アシスト。
シャークスでは2シーズン(2016-17, 17-18)プレー。
155試合25ゴール38アシスト(レギュラーシーズン)、プレイオフでは14試合2ゴール6アシストを記録した。



nice!(11)  コメント(0) 

W杯 日本代表、コロンビアに勝利 [サッカー]

ロシアで開催中のサッカー・ワールドカップ
日本代表は初戦、コロンビアに勝利し良いスタートを切ることができた。



4年前のワールドカップで日本に苦渋を飲ませた
コロンビアのMFハメス・ロドリゲスはコンディション不良からベンチスタート。

試合開始6分、コロンビアのゴール前で相手選手のハンドによるPKを香川真司が決めて先制!
ハンドをしたコロンビア選手はレッドカードにより退場。
これにより、日本はほぼ1試合を一人多い状態で戦う展開へ。

前半39分にファウルで与えたフリーキックで同点にされるが
(ファウルは明らかにコロンビア・ファルカオのファウルだと思うが)
後半28分、日本はFW大迫勇也のゴールで2−1と勝ち越し。

コロンビアは後半にハメス・ロドリゲスを投入も本来の力を発揮できず
試合開始直後から一人少ない状態で戦ってきた影響からか、全体に動きが鈍い。

日本が逃げ切り2−1で勝利をあげた。この勝利は南米勢からの初勝利。

日本の第2戦は、ポーランドに2−1で勝ったセネガル。
難敵との厳しい戦いが続くが、決勝トーナメント進出に向け頑張ってほしい。

<日本代表の日程>
6月19日(火曜) 21時 日本代表 2-1 コロンビア
6月24日(日曜) 24時 日本代表 vs. セネガル
6月28日(木曜) 23時 日本代表 vs. ポーランド



nice!(18)  コメント(0) 

W杯 スウェーデン対韓国 アジアと欧州の差を感じた [サッカー]

昨夜はサッカー・ワールドカップ、スウェーデン対韓国戦をテレビ観戦。



結果はスウェーデンがPKによる1点を守り抜き1−0で勝利。韓国は敗れた。

残念ながらアジアとヨーロッパとの差を感じさせられた試合だった。
スコアだけ見ると韓国の惜敗?のようだが
韓国がスウェーデン陣ゴール前に攻め込んだのは、試合立ち上がりと終盤の時間帯のみ。
終盤は1点リードのスウェーデンが自陣に引きこもったため。

ほとんどの時間帯は、堅守が特徴で攻撃型とは言えないスウェーデンが圧倒し
多くの得点機をつくった。スコア以上に力の差を感じた試合だった。

いよいよ今夜は日本代表の初戦コロンビア戦。健闘を期待する。

nice!(13)  コメント(0)